2006年01月31日

お宝自慢?

今日はちょっとスノッブなお宝自慢ぴかぴか(新しい)

おたから?

これ。世界的チェロ奏者、ヨーヨー・マ氏の直筆サイン入りコンサートパンフ。
いやいや、正真正銘マジモンですって、奥さん(←って誰だよ)。ホントよ。
しかも、サイン会でご本人が目の前でサインしてくれて、握手までしてもらっちゃったんよ☆
…もう20年くらい前の話ですけどね(笑)



続きを読む
posted by 蓮月 at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

『マイネリーベwieder』第2話。

なにやらすっかり日曜日が待ち遠しくなってしまいまして☆
『吟遊黙示録マイネリーベwieder』、第2話「革命」。
今回もリアルタイム鑑賞♪→即感想です。




続きを読む
posted by 蓮月 at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

お誕生日☆彡

本日1月29日は、HAPPY BIRTHDAY☆
いや、誰の誕生日かって。
Joy三郎記念聖ラフォーレ病院13号医局の医局長たる、
バウム・クーテヘン教授の、ですよ揺れるハート

…AIなのに、誕生日とはこれいかに(謎)
製造年月日ってコト?ボディのどっかに刻印とかあるんだろか?
ちょっと気になったので書いてみました。あははー。





posted by 蓮月 at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

季節外れのXmas Song。

なんだかセンチメンタリズム漂う記事タイトルですが、
全然そんな話ぢゃありません(笑)

昨年のクリスマス時期にO.A.された『ルビーにくちづけ』内「視聴覚ルーム」のミニドラマ。
そのミニドラマ自体とても素敵だったんですが。ラストに流れた、歌詞からしてXmas Songらしき曲も、すごくいいなぁ〜♪と感じて。
じっくり耳をかたむけてみて、そのヴォーカルにあれ?もしや??と。
で、あたりをつけてコレを手に入れて聴いてみたんですが。

AN'S Jam AN'S ALL STARS 『AN'S Jam』

ビンゴ!!でした。
…多分。録音してなかったんで確認はできないんですが(汗)まず間違いないかと。
石川英郎さん森久保祥太郎さんがツインヴォーカル?をつとめるバンド、
AN'S ALL STARSの曲だったんですねぇ。
このアルバムに収録されてて、タイトルは『Happy X'mas』。
祥ちゃんFANのルビーリスナーの方には、まあ何をいまさらな話だとは思うんですが(^^ゞ
改めて聴いてみて、あーやっぱりいい曲だなぁ♪と。
サビのところはもちろん、締めのハーモニーがまたとっても綺麗でね。
クリスマスもとっくに過ぎた今頃になって、なんだかやたらリピートしちゃっております。
初めてちゃんと聴くことになったAN'Sの音楽。他の曲も、おっこれイイ!ってのが多くて。俄然興味わくわく。
思いがけないきっかけで好みな音楽に出会えるのって、なんだかウレシイもんです☆彡


posted by 蓮月 at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 声優さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

『舞-乙HiME』第16話。期待再燃。

さて、改めまして。
『舞-乙HiME』第16話、「『約束だよ!』」
第10話以来、ひさびさ。ようやく。やっと。
ラド@関俊彦さんご登場してくれましたよ〜vvv
おまけに、なんかこれまでにないくらいいっぱい喋ってくれてるし♪
……と思ったんだけど。
よくよく考えてみたらほぼワンシーンのみしかご登場してないんですよねぇ。
ありゃ。これまでがあまりに出番少なかった分、勝手に脳内で膨張しちゃったらしいや(爆)
あああでもでも。エフェクトかかってても渋い低音ヴォイスがやっぱり素敵v
首領・ミドリちゃんに対しても、配下というよりは"同志"といった感じの口調が良いですわ。
今後はナギ殿下が仕組んだ策略のお陰をもって♪(←違)本格的に本筋展開に絡んできそうだし。
そして新OPにも、気になるカットが〜!


続きを読む
posted by 蓮月 at 02:08| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルビー公式にて。

恒例毎週金曜の更新がされてました『ルビーにくちづけ』公式サイト
その、今週分の"REPORT"コーナー掲載写真。

こんっっな可愛い43歳がいていいんか!

ええモチロン、いいんですともっ揺れるハート
あ〜ほんとにこの方ってばなんでこうなんでしょねぇ、もうvvv


……とんだアイタタ発言、大変失礼いたしました(汗)
posted by 蓮月 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

ようやく。

予告編観て期待してなかっただけに。むっちゃウレシイ。
『舞-乙HiME』第16話に。ようやく。
ラド@関俊彦さん、ご登場でしたっ!
はぁ〜ここまで長かったなぁ。

んで、OPも変わってて。またまたイロイロ期待再燃。
ともあれ、詳細感想はまた後日。

とりあえず。
久々ラドさん登場でウレシカッタから叫んでみたのさっvvv ←阿呆



posted by 蓮月 at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

執事喫茶、なるもの。

またまたネット徘徊してて仕入れてきたネタなんですが。
今春3月、ヲタ女のメッカ(になりつつある)池袋某所に。

執事喫茶

なるものがopenする予定、だそうです。


つまりアレだな。今や一般にまでその存在を知られるようになった「メイドカフェ」の女性向け版、っつートコなんですな。ふむ。これはナカナカ、興味シンシン。
まだ準備段階なので、細かいトコまでは定まってないようですが。
英国カントリーハウス調のシックな内装で。
フロア係は燕尾服に身をつつんだ執事さんで。
お客は「お嬢様」とか呼んでもらえちゃうらしい。
ですよ。

………………うん。
黒髪オールバックに丸メガネが似合う美声(←ココ重要)の執事さんとかいたら。
はっきりいって通いつめるね。

って。
openしたら行く気まんまんでおりますよ、このオバサンは(爆)


こんな素敵企画を立ち上げ実現にまで至らせつつある発案者様の熱意とバイタリティーに、心から敬意を表しますわ。ホントに。

『執事カフェ経営戦略部』 http://blog.livedoor.jp/ks2153/




posted by 蓮月 at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

『最遊記RELOAD』第6巻。

25日の発売日に、早速。
手に入れてまいりました〜♪

最遊記RELOAD第6巻 峰倉かずや『最遊記RELOAD 第6巻』

最遊記のコミックスは、出れば速攻飛びつくようにして購入!を常としておるんですが。
今回はまたとりわけ特別。なんつったって。

峰倉氏書き下ろしシナリオの
ドラマCD全員サービスがあるわけですからねっぴかぴか(新しい)

コミックス巻末に綴じ込みの払込取扱票を使用、郵便振替にての申し込み形式。
応募締め切りは3月10日ということなんで、まだまだ余裕はありますが。
でも早速申し込み手配してこようっと♪
ちなみに、商品の発送は4月中旬からを予定とのこと。あー待ち遠しいなっv←気が早すぎだって

楽しみといえば、またまた峰倉氏公式サイトの日記を拝読して知ったんですが。
画集『salty-dog』第4集も、いよいよ来月25日に発売!だそうで。
ん〜。コレもしっかり予約しとかなくっちゃ☆彡


続きを読む
posted by 蓮月 at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

きっついわー。

いつも楽しみにさせて戴いてる某blog様の記事を読んで、興味がわいて。
23日深夜放送の第3話から初めて観てみました。
アニメ『練馬大根ブラザーズ』

……………えー。なんっつーか。
こりゃえらいきっついわー(爆)
キャッチコピーは『前人未到の「おろしたてミュージカル」』だそうですが。
確かに前人未到なのは間違いないかもしらん。

とかいいつつ。
イチロー@森久保祥ちゃんのすんげぇやる気なさげーな脱力トーンと。
謎の小動物パンダイコンが。
なんか妙に気に入ってしまったので。とりあえず引き続き観ます。
なんつったって。
ワタクシ「往生際の悪い双子座のB型」ですから(笑)←というセリフがあったのだよ。





posted by 蓮月 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

しつこくマイネ話。

連日この話題ばっかで恐縮なんですが(汗)
放送スタートとなりました『吟遊黙示録マイネリーベwieder』、第1話を。
そーとーにシツコク繰り返し観ております(^^ゞ
とりわけ、ルーイ様@関俊彦さんと、ルーイ様ご母堂の会話シーンを中心に揺れるハート
ルーイ様のこぉんな柔らか優しいトーンってある意味希少かとも思うんですが(笑)
それだけに?何度観て(というか聴いて)も、はぁぁ〜ウットリvvv
会話部分のみならず。
お父上の「あれの気の済むようにしてやってくれ。」という言葉に答えての、
「……ええ。」
がね。これがまた///
日頃自分の不在を心寂しく感じている母親を思いやっての、優しく暖かな情愛が滲みでてる。みたいで。
ホントにねぇ。なんでこんな短い一言に、これだけ情感をこめられるのかと。
前にも、ゲーム『S.S.D.S.』のバウム教授ネタで書いたですが。やっぱり。関さんの、こういう柔らか穏やかトーンでの"受け答え"にとりわけ弱いらしい自分を再認識(笑)
そして、そればかりでなく。
「……ええ。」の「……」の部分、いわゆる"間"というヤツ。
これがまたとってもイイんですわっ☆
画が先かまず先に芝居ありきなのか、それはわかりませんが。前作マイネでも、とりわけルーイ様の台詞ではこういう"間"がうわぁ、イイなぁ♪と思わせてくれる印象的なシーンが多かったような覚えがあって(例えば、第2話ラストの「それ以上の意味は……ない。」というくだりとか)。
細かい話でナンだけど(汗)、そういうトコも好きですわ〜vこのシリーズ。


続きを読む
posted by 蓮月 at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

『マイネリーベwieder』第1話。

いよいよスタートしましたっ!
『吟遊黙示録マイネリーベwieder』
先程、第1話「序曲」を観終わって。まずは満足っ♪
そんでもって。こたびのルーイ様@関俊彦さんも。
やっぱりはぁぁ〜素敵だわっ揺れるハート



(以下、ネタバレあり感想です)




続きを読む
posted by 蓮月 at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

マイネリーベ ドラマCD1「心の迷宮」。

『吟遊黙示録マイネリーベ wieder』いよいよ放送スタート!
ということで。
待ちきれず?またルーイ様な関俊彦さんヴォイスが聴きたくなってv
コレ、引っ張り出してみました。


吟遊黙示録マイネリーベ ドラマCD 1 「心の迷宮」 吟遊黙示録マイネリーベ ドラマCD 1 「心の迷宮」

<CAST>
オルフェレウス / 櫻井孝宏、 ルードヴィッヒ / 関俊彦、 エドヴァルド / 関智一、
カミュ / 保志総一朗、 ナオジ / 石田彰、 アイザック / 子安武人、
オーギュスト / 石川英郎、 ロルフ / 鈴村健一

<STORY>
かつて同じシュトラール候補生として共に過ごしたオーギュストが、学園を訪ねてきた。不幸な事情があって学園を去ることとなったロルフと共に行く道を選んだオーギュストは、その後の苦難についてオルフェらに語り始める…。



マイネリーベのドラマCD、この作品を含め計4作あるわけですが。
(付録や特典関係は除く)
自分的には、この「心の迷宮」が一番好き。
なんでかっていえば。
ルーイ様@関俊彦さんオイシイとこ取りっ☆な話だから揺れるハート


続きを読む
posted by 蓮月 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

業務連絡(違)

ちゃんと書いたことなかったかと思うので、一応。

記事に無関係なトラックバックは、
管理人の判断により予告なく削除させていただきます。
あらかじめご了承ください。


もちろん、えろトラバは論外。

確かに阿呆なコトばっかな内容だけど、それなりに真剣に時間もかけて書いてるんで。
ワケワカランTB入れられるとすごい腹立つんだよね。



以上、そんな迷惑トラバになんらかかわり無い皆様方には、
お騒がせの段深くお詫び申し上げますm(__)m




posted by 蓮月 at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひとことだけ。

いくらなんでも。
そりゃぁあんまりすぎるってもんじゃないですかー!
と、私も思いましたですよ(;_:)←ある意味私信

『Solty Rei』Episode:13、の話。


posted by 蓮月 at 01:50| Comment(1) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『舞-乙HiME』第15話。…(無言)。

今週もちゃんとリアルタイムで観ました。
『舞-乙HiME』第15話、「アリカ、泣く」。

開き直ってご報告は一言で。
今回「も」。ラド@関俊彦さんは全然、まるきり、登場しませんでした(涙)


で、本筋ですが。
なんじゃ、この少女マンガな展開は。
いや、別に少女マンガが悪いというワケではないです。単に言葉のアヤです。←言い訳





続きを読む
posted by 蓮月 at 01:35| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

『マイネリーベwieder』。もうすぐ。

CS・アニマックスにて、いよいよ今週末22日から始まりますね☆
『吟遊黙示録マイネリーベ wieder』
放送スタートを目前にして、ようやくアニメ公式サイトもopenしたみたい。→
といっても、まだ殆どのコンテンツが"coming soon"ばっかしですけど(笑)
とりあえず、作品解説とスタッフ紹介、そして第一話『序曲』のあらすじとスチルは見ることができるようになってました。あー、でもルーイ様の絵がナイわ。ちょっと不満。←個人的主張

ともあれ。
1935年という時代背景とか、欧州・立憲君主国のエリート養成校という舞台設定とか、甘ったるい色恋の絡まないストーリーとか、重厚かつ壮麗(すぎるほど・笑)な音楽とか。
そしてもちろんキャストの豪華さ(笑)も含めて、イロイロ自分的に好みvな部分が多いこのシリーズ。本家本元のゲームとはまた一線を画す特質を生かした、手ごたえがっつりな作品になってくれるコトを期待したいです♪

とかなんとかいっても、何はさておき。
ルーイ様な関俊彦さんヴォイスがまた毎週聴けるっ揺れるハート
というのが、一番楽しみなコトなんですけどね☆彡


posted by 蓮月 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

それさえもおそらくは平穏な日々。

ネタがないのでボソボソ無意味なヒトリゴト。
お時間に余裕があってココロの広い方のみ、どうぞ。平伏。



続きを読む
posted by 蓮月 at 01:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

『浪漫狩り』第5巻。

hm3ぢゃなくて、そもそもコレを買いに本屋に行ったんでした…。←16日のハナシ

浪漫狩り(5) 岩崎陽子『浪漫狩り』第5巻

作者・岩崎陽子氏の描かれる、少女マンガらしさを忘れぬ華も色気もあるでも無駄にキラキラしてない(笑)男性キャラと、渋く知的にハードなストーリーあり熱い情もアリ、ってなトコが大変に好きでして☆
『王都妖奇譚』(←「安倍晴明」モノの先駆的作品だと思う)以来の愛読者なんでございますよ。

続きを読む
posted by 蓮月 at 01:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

新録吹替えv

いつもお世話になってる某ファンサイト様の情報掲示板にて、またまた拝見。
2月17日、金曜ロードショー(日テレ系)で放送の『ニューヨークの恋人』に。
関俊彦さん吹替えご出演!なんですねー♪ヒロインの元カレ役…みたい。
出番がどのくらいあるのかが気になるトコロですが、キャスト紹介で3番目にお名前がきてますしね。期待できる…かも?
他にも森川智之さんとか、江原正士さんとかのお名前もあるし。
うわぁ、思いっきり楽しみです〜揺れるハート

吹替えで楽しみ、といえば。関さんは出てないですけど、
2月9日放送の木曜ロードショー(テレビ東京)、『リベラ・メ』。
チェ・ミンス / 池田秀一さん、ユ・ジテ / 平田広明さん
とゆー、これまたあらぁ♪な吹替えキャストなんですな。
ユ・ジテといえば、『オールド・ボーイ』(DVD版)での関さんの吹替えが鳥肌モノに素晴らしかったワケですが。
さてこの作品ではどういった役回りなんでしょ?平田さんの吹替えがどんな感じになるのか、興味深いトコロですv
チェ・ミンスも『サランへヨ あなたに逢いたくて』(DVD版)では関さんが吹替えしておられた役者さんでしたが。池田さんのチェ・ミンスというのも、ん〜これまた渋くって良いかも。
うん、こっちもやっぱり要チェックだわ☆彡





posted by 蓮月 at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 声優さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

また買っちゃった。

ホントは別のもの探しに本屋に行ったのに。
ひょいと目にとまって、パラパラ中を見て。
うっわ〜揺れるハート
で、またついつい買っちゃった…。


hm3s-32 『hm3 SPECIAL』2006年3月号

カラー5ページで、昨年12月の『ネオロマンス・ライヴ 2005 Winter』の特集記事が掲載されてて。小さめだけど、関俊彦さんの写真もモチロンあり。
バストショットの2枚は、ベージュのジャケットにマフラーなお姿v夜の部での撮影ですね。熱唱中☆なとこと、トークでの笑顔なひとコマと。
これがねー、どちらもまたまた素敵なんですものっ///
本屋で顔面筋肉弛緩しまくり(爆)あやうくアヤシイ人になりかけちゃったんで。
慌ててその場はページを閉じて、もう殆ど(というか完全に)この写真のためだけに!発作的に購入しちゃいましたよ(笑)
それと、出演者全員をフレームに収めたロングショット写真も2つありました♪これはやはり夜の部エンディング&アンコールでの風景かな。
思いがけず記事発見できて、ん〜シアワセv


でも。
この手の声優雑誌ってケッコウなお値段するから、こう立て続くとフトコロには厳しいよねぇ(汗)





posted by 蓮月 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

『舞-乙HiME』第14話。…ま、一応。

今週はちょっと出遅れて。
『舞-乙HiME』第14話、「オトメのS・O・S」。
おなじみネタバレ感想…ですが、微妙にヤル気なし(笑)

ま、とりあえず恒例のご報告でも。
「アスワド」の名もたびたび話題に上るし、姿もちらちら出るんですが。
ラド@関俊彦さんのお声は今回もまったく聴けずじまい(涙)
うーん、わざわざ関さん起用してるんだから。
まさかこの程度の扱いで終わる…なんてことはないと信じ…たいんですけど。



続きを読む
posted by 蓮月 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(3) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

最遊記イロイロ。

ほぼ日参してる峰倉かずや氏の公式サイト「nitro」にて、
更新されてたINFORMATIONページをみて。

"\(^o^\)(/^o^)/"

↑ヨロコビのあまり踊ってみました。
今月25日発売の『最遊記RELOAD』コミックス第6巻の購入者全員サービスとして、
峰倉かずや氏書き下ろし(←ココ重要)シナリオのドラマCD(←さらに重要)
なるものが企画されてるんだそうで。
まだ詳しいことは不明ですが、こ〜れ〜は〜楽しみっぴかぴか(新しい)

今春以降発売予定のヴォーカルアルバムや新作ドラマCDについても、アニメイトTV通販にて詳細発表されてますし。
既にZERO-SUM誌上にて通販受付が開始されてる「外伝」ドラマCDもあるし。
いやぁ〜最遊記関連、今年もイロイロ楽しみなネタが多いですねぇ揺れるハート


続きを読む
posted by 蓮月 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

『Are you Alice? - Drink me.』

先日『11 - Twilight suicide.』と一緒に届いた、コレも聴きました☆


『Are you Alice?』.jpg ドラマCD『Are you Alice? - Drink me.』

<CAST>
アリス / 櫻井孝宏、 イかれ帽子屋 / 平田広明、 チェシャ猫 / 井上和彦、
白ウサギ / 森久保祥太郎、 眠りネズミ / 藤原啓治、 ハートの女王 / 大川透


常には。
関俊彦さんご出演作以外のモノからは、できる限り目をそらすようにしてるんですけどもね。
↑いろんな意味で収集つかなくなっちゃうから
でもまあ『11』も注文するんだし、折角だし。と、このあまりに素敵すぎるキャスティングにつられてついつい購入。
…それに、なんとなくよさげなニオイがするなぁvなんて気もしたもんですから。

で、聴いてみて。自分的には購入して大正解〜♪でしたですよ。



続きを読む
posted by 蓮月 at 01:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 声優さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

まとめ買い。

発売日からちょこっと遅れて、声優雑誌まとめ買いv

雑誌イロイロ☆

『声優グランプリ』2月号 / 『声優アニメディア』vol.09 / 『Voice Newtype』No.012

続きを読む
posted by 蓮月 at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

ご回復をお祈りします☆

9日に放送された『名探偵コナンスペシャル』、録画しといたのを今日になって観まして。
円谷光彦クンのキャストがあれ?あれれ?と。
んで、ようやく知ったんですが。
大谷育江さん、体調不良の為レギュラー出演作品から一時降板とか。
ワンピがらみで、今週発売のジャンプに公式発表があったみたいですねー。
あらぁ…まぁ……(;_:)

大谷さんといえば、以前一度だけ。
一昨年のDCアトリエ親子劇場の折に、ご本人のお姿拝見したことあるんですが。
(その時の『あらしのよるに』では大谷さんがメイで、中尾隆盛さんがガブでした。まさか大谷さんがご出演とは思いもせず、すんごいビックリした…)
小柄で華奢で、ホントに可愛らしい方だなーという印象を受けた覚えがあります。
ポケモンにガッシュにワンピに、準レギュラーとはいえNARUTOやコナンまで。
考えてみれば、とんでもない量のお仕事をこなされてきたんですよね!すごいよなぁ。

詳しいご事情まではわかりませんけど。ともあれ。
今はじっくり静養して戴いて、いずれまたご活躍を耳にできる日を心待ちにしたいと思います。
『少年陰陽師』アニメ化企画も始動したところですしね。やっぱりもっくんの声は大谷さんに演じて戴かないと!
修学院明クン・融クンも、バンブーちゃんだって大谷さんヴォイスじゃなきゃ!と思いますしねv
↑いきなりマイナーなネタですが……でも好きなんだもん♪

一日も早いご回復を、心よりお祈り申し上げます。




posted by 蓮月 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 声優さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

ドラマCD『11 - Twilight suicide.』

はい、聴きましたですよ。
ドラマCD『11 - Twilight suicide.』
一部SE的に女性の声も入りますが。
それを除けば、キャストは関俊彦さんと大塚芳忠さん、このお二方のみ。

聴きおえて感じたことを、そう、ひとことに集約するなら。
なんて最っ高にスリリングな会話劇!
といったトコロ、でしょうか。


以下、かなり個人的に趣味に走った(笑)感想をば。




続きを読む
posted by 蓮月 at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

そして更に深く(?)

待ち焦がれたコレも、ようやく届きましたですよー☆

11 ドラマCD『11 - Twilight suicide.』

これから、またしてもふかぁく濃い(多分ね)世界にたっぷり浸りますぅvvv



posted by 蓮月 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

ディープなラインナップ(笑)

昨晩の、『月齢・15』に続くラインナップはこんな感じ。

監禁の館.jpg 『速水奨 監禁の館』

実に多種多彩な速水さんヴォイスが、耳元で愛を囁いてくれちゃうというスゴイ逸品。
……スゴすぎて。とりあえず、爆笑
いやいやいや、もとい。
なんっつーか、ホントいろんな意味で楽しませて戴きましたですわ。流石です速水さん。
そんでもって、ビバ!3Dマイク収録!!ですよ(爆)


んで、その後コレ(の一部セレクト・汗)。

☆LOVE MODE 5☆ 『LOVE MODE 5』

セクシィ&ビューティーな葵一サマ@関俊彦さんヴォイスで腰砕け総仕上げ(笑)
もちろん、そればかりでなく。イタいけど沁みてくるストーリーも好きですよ、この作品。


こんな感じで、とことんイッちゃってみました(爆)
…あー。ふかぁく濃ゆく堪能いたしましたですわ。










posted by 蓮月 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 声優さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

ディープな夜v

BL系ドラマCD、
『月齢・15 不穏分子定数』と、その続編『月齢・15 不穏分子定数−聖戦−』
を聴きましたー☆

月齢・15

狼男な神父サン@井上和彦さん×吸血鬼な高校生@関俊彦さん、なお話。
作中神父サンの台詞にもある通り。高校生吸血鬼な陸海クン@関さんが。
もーう犯罪的に可愛いっ揺れるハート
モチロン、オトナの余裕に真摯な想いを隠した神父さん@和彦さんも素敵カッコイイし。
ずっと手に入れられずにいた続編「聖戦」の方もこのたび聴くことができまして。
(ホント有難うございました!←愛をこめて私信v)
眼福ならぬ「耳福」とでもいいましょうか?そんな言葉はアリマセンが。
2作品合わせて、あーおなかイッパイ胸いっぱいvvvうっとりシアワセ〜♪


んで、このあとさらにディープなモノを聴く予定。もはや気分は耐久レース。←違
いけるトコまでイってみよー!!!(爆)




posted by 蓮月 at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

『舞-乙HiME』第13話。草津の湯でも(謎)。

年末年始特番ラッシュも一通りは終わった…のかな。
殆ど観てないから知らないけど。
で。
新年1発目の
『舞-乙HiME』第13話、「茜色の空に…」
恒例ネタバレ感想も再開です。

トコロで。
今回もラド@関俊彦さんはご登場されませんでしたぁバッド(下向き矢印)
早いものでもう第13話。
折り返し地点まできて、これまでのラドさんご登場話は1、3、8、10、の計4話のみ。
う〜ん、寂しいなぁ…。
ま、これからコレカラ。後半どどっと出番が増える…かも?だし!
という、根拠なく微妙に空しい期待を抱きつつ。

さて、以下イキナリどどんとネタバレ全開で叫びます。未見の方ご注意下さい。









続きを読む
posted by 蓮月 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

……トラブル?

これまたすんごぉ〜く楽しみにしておりました、
関俊彦さん&大塚芳忠さん共演vのドラマCD、
『11 - Twilight suicide.』
……実は、未だ届いてません(涙)
オフィシャル通販で、受付開始当日に申し込みして。
その翌日には速攻代金振込みも済ませて。
(ついで?に『Are you Alice? - Drink me.』も買っちゃったv)
気合い充分!!で待ち焦がれてたんですが。

どうも、なにやらトラブルがあった??模様です。
一応年明け5日(つまり今日ね)まで待って、それでこなければ問い合わせしてみようと思ってたんで、先程公式サイトを覘いてきたところ。
トップページの"WHAT'S NEW"に、商品不着者向け問い合わせフォームが設置されてました。
オフィシャルで、発売日前には申し込みしてるのにまだ届いてないっ!
てゆー、ワタシと同じ境遇の方。
もしおられましたら、上記から確認連絡をされることをオススメしますですよ。

まあ、どんなコトにも予期せぬトラブルの可能性はついてまわるもの。
ゆったり気長に、CDの無事到着を待ちたいと思います。


でもでも。
やっぱり早く聴きたいよーーー!←ココロの叫び。




posted by 蓮月 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

今年も便乗♪

3が日もメデタク明けまして。
例年のごとく、お子様方のお年玉をあてこんだおもちゃ屋さんのバーゲンセール花盛り☆
んでもって。
ン十年前にはお子様だったオバサン、そんなバーゲンセールに今年もちゃっかり便乗(笑)

BLAZE-ZAKU 

ブレイズザクファントム レイ・ザ・バレル専用機 1/144HGモデル


LEGEND-G

レジェンドガンダム 1/144HGモデル


ふっふっふっ。かねてから狙ってた上記2点、3割引でげっとぉ(^^)v
……したのは良いけど。
ただでさえ時間がいくらあっても足らないっ!というこの状況下にあって、いったいいつ作るつもりなんだ自分(汗)

ま、とりあえず。
レジェンドのカラーリング参考のためにも、昨年末に放送された種運命「FINAL PLUS」をも一回観なおしてみますか……。
これについても、思うところはイロイロあるんですけどねー。
さて、いずれ書きたいような、書きたくないような。



posted by 蓮月 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

『まんが道』。うきゃぁvvv

ドラえもんの生みの親、かの"藤子不二雄"のお二方。
その若き日々を描いた連続ドラマ『まんが道』(本放送は1986年・NHK)。
関俊彦さんがご出演されてた!!!と話には聞いておりました、この作品。
チャンネルNECOにてCS初放送!ということで、初めてみることができましたー。
もっとも。
全15回の作品中、どこに登場されてるのかは知らなかったので。
全話録画しといたのを、帰宅後(←年明け2日からフツーに仕事…)第1回から延々観続けて。
そしてようやく「第11回」で。
きましたーーー!


『まんが道』

1986年の作品ですからね。当然といえば当然なんですけど。でも。
うきゃぁ〜。わ、若いっ
そんでもって、まぁぁ素敵ぴかぴか(新しい)


続きを読む
posted by 蓮月 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

ドラマCD『なんでも屋ナンデモアリ』。

さて、『夢に見た楽園』で年越ししまして。
2006年ホントの意味での関さんヴォイス1発目vがコレ。ようやく聴きましたー♪


なんでも屋ナンデモアリ  ドラマCD『なんでも屋ナンデモアリ』


<CAST>
田宮俊 / 入野自由、 間中博基 / 津田健二郎、 柳瀬敦 / 森久保祥太郎、中川幹彦 / 関俊彦
森田寅次郎 / 岩田光央、 向井 翼 / 福山潤、 翼の曾祖母 / 鈴木れい子




続きを読む
posted by 蓮月 at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

恒例行事♪

つーワケで。元日です。
といっても、正月だからといってとりたてて変わった事をするわけでなし。
普段とさして変わらない休日でしたー。

そんな中、唯一の正月らしい行事といえば。
ウィーンフィルのニューイヤーコンサート生中継、を観たこと。
ここ10年ばかし(=独り暮らしを始めてチャンネル権を争わずにすむようになってから)の恒例行事になっております。
日頃それほどクラッシックを聴いてる方ではないんですが。←言うまでもなく(爆)
コレだけは欠かしません。ウィンナワルツの能天気さって、新年のウカレ気分にすごくあってると思うんですよねー。
んでもって、お約束ーのアンコール2曲。
"ドナウ"でまったり横揺れし、"ラデッキー"でわくわくタテノリし(笑)
これでようやく「ああ、正月だなぁ」って気分になれるんですな☆
特に今年の指揮者、マリス・ヤンソンス氏は一見コワモテのおっさんかと思いきや。
なかなかに茶目っ気も芝居っ気もタップリな方で、うん、楽しかったなー♪
…えーつまり。芸術性とかそーゆーモノはまるきりすっ飛ばした楽しみ方をしてるワケです。

しかしね、毎年のことなんですが。
最後の"ラデッキー"では、ステージ上の演奏者たちと手拍子する聴衆とがまさに一体!になってるみたいで。モニタのこっち側にいる自分まで、なんだかシアワセでウレシイ気持ちになれちゃいますね。ついつい一緒になって手拍子しちゃいます☆彡
↑ハタから見たらかなりアヤシイ人っぽいですよね、きっと(汗)




posted by 蓮月 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あけおめ☆

さて。

新年、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


ということで。
暮れのご挨拶はギリギリすいっちょんだったのに、
新年のご挨拶は異様に早いですねー(爆)


そんなワタシの年越しは、「ゆく年くる年」でもなく某大物アーティストのライヴ生中継でもなく。
バウム教授@関俊彦さんの歌う『夢に見た楽園』
を聴きながらでした♪
おかげさまでゆったりしみじみ穏やかあたたか〜vな気分で、年を越すことができましたわ☆

傷つけてきた 罪の深さを忘れず
今は明日へと 旅立つ


なんて、ね。
様々な想いを込めて新たな一年を迎えるに似合った曲かもvなあんて。←思い込みの極致


……まあ今年もこんな按配の超暴走/迷走blogですが(汗)
なにとぞ宜しくお付き合い下さいませ。平伏。




posted by 蓮月 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。