2006年08月31日

やっぱりマイネが好きv

25日に発売の第7楽章購入で満願成就ぴかぴか(新しい) ←ちょっと違う
で、シツコク繰り返して聴いてます〜(^^ゞな。
DVD『吟遊黙示録マイネリーベ wieder』アニメイト全巻購入特典「スペシャルトークCD」。

スペシャルトークCD

櫻井孝宏さん、関智一さん、関俊彦さん、保志総一朗さん、石田彰さん、そして子安武人さん。お馴染みメインキャストの面々による30分余りのトーク。
………皆さん面白すぎっす〜☆彡




続きを読む
posted by 蓮月 at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 声優さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

『なんでも屋ナンデモアリ りたーんず』(1)

コミックス1巻、発売になってたんですね〜。ということで、迷わず購入。

なんでも屋ナンデモアリ りたーんず(1) 麻生海/菅野彰 『なんでも屋ナンデモアリ りたーんず』(1)


ストーリーは、昨年暮れに発売されたドラマCD

なんでも屋ナンデモアリ 『なんでも屋ナンデモアリ-君がいなくちゃ生きていけない-』

とほぼ同じ+博基クンの心情を中心にいくぶん細かく描き込まれている感じ、でしょか。さらに、ドラマCDでは出番のなかった中川さんの天敵(爆)高橋と馨お姉サマもしっかりバッチリ登場!あ、いいな〜と思わせてくれるちょっとしたエピソードもあり、これはうれしいポイントっす♪
ドラマCDでのキャストヴォイスに脳内変換しつつ(笑)楽しんで読めました。ストーリーはわかってるんだけど、やっぱり続きも気になるっ☆彡
もともと、麻生海さんの描く中川さんのビジュアルがすっごい好きだったんですが。加えて今回、なんか博基クンのビジュアルも気に入っちゃいました。あーゆうほわわんな感じも、結構好きなんだなーv
そしてドラマCDを聴いた時と同じく、無気力ニートな博基クンに妙に共感してしまったのでありましたー。そんな自分も、やっぱりダメ人間磁極…?^_^;


posted by 蓮月 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

「トリックvsマジック(前編)」。

さて。無事観ることができましたー♪
関俊彦さんゲスト出演!の、名探偵コナン「トリックvsマジック(前編)」。

関さんの『コナン』ご出演は…"ツイてる男"なお医者さん以来ですかね。ストレートにイイひとなお医者さんも素敵vでしたですが。今回の、かなりクセのあるマジシャン・冬城さんもカッコいいなぁ///しかもうわぁ〜とりわけ好み〜なトーンだっvvv
響きのある、すごく通るお声だから。こういうエンターティナーな役柄もぴったりですよね揺れるハート
出番も思ったより多くてあなウレシ。


と思ってたら。
うわ、そーゆー展開でそーゆートコロで切りますかーーーたらーっ(汗)
……来週放送の後編にも、出番あるといいのですが…。


posted by 蓮月 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

『クリムゾン・リバー』。

以前放映された時にも観たし。保存用録画もバッチリ手を打ち。なのに。
ついついリアルタイムでも観ちゃいました(^^ゞ
日曜洋画劇場で放映の『クリムゾン・リバー』。

若き警部補マックス(ヴァンサン・カッセル)役吹き替えの関俊彦さんv
アクションシーンやシリアストーンが素敵vvvなのはもちろん。
受け答えのね、幾分シニカルっぽくちょっと軽めな口調がカッコいいのです〜♪
とりわけ好きなのが、ラストシーンのひとこと。苦笑をこらえてるようなニュアンスの言い方がね、なんかすっごいイイんだなぁ。
それにしても。自分としては、ヴァンサン・カッセルってビジュアル的にそれほど好みの俳優さんってワケではないんですが。でも関さんヴォイスで聴いてると、どんどんカッコよく見えてきちゃうんですよねー。てへへ(^^ゞ
吹き替えでも多彩な役柄を演じておられる関さんですが。個人的にこういう、ちょっと斜に構えた軽めのノリで若干へタレ入りつつもカッコいい!ていうのはとりわけ好きなんです♪『カットスロート・アイランド』のマシュー・モディンとかね。まあ、『TAXi』シリーズのエミリアンみたいにトコトンまでへタレまくりなのも、それはそれでめっさ可愛いくって良いのですが(笑)


ちょっと話は変わりますけど。
先ほどいつもお世話になってる某サイト様の情報掲示板で拝見したんですが。
本日28日放送の『名探偵コナン』に、関俊彦さんゲスト出演♪なんだそうですね。やったぁ☆彡
こういうイレギュラーなご出演作が続くのって、なんかウレシイな。こちらも録画ぜったい忘れないようにしなくっちゃ(^^)v

posted by 蓮月 at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

見てみたかったな。

先日22日に開催されました、『ルビーにくちづけ』の公開録音。
その折の収録分、あれれ、もう今週放送だったんですね!

というわけで。
ゲストに中尾隆聖さんを迎えての『ルビー』、楽しく聴きました♪
中尾さんと関さんが一緒にお芝居をするようになった経緯やら、初対面の印象やら。なんか貴重なお話をいろいろ聴けちゃったようなvvv
そしてまたもや、「私が一番の関ファンだと思ってますから」という中尾さんの発言。これまでも雑誌掲載のインタビュー等で、たびたび口にされていることですが。尊敬する中尾さんからこんな風に言われて、いったい関さんはどんな表情でおられたんだろうなぁ〜見てみたかったな〜なんてつい思っちゃったり///
参加された方のレポによれば結構いろいろあったらしい暴露話(笑)とかは、殆どカットされちゃってたみたいだし。
あー。やっぱりできることなら行きたかったなぁ、公録!(>_<)

中尾さんも交えての「視聴覚ルーム」も面白かったー!
野心家の長男(中尾さん)、ちょっと情けないけど心優しい次男(関さん…高めトーンで超カワイかったv)、優秀な三男(森久保さん)。父親の遺産をめぐってのやりとりにどーなっちゃうんだろーとドキドキ。で、最後はしんみり人情話で終わるのね…と思いきやそーゆーオチかい!と(爆)
短いドラマのなかでもしっかり三者三様の個性が可笑しくって、皆さん流石です。あ、でも一箇所だけ、関さんセリフ噛んでおられましたねー珍しいっ!イベント等の生ドラマでも、そういうコトってまずない方なのに。
………やっぱり中尾さんがゲスト、ということで相当緊張されてたのかな?^_^;番組冒頭、ご自身でもそう仰っておられましたが。でもでも、そんなトコロもまたなんだかいいなぁvなあんてことを思ってしまいましたですわ///


トコロで。
ワタクシ、オープニングの元ネタ殆どわからなかったんですけど…ダメダメ?(笑)



posted by 蓮月 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

どかんと…にもホドがある(汗)

はい、本日まとめてどかんと入手いたしました。

8月25日到着…(汗)

CD『花帰葬 epilogue -夢を視る化石-』
CD『2HEARTS / Dearest You』
DVD『機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション2 それぞれの剣』
DVD『バラ色の選択』
DVD『吟遊黙示録マイネリーベ wieder 第7楽章』
 +アニメイト全巻購入特典「スペシャルトークCD」

毎度のことながら、ほぼすべて関俊彦さん関連作品(笑)
微妙に関連性薄いけど『Dearest You』も一応アニメアンジェED曲ってコトで(^^ゞ


予約入れた時期はズレてるから、その時にはあまり気にかけないんだけど。
あはは〜。まとめて届くと、さすがに壮観っすねたらーっ(汗)
いいかげんそろそろ老後の心配もせにゃならん(笑)歳だってぇのに。
こんな散財しまくりでいいのだろうか?

…ま、いいよね。だってこれが元気の素だものシアワセだもの〜ぴかぴか(新しい)
当面の悩みは、いったいどれから聴こうかなvvvってコトです。あ〜楽しみっ♪


posted by 蓮月 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

アンジェアニメ第7話。

全13話、と聞いておりますアンジェアニメ。
早いものでもう折り返し地点にまでまいりましたですねー。

『恋する天使アンジェリーク〜心のめざめる時〜』、第7話「命の泉」。

………しかしながら。作画の不安定さはまた例のごとし(涙)
今回のメインはリュミエール様。ああなのになのに。
優しくたおやかで美しい…ハズのリュミ様が、あ〜んなだなんてさー!
とてもいいエピソードだったし、幻想的な背景画は綺麗だったし、構図的にも面白いカットがたくさんあったし。エンジュ役の本名陽子さんも含め、キャストの皆様方の熱演はいうまでもなく文句なし。ただ、キャラクターの作画だけが演出意図についていけてない、ような感じがしちゃってねぇ。なんだかもったいないなーと思うのですよ…。

とまあ、愚痴ってばかりでもなんですし。てか、嬉しいポイントもv
またまたルヴァ様@関俊彦さんの出番がちゃんとありましたーーー揺れるハート
↑こればっかやん、自分(笑)




続きを読む
posted by 蓮月 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

そういえば。

今日は『ルビーにくちづけ』公開録音の日だったのですよね…。
どうあっても仕事休めない日なのは事前にわかってたんで、応募もしてなかったんですが。
各所blog等で参加された方のレポを拝読したところ、なんと。
ゲストが中尾隆聖さんだったというぢゃぁありませんか!!! ←一応白文字反転
うわぁ〜、できることなら行きたかったなぁ。
まあ、応募したところで必ずしも行けたわけではないとはいえ(過去の実績?からして抽選ではじかれてた可能性大)、やっぱりねぇ。関さんとの生トークなんて、なかなか聴く機会ないし。「視聴覚ルーム」も流石の聴き応え!だったそうだし。あー参加された皆様が羨ましいなぁ。
ま、ともあれ。今日の公開録音分がO.A.される日を楽しみに待つことにいたしませう。いつごろの放送になるのかなー?


posted by 蓮月 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

初見!『平家物語』。

今日からCS・時代劇専門チャンネルにて放送始まりました。

『人形歴史スペクタクル 平家物語』

ここでもちょっと書いてますが、関俊彦さんご出演作!ってことで。
まだ一度も観たことない作品だったんで、楽しみにしてたんですよね♪

で、本日放送の第1部・第2話で。早速ご登場〜v

平時忠as関さん☆ 平時忠@関俊彦さん
 
「平家にあらずんば人にあらず」との言で後世に知られる平時忠、その少年時代の役。
熱血少年系ヴォイスで、うはは可愛い〜〜〜vvvって感じでした♪
この後も、メインではないけどいろんな役でところどころご登場されるそうなんで、引き続き楽しみタノシミ(*^^*)
あ、あと辻村真人さん(忍たまの学園長さんですね)も清盛のじいや?役その他でご出演されてましたね。リアルな存在感は流石、です。


それにしても。いやぁ〜よくできてますね、これ!観ているうちにふっと人形劇だということを忘れてしまうくらい。うん、本当に実写の大河ドラマを見ているような感覚です。人形の動きがスムーズで細やかで、違和感がないんですよねぇ。殆ど表情が動かない人形なのに、ちょっとした角度とか陰影とかでその感情が伝わってくるとことかも凄いっす。
基本関さん目当て!でのチェックではありますが(^^ゞ作品そのものも楽しめそうですわー♪



posted by 蓮月 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

『スパイダーライダーズ』第20話。

なんだか、のどか〜な話が続いておりますねぇ(^^ゞ
『スパイダーライダーズ〜オラクルの勇者たち〜』 第20話、「勇者ブレイド」。

伝説の英雄「勇者のブレイド」の劇を上演するもちっとも客が入らない旅回り一座?のため、現役蜘蛛乗りの皆さんが一肌脱いでやろうぢゃないか!ってなお話。
…そーんなことして遊んでばっかでいいんでしょうか(汗)相変わらずまったりのんきな"正義の味方"さんたちでございます。
なので、今回はバグース@関俊彦さんの出番はナシ。こうしてハンターくん達がのほほんしている間にも、きっと地道に真面目に残る「オラクルの鍵」探しに奔走しておられるのでしょう。ちったあ見習えよ、蜘蛛乗りの諸君(爆)





続きを読む
posted by 蓮月 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

アンジェ入門書?

よせばいい〜のに〜♪(って歌ってどうするよ)また買っちゃいました…"キャストインタビュー"のあおりにつられて。

恋する天使アンジェリーク〜心のめざめる時〜ワールドナビ 『恋する天使アンジェリーク〜心のめざめる時〜ワールドナビ』

で、そのお目当てのキャストインタビュー。
神鳥の守護聖サマ方とエルンストさん、そして主人公エンジュちゃんに神鳥の女王・補佐官、聖獣の女王と、総勢14名分がカラー4ページで。それぞれ短めコメントに写真つき。もっとも、写真はいずれも事務所提供のプロフィール用と思われます。関さんの写真もお馴染み81仕様のものでしたねー。それと、第1回アフレコの折の小さめ集合写真がひとつ。
……正直。声優さん目当てだけ、なら購入はあまりオススメできないかな…と、こそっと呟いてみる小心者(汗)
でも。「ルヴァの陽だまりのようなやさしさにいやされてくださいね」という関さんのコメントには、なんだかほわぁ〜///となっちゃいました。
ええもうたっぷり癒されまくっておりますとも〜vvv ←阿呆全開


そんな感じで。期待してたよりはささやかだったなぁ(^^ゞなキャストインタビューはさておき。圧巻だったのはデータ・リスト関係。Specialからエトワールに至るまでのゲームの紹介から関連書籍・CDの一覧、果てはヴォイスキャストの簡易プロフィールにファンレターの宛先まで!の徹底振り。
なるほど「ワールドナビ」と銘打っているとおり、アニメで初めて『アンジェリーク』を知ったという方には格好の入門手引書になっているかと思われます。
………ていうか。相変わらず商売上手すぎです、コーエーさん(爆)
まあ、毎度いいように踊らされまくってるワタシが言うことではないですがね(^^ゞ

posted by 蓮月 at 23:52| Comment(3) | TrackBack(0) | 本・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

活字も良いね。

アニメアンジェが存外面白くなってきちゃったもので。
なんとな〜く自分の中でアンジェブーム再来中。
で、小説版アンジェリークを読み返してます。

アンジェリークextra  アンジェリークextra(幻獣の楽園)  アンジェリークextra(辺境の王子)


実は、この手のノベライズ本って。実際手に取るまではずっと食わず嫌いしてたんですよね。
どうせ擬音と会話文だけがだらだら連なってるような、中身の薄いもんなんだろ、って思って。
………ゴメンナサイ、とんだ不見識でした(汗)いやこれが面白いのよ〜
もちろん、書き手にもよるのでしょうけどね。少なくとも、この小説版アンジェリークはとっても楽しめましたvオリジナルのストーリーも面白く読み応えあるし、なにより9人の守護聖様方それぞれの個性と魅力がきっちり生かされてる、ところが好き。あ〜"らしい"なぁと思わせてくれる発言や行動で、意識せずとも自然とそれぞれのキャストヴォイスに脳内変換できちゃう(笑)くらいなんだなぁ。この小説版ストーリーをベースにしたドラマCDとかも作ってくれませんかねぇ? まあ、またもやいまさらありえねぇ!な話だとは思うけどさ(^^ゞ


そうそう、ノベライズといえば。
小説版『最遊記』もイイんですよねー♪

最遊記(1)  最遊記(2)  最遊記(3)

うん、次はこっちを久々読み返してみようっと♪
そんでもって、そのあとは絶対ドラマCD聴きたくなるんだろな。
…こうして、やりたいことが次々増殖して収集つかなくなるのよねー(^^ゞ


posted by 蓮月 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

アンジェアニメ第6話。

最初のうちは、結構いちゃもんつけてばかりだったんですが(^^ゞ
なんかだんだんイイ感じになってきたような気がしますよ〜♪
今回は作画も安定していて、安心して観ていられましたしね。

というわけで。
『恋する天使アンジェリーク〜心のめざめる時〜』、第6話「聖地の休日」の話。

ウレシイ予想外は、とりわけこれ。
ルヴァ様@関俊彦さん、またもやきっちりしっかりご登場〜vvv



続きを読む
posted by 蓮月 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

『スパイダーライダーズ』第19話。

あ、また感想書くのすっかり遅くなっちゃいました…(汗)
『スパイダーライダーズ〜オラクルの勇者たち〜』 第19話、「恋するルメン」です。

要するに。
またもやバグース@関俊彦さんワンシーンひとことのみの出番でしたぁーバッド(下向き矢印)
ってのが、感想遅れた最大の理由なんですが(^^ゞ
もちろん。ヒトコトだけでも陰々と響く低音ヴォイスを聴ければ、登場されないよりはずっと嬉しいですよ?
それはそれとして。
サブタイトルにルメン王子の名前が入ってる!という時点でそれなり期待大だったわけですが。いやいや、予想以上に面白かったですよー♪



続きを読む
posted by 蓮月 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

癒しの妙薬。

昨日届いてたらしいのだけど、帰宅が遅くて受け取りそこね。
今日こそはとマトモな時間に帰宅して、とるものとりあえず早速鑑賞☆

DVD『S.S.D.S.初夏の診察会』 DVD『S.S.D.S.初夏の診察会』

はぁぁ〜、やっぱり。
白衣なバウム教授@関俊彦さん、一段と素敵です〜ぴかぴか(新しい)
舞い踊るシャボン玉の中、歌い上げる『夢に見た楽園』にうっとり。
歌い終わった後、表情アップで「ありがとう」のひとことに、うわわ〜ドキドキシアワセ〜気分。
生ドラマでの実にお見事でしたー!な某・超有名キャラのモノマネ(?)もまた聴く事ができてウレシイ限り☆
副音声での、速水奨さん堀内賢雄さんそして関さんという、なんてナイスな顔合わせvvvでのオーディオコメンタリーにもまた大爆笑。気心知れた仲ならではというか、もう皆さん好き放題言ってるし(笑)、てか全然コメンタリーになってない話題がやたら多いし(これがまた面白いんですけどね・爆)。

いっぱい笑って、いっぱいはわわ〜揺れるハートな気分になって。しっかりばっちり癒されましたー。まさに最高の妙薬やね、自分にとっては♪
これさえあれば夏休みなんかなくても大丈夫!明日からもまたがんばるぞー(^^)v



posted by 蓮月 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

なごむ…。

今週もモチロン聴いてます、「ルビーにくちづけ」

オープニングのあとで、自分で演じた役回りにへこむ関さん。
やっぱり今なお奥様にらぶらぶなんですねぇvな関さん。
祥ちゃんの見合い話に、異様に楽しそ〜に食いつく関さん(笑)

あ〜。なごむなぁ///


なんとはなしのダウナー気分を、引き上げてもらえました。
posted by 蓮月 at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

信じたくないけど。

鈴置洋孝さんが亡くなられたのだそうです。

3月に舞台『愛さずにはいられない』を拝見したときには、まったく変わらずお元気そうだったのに。
6月、劇団KAKUTAの『ムーンライトコースター』での"声の案内人"。関さんとの掛け合いも楽しく、艶のある美声をたっぷり聴かせて下さってたのに。
来年の鈴置洋孝プロデュース公演『この素晴らしい世界』もすごく楽しみにしてたのに。

なにより。いくらなんでも早すぎる。

ファーストガンダムに夢中だったはるか昔。一番好きなキャラはブライトさんでした。
『ダイターン3』の破嵐万丈も、『ゴーショーグン』の北条慎吾も好きでした。
当時は声優さんの名前とか知らなかったんだけど、今思えばみな鈴置さん演じるキャラだったのですよね。


ご冥福をお祈りします、とはまだ言えない気がします。残念で、悔しくて。










posted by 蓮月 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 声優さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

「サウダージ〜郷愁〜」。

はい、きっちりしっかり入手(^^)v
そして早速聴きましたー♪

w〓〓×〓〓[〓x〓〓〓〓〓[〓〓〓vol.4

関俊彦(ルヴァ)/『恋する天使アンジェリーク』キャラクターソングVOL.4


はうはうはう〜///
またもやなんて素晴らしいんでしょっぴかぴか(新しい)
ルヴァ様@関俊彦さん新キャラソン、「サウダージ〜郷愁〜」。


続きを読む
posted by 蓮月 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

『子供(ガキ)の領分Vol.8 分岐点1「発端」』。

さて、こちらも聴きました。

 『子供(ガキ)の領分Vol.8 分岐点1「発端」』


<CAST>
茅野広海 / 関智一、 茅野陽一 / 関俊彦、 茅野大地 / 三宅健太、
小林芳樹 / 三木眞一郎、椎名克彦 / 置鮎龍太郎、新田薫 / 森久保祥太郎、
堤大悟 / 中井和哉、青木和巳 / 鳥海浩輔、川島祐一郎 / 小西克幸、
日比野聡史 / 波多野渉、武藤和将 / 森川智之、麻生涼介 / 坪井智浩、加賀龍司 / 成田剣、他


で、まず思ったコト。
相変わらずモノローグの多いシナリオだなぁ(笑)
そんでもって。
陽一サマ@関俊彦さん出番少ないよ〜(;O;)



続きを読む
posted by 蓮月 at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

アンジェアニメ第5話。

第4話は個人的嗜好によりさらっとスルーしまして(笑)あ、もちろんちゃんと観るには観ましたよ。

『恋する天使アンジェリーク〜心のめざめる時〜』、第5話「闇の追憶」

のハナシ。

第3話で早くも見せ場キター!って感じだったので。当分は出番ないだろうなーとか勝手に思ってたんですが。あにはからんや。

今回またまたルヴァ様@関俊彦さんが、いっぱい喋ってくれました〜ぴかぴか(新しい)
しかも、まあ。なんともおいしいポジションでvvv



※ 以下またまたちょこっとネタバレです。





続きを読む
posted by 蓮月 at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

「ネオロマンス通信」vol.22。

コレもやっぱり買っちゃったー♪

Cure!vol.22 「ネオロマンス通信Cure!」vol.22

もちろん、お目当ては関俊彦さん&中原茂さんの"声優クロストーク"対談揺れるハート
フルカラー6ページ、写真もわりと多めに掲載されてます〜♪前髪下ろし眼鏡アリ☆な関さん。カメラ目線のきっちりショットも、対談中のスナップ風なのも、自然にくつろいだ表情をされてるものが多くてねぇvvv最後のページ、中原さんと2ショット写真での笑顔なんてとりわけとぉっても素敵でしたっ///
対談もね。「アンジェ」「遥か」に絡んだ話ばかりでなく、共演作『ガンダムW』の話やら知られざる?若かりし頃の交流とか。いろいろほえぇ〜が満載で。
ん〜やっぱり入手して正解(^^)vでしたですー☆彡




以下、関さんの発言にツッコミいれてみましたな話(ネタバレなので白文字反転)。


・アンジェアニメ第3話での、エンジュ→ルヴァ様好感度up!を。
「仮装大賞」の判定に喩えるのはどうでしょう、関さん(笑)
ホント、時に思いもよらない発想をされるんですよねー。そういうトコロも好きですがv

・イベントについての話題で、「僕は歌は苦手なので………」って。
えええええ〜?
あんだけ上手くて、な〜に〜を〜おっしゃってるんですかこの方は!



posted by 蓮月 at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

ジャック・スパロウな平田さんv

なかなか時間が取れなかったんだけど。
本日やっと観てまいりましたー♪
『パイレーツ・オブ・カリビアン / デッドマンズ・チェスト』
あ、いうまでもなく。日本語吹替版で、です。

いやぁ、やーっぱり。
ジャック・スパロウな平田広明さん、めちゃくちゃカッコいいわーぴかぴか(新しい)
飄々と、というかへらへらと、というか(笑)つかみどころなくも粋なキャプテン・スパロウの動きや表情に、平田さんの台詞回しが実にぴたりとハマってて。やっぱり、このシリーズはもはや吹替版以外で観る気がしないくらいですねー♪
あとね、大塚芳忠さんも吹替えご出演でした!全然知らなかったんで、ちょっとびっくり&嬉しかったっす。抑揚たっぷりぞくっとくるよなトーンがなんとも流石でしたわ☆

明らかにシリーズ第3作を意識した展開になってるので、結末はちょっとうわ〜スッキリしねぇ〜な感もありましたが。アクションたっぷり、二転三転のめまぐるしいストーリーで息つく暇もなく!みっしり楽しめました。
来年5月に公開予定だという「3」も待ち遠しいですな。よもや!?のラストシーン(これがまたすんごいかっこよかったのーv)、その後に大期待っす☆彡




posted by 蓮月 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 声優さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

『花帰葬 prologue -黒い翼-』。

さて。ようやく(^^ゞこれも聴きましたー。

新譜☆花帰葬 prologue -黒い翼- ドラマCD 『花帰葬 prologue -黒い翼-』

<CAST>
黒鷹 / 井上和彦、 白梟 / 篠原恵美、 研究者 / 大川透、
時雨 / 関俊彦、 彩紅 / 増田ゆき、 十季 / 鈴村健一、 灰名 / 石田彰、
初代玄冬 / 三木眞一郎、 花白・初代救世主 / 斎賀みつき、
銀朱 / 伊藤健太郎、 文官 / 遊佐浩二、 他


女性向け同人PCゲームとして発表され、先ごろPS2にも移植された『花帰葬』。そのプレストーリーともいうべき物語のドラマCD。そのゲームについてはワタクシまったく知らないクセに(汗)例によってただもう関俊彦さんご出演作!というだけでがっつり購入。殆ど予備知識ない状態だったので、きちんと世界観とか把握しきれたとはいい難いかもなのですが。
うん、それでも十二分に聴き応えある作品でした。
そのワタクシ的大本命(笑)関俊彦さん演じる"時雨"。ゲーム本編には登場しないキャラだと聞いていたので、出番量についてはあまり期待してなかったんですが。いやいやそんなことはなかった!このプレストーリーでは中心人物といってもよいキャラでしたです。
んで。のみならず。うわわ、まぁぁ。
時雨@関さんってば、すんごい可愛い〜〜〜揺れるハート



※ 以下、いくぶんネタバレな感想です。




続きを読む
posted by 蓮月 at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

『スパイダーライダーズ』第18話。

なんか、久々?本筋に戻ってまいりましたねーという感じ。
『スパイダーライダーズ〜オラクルの勇者たち〜』 第18話、「ポーシャ」。

ハンターくん&マグマさんと、アクーネさん。予期せぬ邂逅、なお話。
そしてバグース@関俊彦さんもしっかりきっちりシリアスにご登場!
導入部と終盤のみの出番でしたが。はわぁ〜またも素敵に聴かせてくださいましたわっ揺れるハート
やはりバグースさんはこーでなくてはね!16話のあのひとことは何かの間違い、いやきっと幻聴だったのでしょう。うんそうに違いない。←逃避行動



続きを読む
posted by 蓮月 at 02:04| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

『Even a worm vol.3』

もう既にご存知の向きも多いかと思いますが。
今月28日発売の「Comic ZERO-SUM」10月号にて、またまた。
新作!最遊記ドラマCDの誌上販売が開始されるようですね!!!
9月号の次号告知ページでは、販売開始との表記のみだったのですが。
どうやらその内容は"Even a worm vol.3"、つまりヘイゼル編の第3巻ということになるそうで。
峰倉センセご自身が、公式サイト内の日記にてそのようにお知らせくださってました。
うわぁ。
またまたた〜の〜し〜み〜ぴかぴか(新しい)なコトが増えて、いやもうウレシイ限りですっvvv

うん、おそらくはコミックス第6巻に収録されてるあたりのストーリーになるかと思われ。ならば。
孤軍奮戦の三蔵サマ、その渦中でつぶやかれる「あの頃の俺じゃねえ」という一言。
これを実際に関俊彦さんヴォイスで聴ける日が、早くもこようとは!どんな感じで聴かせて下さるのか、今からもうドキドキ☆
もちろん。それに続くシーンとか、他にもぜひとも"声のドラマ"で聴きたかった場面はたぁっくさんありますからねー。

もっとも。申し込みしてから実際手元に届くまでが長いのよ〜(汗)な誌上通販、毎度気が早すぎだよな(^^ゞとは思いつつも。
申し込みの詳細がわかり次第、速攻で手配しなくっちゃ!おし、今から気合い入れとこっと(^^)v


あ、そだ。
それと、雀呂&悟空のほのぼの?(笑)エピソードも、ぜひ入れて欲しいですねー。あの話、くだらねー(byごじょさん)くってすっごい好きなのよ♪
もちろん、雀呂@堀内賢雄さんで。ぜひお願いしたいトコロですな☆


posted by 蓮月 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

『S.S.D.S.愛の解体新書レボリューション4』。

先月末集中的に到着っ!のドラマCD群も、ぼちぼち聴き始めております。
で、やっぱしレビューを書くなら発売日順かな?ということで。

新譜☆愛の解体新書 レボリューション4 『S.S.D.S.愛の解体新書レボリューション4』

<CAST>
Dr.HAYAMI / 速水奨、新田和人 / 高橋直純、沢登達哉 / 松本保典、君島究 / 檜山修之
ミヒャエル・シューマイヤー / 森川智之、バウム・クーテヘン教授 / 関俊彦
ブラディ・トランシルヴァニア伯爵 / 堀内賢雄、日下真一郎 / 千葉進歩、中管制官 / 中博史
袖捲一郎 / 立木文彦、KERO☆YUKI / 福山潤、村雨順平 / 柿原徹也、ルクラ / 根谷美智子
ティーチャー・クレイ / 青野武、十三代藤原源左衛門助成 / 富田耕生


"Revolution"シリーズ、いよいよ完結編!
……えーと。完結した、んですよね?と思わず確認(笑)
スラップスティックハイテンションにしてカオス状態〜たらーっ(汗)
な、相変わらずのS.S.D.S.ワールド。今回もまたまた面白かったですー。ええ、ホント楽しみました!
けど。いやそれゆえに。とうていまとまったレビューなんて書けませんよ、こりゃ(爆)




続きを読む
posted by 蓮月 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

『スパイダーライダーズ』第17話。

あ、感想書くのすっかり忘れてた…(汗)
『スパイダーライダーズ〜オラクルの勇者たち〜』 第17話、「友」。

いや、バグース@関俊彦さんがご登場しなかったもんですからねぇ、つい。←わかりやすすぎ。
で、今回のメインはイグナス@子安武人さん。お笑いモードだった予告編とはうらはらに、なかなかシリアスな展開でございました。




続きを読む
posted by 蓮月 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。