2007年11月29日

感謝の日☆

11月29日は「いい肉の日」…じゃなくて。
玄奘三蔵サマ(←一発変換で出るぜv)のお誕生日(仮)ですねぃ☆ということで。

気高く強く美しい、素敵な鬼畜生臭坊主に乾杯バー
ご生誕記念日おめでとうございます〜☆彡

思えば。この三蔵サマ(と、その生みの親であるところの峰倉センセ)のお蔭で、関俊彦さんという素晴らしい役者さんに出会うことも出来たわけで。その意味でも、これはもういくら感謝しても足りませんわねvvv


なぁんてコトをつらつら考えつつ帰宅しましたならば。トンデモなサプライズが待っていました。

ルビー公録、当たっちゃったあせあせ(飛び散る汗)(驚愕)

締め切りギリギリの応募だったし(しかも細々書き込んだメッセージ内にミスがあったことに投函してから気付いて一人赤面滝汗状態)。ましてや前回3月の公録から連続当選、はいくらなんでもあり得ないよねぇ…と、ダメモトのつもりでいたとゆーのに。ビックリしまくり嬉しさあまってむしろボーゼン。
なんだかワタクシ、今年はツキまくりですよ。運のなさが売り(?)だったはずなのに、これはいったいどうしたことか。よもや、来年になったらこれまでのツケを一気に払うがごとくの不運に見舞われちゃったりするんぢゃなかろーか?? (←基本マイナス思考・笑)
ならば。幸運に恵まれているうちに、思い残すことのないようきっちり楽しまなくっちゃ!!!

ということで。次の土曜日、行ってまいりますよ〜文化放送メディアプラスホール♪
今度の公録ゲストは藤原啓治さんとのことで。ご本人目の当たりにするのは初めてです〜。関さんとの共演というと、まず思い出すのはラブモ。ややマイナーですが『BLACK CAT』DVD4巻のアニメイト限定特典ドラマCDでの共演も印象深いですなー。それに、確か『ガンダムW』にもご出演されてたかと。…共演作少ないような気がしてたけど、こうして思い出してみるといろいろありますね。
共演ではないけれど、最近のご出演作では「Are you Alice?」シリーズの眠りネズミがお気に入り♪で、余談ですがこの作品から派生したネットラジオ
「藤原・平田の Sweet Tea Party」
は、眠りネズミ@藤原さんと帽子屋@平田広明さんのまったり&ぐだぐだ感溢れるトークが楽しいです(笑)

そんな藤原さんをゲストに迎えての公録、とにもかくにも楽しみですv
なんといっても。生関さんを拝見できるのは、先日のDC公演千秋楽が今年最後だろうな…とばかり思っていたところへ降ってわいたこの幸運!もうこの上なく有難いことですよっ☆彡

posted by 蓮月 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(1) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

イマジンメチャ盛り!?

いやぁ〜どこまでいくんだ、仮面ライダー電王。
てか、どこまでスゴイのかイマジン人気。
今度は、こんなモノが出るそうですよ!!!


『仮面ライダー電王 イマジンメチャ盛りかるた』
2008年1月30日発売予定 価格 ¥4,200.-(税込)


イメージ的には、最リロの"読み札ドラマCDつきカルタ"みたいな感じになるのでしょうかね?絵札&字札46枚のかるたに、「かるた読みCD」と「イマジンメチャノリ座談会CD」がセットになった商品だそうですよ☆
ちなみにご出演ヴォイスキャスト(敬称略)は、

「かるた読みCD」
関俊彦 / 遊佐浩二 / てらそままさき / 鈴村健一 / 大塚芳忠 / 三木眞一郎
「座談会CD」
関俊彦 / 遊佐浩二 / てらそままさき / 鈴村健一

とのことで。うわぁ〜それこそメチャノリに楽しそー!なんともまあ、実にウレシイ企画グッズじゃありませんか。はい、もう即予約購入けって〜い☆
同じく1月には、イマジン声優さんのインタビューも掲載!の、
『仮面ライダー電王フォトブック IMAGIN』
なんてムックも発売になるそうですし。いやいや、またまた楽しみが増えちゃったなぁv

…とはいうものの。これが発売になる頃には、本編TV放映はもう終わっちゃってるんですよねぇ多分………あああ、それを考えると寂しいしなぁ。1月が待ち遠しいような、そんな早く来てほしくはないような。フクザツな心境ですわホントに(-"-)


posted by 蓮月 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダー電王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

注目度クライマックス?

「Climax Jump DEN-LINER form」囲み取材の成果(?)、ここでも発見。

http://www.animate.tv/news/detail.php?id=atv071122b

先日ご紹介した『ほびーちゃんねる』の記事よりも、さらにインタビュー内容が詳しい…かも。セリフver.もなにやらひときわてんこ盛りっ、てなことになってるみたいで楽しみです。「雲霞のごと」(by関さん)て、それこそどんだけー!って感じですよ、ねぇ?(笑)
関さん&てらそまさん、遊佐さん&鈴村さん、それぞれ2ショットの写真があるのもGJです。さすがはアニメイト☆
それにしても。ノリノリすぎなてらそまさんが、むっちゃ可笑しいんですが(爆)

一方。
avexの電王特設サイト http://avexmovie.jp/lineup/den-o/ で、サビの部分が聴ける!ことにも本日遅まきながら気がつきました(^^ゞ ※イキナリ音が流れますのでご注意ください
……これ、なんだかすっごいウレシイなぁ♪
あ〜早くフルで聴きたいっ!ボーナストラックがどんなものになってるのかも楽しみですしねv



posted by 蓮月 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダー電王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

興奮再び。

届きました♪



DVD『仮面ライダー電王スペシャルトークショー〜イマジン大集合!クライマックスだぜー!!〜』

このイベント、実に幸運なことに実際に会場で観ることができてたんですが。
いやぁ〜改めて見てもやっぱり大興奮!最高です☆彡
生でも息ピッタリ!なミニイマジンショーはすっごく楽しいし。
ヴォイスキャストの皆様の台詞に合わせた、良ちゃん@佐藤クンのリアルタイムフォームチェンジ!はやっぱすごいし。佐藤クン&リュウタロスダンサーズのブレイクダンスも迫力のカッコよさだし。
素顔のスーツアクターさん大集合☆なトークコーナー、なんてめったに観られるモンぢゃないですし(皆さんおちゃめで楽しい方々ですねv)。つか、高岩さんの腰つきにヤラレタ…///
そしてなんといってもコレですよ。生アフレココーナー!第4話のあの名シーン、「ごぉめんなさぁぁぁい!!!」を演じている関さんご本人を、こうして目にすることができるなんてね!
なんというか。素でおられるときとは、纏っている空気が全然違うっていうか。張り詰めたオーラが漂ってるみたい、っていうか。あ〜もうめっちゃくちゃ素敵vvv
…いやモチロン、素でおられるときの可愛いカッコよさ(失礼)も大好きなんですけどね///
エンディングの生・Double-Actionにも改めて感激。まさか歌までアリとは思ってもみなかったもので、当日イントロが流れてきた時には文字通り絶叫しちゃってましたねぇ(^^ゞ最後の"俺、参上!"ポーズをキメた関さん、むっちゃカッコよくってもうv
まだまだ何度もリピして見ちゃいそうなイキオイ♪DVD化してくれて、ホントにありがとぉございます〜♪>東映さん

来年1月のファイナルイベント(て書くとなんだか寂しい気持ちにもなりますねぇ…)、まだ第2部トークショーの出演者は決定してないようですが。ヴォイスキャストの皆様方もまた出て下さったら嬉しいんですけどねぇ…さてどうなりますか?
どうあれ、1回は観に行くつもりではいるのですが。といっても、またしてもチケット争奪戦がすっごいコトになりそうですよね(^^ゞちゃんと取れるといいなぁ☆


そうそう、いつも楽しみにさせて戴いております某blogさまで情報拝見したのですが。
「Climax Jump DEN-LINER form」についての記事がコチラに。
http://hobby-channel.net/content/view/3662/67/
関さん・遊佐さん・てらそまさん・鈴村さん、皆様お揃いでの写真も素敵☆インタビューもヴォリュームたっぷりで読み応えアリです。こちらも早くフルver.聴きたいなぁ〜楽しみです!


posted by 蓮月 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 仮面ライダー電王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

電王ブートキャンプ(笑)

そうそう、コレも届いてたんですよね♪

テレビくん全サDVD☆ 

「テレビくん」全員サービスDVD、
『仮面ライダー電王 超(ハイパー)バトルDVD うたって、おどって、大とっくん!!』

…"ハイパーバトル"と、"うたって、おどって、"が並列してるこの微妙なタイトルだけで既に笑えるんですが。
いやいやなんと申しましょうか。あはは〜楽しい♪カワイイ☆
モモ@関さんfan的には、これはか〜な〜り嬉しいコトになってるかとv…声アテてるご本人はものすごく大変だったそうですが(←東映公式より)。
やっぱりすっごいノリノリなジーク@三木さんも楽しすぎです(笑)

おまけ?でついてきたコレにも超ウケた。
なんなんでしょ、このインパクト^_^;

ブートキャンプなモモv(違).bmp

posted by 蓮月 at 22:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 仮面ライダー電王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

しあわせ。

「おあがんなされよ〜」とか、「よいしょお!」とか。
佐平次さんの威勢のいい掛け声が、今だアタマの中をぐるぐる駆け回ってる感じ(笑)
というような、祭りの余韻から抜けきらない中。
DCさん公式の『居残りブログ〜』にて、新たに関さんが書き込みされた記事を拝読しまして。

………こんなふうに仰っていただけるなんてね。
ファンとしては、本当に有難く幸せなことですよね。

嬉しさ過ぎて、またもや感涙///



posted by 蓮月 at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

『居残り佐平次』千秋楽。

『居残り佐平次』.bmp

未だ興奮冷めやらず。
またしかしながら、祭りの後の一抹の寂しさをも味わっておりますよ…。
ドラマティック・カンパニー15周年記念公演、『居残り佐平次』。
本日千秋楽、しっかと観てまいりました☆

千秋楽ということで。演じている皆様方、ひときわハジケておられたような(笑)時にアドリブ?あり、時にお遊び的小技もあり。そして客席も大盛り上がり。ここぞという見せ場のたびに拍手が巻き起こり手拍子打ち鳴らし、花道を行く役者さんにむけて掛け声が乱れ飛び。
劇場全体がヒートアップ!したような、賑々しく華やかな千秋楽でございました。

そして千秋楽恒例、舞台挨拶。今年は15周年記念ということで、演出・水下きよしさんの音頭取りで舞台の上も下も一体になっての三本締め。そして中尾さん、関さん、堀本さんからのご挨拶があって。
その折にね。関さんが、今度の芝居は劇団とお客様が一緒になって創りあげたものだったように思う、というようなことを仰られて。
観ているこっちはただただ大いに笑って楽しませて戴いているだけだというのに、そんなトンデモナイなんて勿体無いお言葉を!と思いつつ。……やっぱり凄く嬉しくってね、ちょっと涙出ちゃいました///
こういうことを申し上げるのは大変僭越に過ぎるかとは思うのですが。
やはりね。今回の公演、興行面では大変な大博打だったんじゃないかな、と思うのですよ。昨年までと比べ倍以上のキャパを持つ大きな劇場での公演で、セットも大掛かりなものでしたし。
でも、それを見事大成功!(ですよね?きっと)に導いたのは、やはり言うまでもなく。広い劇場がちっとも広く思えないほど舞台狭しと駆け回り、賑やかに華やかに盛りだくさんのお芝居を魅せてくださったキャストの皆様方の熱演に他ならないと思うのです。少なくともワタシは、初日を観て「これは2回や3回観るくらいじゃ絶対飽き足らない!」と思いましたもの☆
そうして結果的には、初日から昨日までの夜公演を含め計5回の連日観劇と相成ったわけですが。それでも全然退屈しない、どころか毎回もう楽しくってわくわくして面白くって、舞台のあちこちいっぺんに観たくて目が泳いじゃってどーしましょ、ってなモンでしたよ^_^;
お芝居の感想詳しくあれこれは、また改めて書きたいなと思っていますが。
ともあれ、今はこれだけ。
ご出演の皆々様もスタッフの皆様方も、本当にお疲れ様でした!そして今年も楽しくココロ踊る素晴らしいお芝居を観せて頂き、ありがとうございました!
それから、関さんファンとして更に一言。
やっぱり、何度拝見しても。舞台の上の関さんは最っ高に素敵ですっぴかぴか(新しい)



さて、以下私信。
というような、テンション上げすぎて妙な按配になってるワタクシにわざわざお声かけてくださった皆様、ホントにありがとうございました〜嬉しかったです♪また次の機会にもぜひお目に掛かれればと思いますv



<余談>
劇場出たところで。今日はなんと、てらそままさきさんに遭遇!うわぁ〜!!電王イベントの時にも思ったことですけど、雑誌等で拝見していた以上にめっちゃカッコいい方ですわ☆
例によっての小心者ゆえ、お声掛けられなかったのが無念…キンタロス、男前ですごい素敵です!くらい言いたかったんですけどね。


posted by 蓮月 at 23:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

昨日も今日も明日も。

連日連夜。あ〜楽しくってシアワセだ〜♪
昨日も今日も。観てまいりました『居残り佐平次』。
何度見ても面白いです!そしていろんな点で卑怯です(笑)←いや、いい意味でね(^^ゞ
関さん中尾さんは勿論のこと。ご出演の皆様方ホントに素晴らしくって。
全公演終わったら感想upするつもりでしたが…う〜ん、マトモな感想書けるかどうか不安になってきた。
だって。面白いところも見どころも多すぎて、書いてるうちに絶対収集つかなくなるものー!

そんな楽しいお芝居も、早くも明日で千秋楽。ああもうこれで佐平次さんともお別れなのね〜名残惜しいなぁとしみじみ思いつつ。
心残りのないよう、明日もしっかり楽しんでまいりたいと思います☆



そうそう。
佐平次さんに夢中になるあまり、「ルビーくちづけ」公録の参加申し込みを忘れないよう気をつけなくっちゃ。締め切りが確か19日(月)消印有効、なんですよね。さて今回はどうしよう…毎度関さん&森久保さんへのメッセージですっごい悩むんですよ。う〜ん何を書いたらよいものか…。


posted by 蓮月 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

『居残り佐平次』2日目v

今日も観てまいりました♪ 『居残り佐平次』、2日目夜公演。
2回目ですからね、次はどうなっちゃうの〜なドキドキはナイ…はずなのですが。
でもやっぱり、一段とパワーアップしてオモシロイ!楽しい!!
随所で毎回変えてきているところもあるようだし。うん、これは何度観たって飽きませんね☆
それに今回は(個人的な話で恐縮なんですが)。
おそらく。関さんファン的にはこれ以上ない!というくらいなベストポジションでの観劇と相成りまして。
うわ〜近いよ〜ホントにすぐ目の前にオラレルよ〜〜〜///
と、動揺しまくりの内心を必死に押し隠しつつ。流れるような語り口とくるくると変わる多彩な表情を、至近距離でみっしり拝見させていただきましたvvvはうぁ〜シアワセです花道バンザイっ(笑)

ということで。明日もまた、わくわく気分更に盛り上げて3回目の観劇楽しんでまいりますっ♪


そういえば、今日は速水さんも劇場に来ておられましたね☆客席でお見かけいたしました。
なんてことを書いちゃってもいいもんかな?とか思ってたんですが(一応、プライベートな事ですからね)。速水さんがご自身の日記でもう既に観劇報告upされてました…早っ!(笑)
posted by 蓮月 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

『居残り佐平次』初日。

はい、観てまいりましたです〜♪
ドラマティック・カンパニー公演 『居残り佐平次〜次郎長恋の鞘当て〜』、本日初日☆

うっかりネタバレになってもいけませんし、全公演終わってからまた無駄に^_^;長い垂れ流し感想をupする予定でおりますので。とりあえずは一言だけ。

すっっっごい、楽しかったーーー!ぴかぴか(新しい)

まだ平日と土曜夜公演(15〜17日)のチケットは残席に余裕があるようです。もし観劇迷っておられる方がおられるなら、是非ぜひ!オススメしちゃいますですよ☆


それにしても。YouTubeCMにもあったあのコロコロ〜♪は、こういう風に使われるんだったんですな!なるほど〜(^^)




<おまけ>

花スタンド☆.bmp

"仮面ライダー電王スタッフキャスト一同"様から関さんへの花スタンド。
これも今年ならでは!ですね〜♪記念?に、写真撮っちゃいました^^ゞ


posted by 蓮月 at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

いよいよ!

明日14日、初日の幕が上がります。
ドラマティック・カンパニー15周年記念公演『居残り佐平次』!

優先予約で初日・中日・千秋楽は確保。更にご縁あって15日夜のチケットもお譲り頂けたので(有難うございました!←私信)、今年もひとまず4回は観られることになりました〜(^^)v
しかも明日初日は最前列、15・16日はともに花道かぶりつき!というありえないくらいの座席運。…これで今年の運はもうすべて使い果たしたとしても、悔いはございませんことよ☆
お休みもきっちり確保できたし(といってもなんやかやで昼間はサービス出勤する羽目になりそうだけど^_^;)、準備は万端。

そして、「居残りブログ」での関さんの書き込みを拝見して、ワクワク感さらにヒートアップ!花道とかすっぽんとか、前進座劇場ならではの演出も含め、とっても賑々しく盛りだくさんなお芝居になってそうですよね。
はるか昔(笑)の中学時代、古典落語に凝った時期がありまして(学校の図書館にあった「古典落語全集」を片っ端から読破してた)『居残り』噺も読んだ覚えがあるのですが。この『居残り佐平次』はそれを更にふくらませたお話になってるみたい。そこで関さん演じる佐平次がどんな活躍を見せて下さるのか、んんん〜楽しみっ♪
早くもなにやらドキドキvvvしつつ。まずは初日、しっかり堪能してまいりますっ☆彡




posted by 蓮月 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

『クリセニアン夢語り〜エル・デオの眠れる王に〜』。

またまた遅まきながら。ようやく聴けました…^_^;

 『クリセニアン夢語り〜エル・デオの眠れる王に〜』

<CAST> ※敬称略
フェザラード / 神谷浩史、 アンジュ / 宮田幸季、
フェラベリート / 関智一、 ジークラード / 関俊彦
リュキア / 桑島法子、 ミルデラータ / 沢城みゆき、ラニール / 寺島卓篤、
ラリッサ / 大浦冬華、 セリシア / 小野涼子、 セオ・ザネス / 千々和竜策、
吟遊詩人 / 石田彰、 エル・デオの皇子 / 平川大輔


例によって例の如く(笑)関俊彦さんご出演!ということで購入のドラマCD。
で、その関さん演じるジークラードですが。いたって簡潔に申し上げますなら。
いやもう、とっても素敵でした〜v 
柔らかで物静かな語り口、政務を弟に預け、若くして(多分ね)隠遁生活を送る王兄。でも決して心安らかな日々を送っているわけではなく、なにか辛く拭い去れない懊悩を抱え続けているのだろうな、ということが。過去の経緯が語られる前から、その口調や声のトーンからなんとなく感じとれてしまう。って凄いですよね!穏やかな話し振りなのに、時にふっと翳りが感じられる、ような。はっきりと言葉にしているわけでもなく、なのにどうしてこんな微妙なニュアンスが表現できちゃうんでしょか。そして胸中を吐露するときのかすれたようなトーンは、聴いていて切なく苦しくなるようで………ふわぁ///

さてさて。そんなジークさんの過去は、これからの展開にどうかかわってくるのか。原作未読なので詳しくはわかりませんが、これは壮大な物語のほんの序章、といったところのようですしね。蝶よ花よなファンタジーではない、シビアで波乱に満ちた壮大なヒロイック・ストーリー…かな。いささか大仰にも感じられるシナリオで、正直言って時に鼻白むようなトコもなきにしもあらずでしたが^_^;続きも大いに期待したいです☆彡

ご出演の他の方々も、実に豪華で聞き応えあり!でしたですしね♪
それにしても、またもや兄弟役ですね〜(笑)な、ジークさんの弟にして主人公・フェザン君の父君たるフェラベリート国王@関智一さん。王様ですが、変に重々しいのではなく、明朗でありながら落ち着いた聡明さが際立つ雰囲気。うん、素敵♪
主人公フェザラード王子@神谷さんは。……なんつったって、設定年齢13歳!ですからね。世継の王子として気負ってみせるも、素顔にはまだまだ無邪気なあどけなさを残している、といった感じがえらい可愛いかったー☆これまではもう少し年齢の高い青年ヴォイスしか聴いたコトがなかったんで、なにやら新鮮でごさいました。
もう一人の主役(であるらしい?)アンジュ@宮田幸季さんは…今のところ殆ど言葉を発しない役柄で息芝居ばかり、ってのも結構大変そうですね(^^ゞなんで、二役で演じられてたデュカールのが印象強いです。忠義に仕えるジークさんの従者、なれどその舌鋒はなかなかに辛辣な切れ者といった風情。こういうキャラ、好みですv
吟遊詩人@石田彰さんは。伝説を物語る重厚な語り口が、これから巻き起こる波乱を予感させるようで引き込まれますー。このメインの役どころたる吟遊詩人の出番が少なかった分、随所であれこれご活躍!というのも楽しめましたですね(笑)じいちゃん系から城の兵士?まで、いやいや幅広い〜。
エル・デオの皇子@平川さんは、まだまだ謎だらけ〜の役どころ。でも高貴な風格を感じさせる低めトーンが素敵☆
そうそう、本編後のキャストコメントも楽しかったです。桑島王妃サマ、モテモテですね〜♪石田吟遊詩人さん、間男はダメよ?(爆)

posted by 蓮月 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

『仮面ライダー電王』第40話。

うわぁぁぁ…この感激をどう表現すればよいものか。
新OPですよ!きましたよ!!
モモ@関俊彦さん、ウラ@遊佐浩二さん、キン@てらそままさきさん、リュウ@鈴村健一さん、
イマジンズ揃い踏みで歌う「Climax Jump DEN-LINER form」ですよっぴかぴか(新しい)
よし、イントロがいつもと違うっ!とガッツポーズ。歌いだしのユニゾンでうきゃぁvと絶叫。続くモモ@関さんのソロで心拍数さらに急上昇。いやぁぁ〜カッコいいっvvv
良ちゃん憑依イマジンズver.のクラジャンが出ると知った時点で、期待はしてましたけど。こんなに早く、ホントにOPで流れるなんて!
なんっかね、もうめちゃくちゃウレシイんですよ!!!
OPだけ、何度も何度もリピして聴いちゃいました♪あ〜早くフルサイズでも聴きたいなぁ…。


という局地的ハイテンションはそれとして。
本編のほうは、和んだり笑ったりホッとしたりやっぱりせつなく哀しかったり…まだまだ"未来は決まってない"という展開です。

『仮面ライダー電王』第40話、「チェンジ・イマジン・ワールド」



続きを読む
posted by 蓮月 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 仮面ライダー電王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

やっぱり^_^;part.2

これまた予想の範囲内ではあるんですが。やっぱり出ますよ…。


『仮面ライダー電王 COMPLETE CD-BOX(DVD付)』
 2008年1月16日発売、AVCA-26612 価格 8,400円(税込)

"大好評の中、惜しまれながらも2008年1月にシリーズ終了となる仮面ライダー電王。大ヒットを続け、数々の新記録を打ち立ててきた「仮面ライダー電王 音楽シリーズ」のまさに集大成とも言うべきコンプリートBOXの登場! 全4枚からなるこの商品はそれぞれ「Climax-DISC」 (Climax Jumpシリーズを中心に収録)、「Action-DISC」 (Double-Actionシリーズを中心に収録)、「Action-DISC2」 (Double-Actionシリーズ セリフVer.を中心に収録)、「BGM-DISC」 (劇中BGMを中心に収録)とし、良太郎やモモタロスたちの1年間にわたる物語を音楽で網羅。 仮面ライダー初! 「Climax Jump DEN-LINER from」のPVを収録したDVD付き。"


だそうで。
「Double-Action」は言うまでもなく。元祖?「Climax Jump」からサントラに至るまで電王関連CD既にもれなく購入(予約)済みの身としては。本来なら、これはもう買う必要ないね〜とスルーすべきトコなんでしょが。
なんすか、「Climax Jump DEN-LINER form」のPVってのは!むっちゃ気になるぢゃないですか!!!

と、文句たれてるようなフリをしつつも。実は結構楽しみ〜♪だったりして。これはもうね、いわば今期かぎりの「祭り」ですから!(って、自分で書いてて寂しくなってきちゃった…あと2ヶ月ちょっとでホントに終わっちゃうんだよなぁ…。)
大好きな役者さんがご出演の作品が、これだけ大々的なヒットを飛ばしてる!というだけでも実に嬉しい限り☆なわけで。もちろん、自分としてもこれほどにハマれる作品にはそうそう出会えるもんじゃないと思ってるし。つまりなんだ、祭りは最後まできっちり楽しまなくっちゃvってコトっすね。こうなりゃトコトンまで踊るだけですよ(^^)v
というわけで。まだ収録詳細は不明であるにもかかわらず。既にまたもや買う気満々でございます(^^ゞ



posted by 蓮月 at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダー電王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

やっぱり!part.1

「コミックREX」誌上での発表!と、峰倉センセのblogにて拝読しておりましたんで。
多分………だろうな〜と思ってたらやっぱりでした(ん?)。
『BUS GAMER』アニメ化!だそうですわ☆

 峰倉かずや 『BUS GAMER THE PILOT EDITION』

といっても。現時点で公表されてるのは"2008年TVアニメ放送決定"ということだけで、放映日や放送局とかはまだ一切不明なんですけどね。どうやら3話構成の単発スペシャル企画っぽい感じになる…みたい?詳細はおいおい、公式サイトで発表されていくんでしょね♪
メインキャスト3名様(敬称略)
美柴鴇 / 鈴村健一、 斎藤一雄 / 高橋広樹、 中条伸人 / 諏訪部順一
は、ドラマCDから変わらずということなんですが。
アニメオリジナルストーリーというのが、さてどう転ぶかな。シナリオは峰倉センセ監修ということなので、さほど心配はないかもですが。ただ、TV放映作ということでいろいろ制約もあるかと…ハンパにヌルくならないといいんですが。
ともあれ、楽しみなことに変わりはなし。続報に期待☆彡です。


posted by 蓮月 at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

またまた新作が!

これから年末にかけて。フトコロ具合がいっそう大変なコトになっちゃいそう…。
あー、つまり。新たな関俊彦さんご出演情報はっけ〜ん!と。

■ドラマCD『ひめやかな殉情』
<CAST> ※敬称略
小山 臣 / 神谷浩史、 秀島慈英 / 三木眞一郎、
三島慈彦 / 関俊彦、 秀島照映 / 風間勇刀
2007年12月28日発売、\5,000.- (ディスク2枚組)

詳細はコチラを→
久々に。まごうかたなき(?)BL系作品へのご出演、ですねー。正直、個人的にはBL系作品はちょっと苦手…と感じるコトが多いのですが。
てか、BLだからダメということではないです。BLだろうがノーマルカプだろうが、生々しくエロいのがいささか苦手なだけです。そこはかとなくエロいのは大好きです。←え?
でも、この作品については。
原作者様やドラマCD制作スタッフのブログ等を拝読するに。関さんが演じられる三島なるキャラは、ストーリー上重要なポイントとなる役どころのようで。しかもかなりクセがありそうな感じ?原作は読んだことがないので断言はできませんが。なんといいますか、さじ加減の微妙な表現が必要とされる役なんじゃないかなぁという気がして…。あくまで推測ですけどね、うん、かなり楽しみになってきちゃいましたですよ♪
ちなみに、原作はコチラ。

 崎谷はるひ『ひめやかな殉情』(幻冬舎ルチル文庫)







posted by 蓮月 at 01:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑談系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

『DOGS BULLETS&CARNAGE』。

届いてからどんだけ放置してたんだ…(汗)ようやく聴きました。

 ドラマCD 『DOGS BULLETS&CARNAGE』

<CAST> ※ 敬称略
ハイネ / 櫻井孝宏、 バドー / 石田彰、 直刀 / 伊藤静、 ミハイ / 大塚明夫、
ニル / 能登麻美子、 牧師 / 関俊彦、 キリ / 大原さやか、 ミミ / 白石涼子、
イアン / 遊佐浩二、 ミレーナ / 松谷彼哉、 ボルドゥネ / 西村知道、
男(直刀と曲刀の師) / 小山力也、 メルヴィン / 中井和哉、
ジョバンニ / 中原茂、 曲刀 / 草尾毅、 リリィ / 佐藤利奈、他


例によって関俊彦さんご出演〜vということで購入。原作はこちらのコミックだそうです…読んだことないですけど(^^ゞ



で。
関さん演じる牧師さん。まったり柔らかなトーンの中に、とらえどころなく一癖も二癖もありげな感を漂わせ。てなトコロがすっごく素敵ですっvvv可愛い女の子にフリフリなお洋服着せて大喜び〜なハイテンションっぷりとかは、「ひぐらし」のイリーさんを思い出しちゃったりもしましたけどね(笑)
出番はそれほど多くはないものの(Track5-6のみ)。
穏やかな物腰で、おそらくは多くを知りながらもなお、ただ"見守る"ことに徹する者。
とゆーよーな役どころ(と推測)は、ワタクシたいっへんに好みvなトコロでございまして。うねるような抑揚やほわんとした響き、雰囲気たっぷりな言い回し。ふわぁ〜///っと堪能させていただきました☆


原作未読ゆえ、世界観とか設定とか把握しきれない感もありつつ。ショートエピソードを連ねたオムニバス構成になっているので、まるきりついて行けない〜というコトはなかったです。原作の絵柄とサブタイトル(直訳すれば"銃弾と虐殺")から察するに、からっからに乾いてとんがった話なんだろーなーなんて想像してたんですが。いやいや、思ったよりはウエットな感じでしたね…まあ、殺伐としてるのも確かですけど(^^ゞ
個人的には。お人よしで不器用な優しい殺し屋@大塚明夫さんと情緒のみ発育不全の大きなお子様@遊佐浩二さんのエピソードとか、哀しくてせつない話なんだけど好きですね。
"男は黙って…"的なキャラの小山力也さんは、抑えた渋さが素敵☆だったし。草尾毅さんの、本心隠したキレキャラっぷりもヤバそげ感満載でゾクッとくるものがあったし。中井和哉さんの徹頭徹尾トコトンな悪役っぷりもすごいインパクトでした。
ハイネ@櫻井孝宏さんの、クールになりきれないぎこちなさ具合、なんだか可愛いくってイイですね☆一応、このハイネが主役、ってことになるのかな。
しかしながら、ドラマCDで一番出番が多かったのは…ダントツでバドー@石田彰さんなのではないかと(^^ゞしかも、超へタレキャラ!ワタクシ的には、石田さんのここまでへタレな役どころってこれまであまり聴いたことがなかったんで、新鮮で面白かったです。ヤニ切れしたときのぶっコワレぶりもナイス(笑)
というような感じで。
関さんのみならず。他、豪華キャスト多数ご出演!ゆえの聴き応えは充分。微妙に話は把握しきれずとも^_^;多彩多芸な"声の芝居"を楽しめる一作でございました♪


posted by 蓮月 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

最リロ全プレ小冊子。

COMIC ZERO-SUMな封筒が届きまして。一瞬あれ、何だろ?とか思っちゃったんですが(^^ゞ
コレでしたー♪

最遊記全プレ小冊子.bmp

『最遊記RELOAD』全員プレゼント小冊子。
…これは、もう。単に小冊子というより、ミニ画集と呼んでも差し支えないんぢゃなかろかと。
すべて描き下ろしのカラーイラスト、中にはSSが添えられているものもあって。こういうのを目にすると、峰倉センセの、単に漫画家というにとどまらない"モノ書き"たる力量の凄さを改めて思い知らされる感じがしますわ…。
三蔵一行はもとより、へイゼル&ガトコンビからちょっと懐かしい(といっていいかどうか微妙?)キャラまで。どれもタメイキでるほど素敵です〜。そんな美麗イラストや、隠されたサイドストーリーといっても差し支えないようなSSにふわぁ〜と浸りつつも。個人的にツボだったのは、そういう"素敵"さとはまたちょっと違った?テイストの一品だったりして(^^ゞ
いや、だってねぇ。
三蔵サマ桃太郎なんだもの〜vvv
トコロで、甚だしく勝手な余談なんですけど。
峰倉センセって、電王は観ておられないのでしょかね…三蔵サマも美柴も出てるんだけどなー。←違

ツボり方がちょっくら間違ってるような気がしなくもないですが、まあそこはそれ(?)。
ともあれ。最遊記スキーにとってはお宝モンの逸品ですよ〜☆付録の「キャラクターデータペーパー」もとっても楽しいですしね♪


posted by 蓮月 at 01:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

どうしてこんなにもココロが和んでしまうのか。

って、つまりですね。
DCさん公式の"居残りブログ〜"に、再び関さんの書き込みがありましたの♪
っていう話ですわ。
なんでかって理由を尋ねられると困っちゃうんですが。どういうわけか。
関さんご本人のこういった書き込みを拝読するたび、ほわんと気持ちが和んでしまうのですよね☆
その後の江口さんの書き込み拝見して、早速携帯から記事タイトルをちぇっくチェック♪……なるほど納得。うふふ〜(^^)と更に和んだ気分になっちゃいました///


もう、あと10日足らずで。『居残り佐平次』初日の幕が上がるのですよね!そう考えると、早くもドキドキしてきちゃいますv
↑毎度のコトながら。ワタシが緊張するスジぢゃないだろっ、と自分でツッコミいれてみる。
立ち回り場面の多いお芝居なんだそうで、それもまたワクワク楽しみ〜♪でも演じる皆様方は一層大変ですよね…。
僭越ながら。大きな怪我などされないよう、くれぐれもお気をつけて頂ければなぁと祈るばかりでございます。


posted by 蓮月 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

期待もクライマックスだぜ☆

今週は、電王の放映がお休み…ん〜なんだか物足りないなぁ。
ということで、録画してある先月放映分をまたまた(既に何度もリピしてるけど・笑)見たり、先日購入のコレを改めてながめてみたり。

東映ヒーローMAX vol.23 東映ヒーローMAX vol.23

モモタロス@関俊彦さん&デネブ@大塚芳忠さんの対談、もうね〜楽しすぎ!!何度読んでも可笑しいですわ。でもって、写真がまたイイですもの〜v満面笑顔なコーナー扉ページの2ショットにもほんわり和みましたが。丸々1ページ、ピンのバストショットがこれまたすっごい素敵でvvvこの対談記事だけでももう大満足です♪
リュウタロス@鈴村健一さんのインタビュー記事も、実に興味深かったですし。良ちゃん@佐藤クンとコハナ@松元環季ちゃんの対談もオモシロ可愛いかったし。侑斗@中村クンも、カイ@石黒英雄クンも。みんな若いのにすごいよね〜頑張ってるよね!と。ダメ大人としては(汗)しみじみ感心&尊敬させられてしまいますわ…。
それだけにね。
とりわけ、佐藤クンは。ここまでずっと、全力疾走のマラソンを続けてきた…ようなものだったんじゃないかと思いますし。
今暫しは、無理せず出来る限りしっかり体を休めて頂きたいなぁ。
と、そんな風に願うばかりです。


ともあれ。まずは来週の40話が待ち遠しい!
うわわ〜いったいどうなっちゃうのっ!?なストーリー展開が気になるのはモチロンのこと。メルマガ&テレ朝公式によれば、来週からオープニングが変わるらしい、ですよ。
てことは。もしかして。よもや。
アレが、早くも聴けちゃったりするんでしょか!?しかも、ちゃんとオープニングでっ!!!?
もしかしたらとんだ見当ハズレな推測かも知れませんけど(^^ゞとにもかくにも、うきゃぁぁぁ〜な期待もクライマックスっ☆彡次の日曜を心待ちにしたいと思いまっすv

posted by 蓮月 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダー電王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

『EVEN A WORM VOL.05』。

先日の記事で、ファンにあるまじき大間違いをしちゃいました…(汗)
"EVEN A WORM"というくくりのエピソードは、まだ続いてるんですよね〜「オアシス編」はあくまでその中のひとつの大きな山場、なんですよね。
と、関さんの収録後コメントを聴いてようやく気付きました…あははははー^_^; ←笑ってごまかしてみた
てな感じで?改めまして。
ドラマCD『最遊記RELOAD EVEN A WORM VOL.05』のお話。


今回のエピソード。三蔵サマ@関俊彦さんの出番…というか、台詞量としては、決して多いとは言えないワケなんですが。とりわけストーリーが佳境に入ってからは、短く端的な言葉のひとつひとつに深く重い意味が込められていて。活字だけでも強く印象付けられたそれらの言葉が、三蔵サマ=関さんの声で紡がれ表現されることで、一層ずしりとした手ごたえをもって沁み込んでくる、ような。そんな風に感じられましたです。揺ぎ無く深い言葉の響きに、思わずふはぁぁぁ、とタメイキ///

ZERO-SUM誌上通販恒例、毎度嬉しい原作に忠実な構成。ゆえにコミックスを目で追いながら聴くと、表情や構図で雄弁に語らせる"画の力"が、臨場感溢れる"音のドラマ"でより増幅されてくようで。
「僕らのいるべき場所ではない」という石田さん八戒のやるせない響きも。
「見る目ありすぎよ」という平田さん悟浄の哀しいほどの優しさも。
「俺が行きたいから行くんだ」と、保志さん悟空の悲しみを越えてなおまっすぐな強さも。
それぞれに、ずしりと響いてくるみたいでした。
今回も、集中しすぎて聴き終えたら体がこわばっちゃってた^_^;くらいのイキオイで。様々に重いテーマを孕んだ物語、どっぷりと浸らせて頂きましたです。

そんな大きな転換点を越えて。レギュラーキャストの方々もコメントで口にしておられましたけど、やっぱりね。4人は揃って「三蔵一行」でいてくれなくっちゃ、ですよね☆彡
"いるべき場所"に戻ってきた彼らを、また早く声のドラマで聴きたいです〜♪まあもっとも。原作でもまだ再集合できてない状況ですし、そのお楽しみはまだちょっと先のコトになりそうですが…ね^_^;


posted by 蓮月 at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。