2008年10月31日

いよいよ初日!

来月からCS・アニマックスで『戦闘メカ ザブングル』が放映されるんですよね♪これリアルタイムで観てましてね、かなり好きだったんです。
(全然関係ないけど、この作品に由来するコンビ名を持つお笑い芸人さんがいることもつい最近知りました。しかしなんでまた?ってネーミングだなぁ。)
ハードSFとしても通用しそうな世界設定と、それに反した登場人物たちのはっちゃけっぷり!というアンバランスさが妙に面白かったんですよね。懐かしみつつ、実に久々に、改めて見てみようかなと思っとります。
でもって、関係なさそである話。
TARAKOさんといえば、おそらく殆どの方が即座にちびまる子ちゃんを連想すると思うのですが。ワタシは真っ先にこの『ザブングル』に登場するキャラクター・チルちゃんを思い浮かべてしまうんですな。サブマシンガンをぶっ放しまくる8歳の、でもやけに精神年齢は高そうな(笑)女の子。お気に入りでした〜♪加えて、当時キャストクレジットを見てて初めて目にした"TARAKO"っていう芸名にすごいインパクトがあって。いまだ印象に残ってるんですね…それがもう4半世紀以上前の話ですよ、やれやれ。

ともあれ。そのTARAKOさんが作・演出を手がけられるのかと思うと、なにやら一層感慨深く。
今年のドラマティック・カンパニー本公演『birthday〜2008〜』、いよいよ明日が…というか、日付変わっちゃったから(^^ゞ今日がいよいよ初日です!
久々の現代劇、久々のストレートプレイ、そして初の女性演出家さん!ということで。いったいどんなお芝居になるんでしょvvv
先日メンバーの皆様がFM調布の番組にゲスト出演された折のお話からも、ハートフルでとても素敵な作品になっているのだろうなぁという感じはひしひしと。
(公開生放送、サテライトスタジオ前でしっかと拝聴してまいりました!…目立たないトコからこっそり応援、のつもりで行ったのになぜか収録ブース至近に陣取る結果となってしまいまして^^;でもスタジオの中から皆様に手を振っていただけて嬉しかったです♪)
そして、先日こちらの雑誌に掲載された対談からも。

 Pick-up Voice 2008年12月号

皆様とっても和気藹々vな感じで。こんな皆様方が互いに信頼と尊敬の念をもって、またそれぞれの情熱を込めて芝居作りをされてるわけで。…なんだかね、憧れてしまうなぁって。


関さんのファンになって、それをきっかけに観にいくようになったDCさんのお芝居ですが。今ではその本公演が、年に1度の最大のお楽しみ!になってるような気がします。
ましてや今年はTARAKOさんによるこの公演のための書き下ろし脚本!なわけで。いっそう期待も高まるばかりでございます☆あ〜なんか早くもドキドキしてきちゃいました///
…って、ワタシが緊張するすじあいぢゃないでしょーってのもまあ例年のコトではあるのですが(^^ゞ
ともあれまずは初日の公演、しっかと楽しんで参ります(^^)



posted by 蓮月 at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

待ち焦がれていたものが。

届きましたー!

星コミ・POP Caramel 
星空のコミックガーデン キャラクターCD Vol.1 POP Caramel
服部響&カスティス恭一(CV.関俊彦、柿原徹也)


まだ1度しか聴いてないので、とりあえず簡単に。
響クン@関さんのソロ曲は。
………うぎゃぁぁぁ、可愛いっvvv
でもって、いやぁぁぁこっ恥ずかしぃぃぃ〜つか、照れますわ///
関さんのこういう感じのヴォーカルって、もしかしてすごく久しぶり?な気がしましたです。乙女ゲーのキャラソンならではかも♪
柿原さんも、歌をなんなく見事にこなされる方なんですねぇ!今回初めて聴きましたが、ちょっとビックリでした。
なので、響クン&恭一クンのデュエット曲もすごく良かった!!アルバムタイトル通り、POPでキモチが浮き立つよなhappy気分になれちゃう、ステキな曲で☆
ミニドラマはまだ聴けてないんでそれも含め、しばしリピリピでじっくり聴き込んでしっかり堪能したいと思います(^^)



posted by 蓮月 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

オレンジ色なカボチャの季節。

そこここでオレンジ色したかぼちゃランタンのモチーフを目にする、そんな季節になってまいりました。
いつの間にやらすっかり日本にも定着した感がありますですね、ハロウィン。ワタシが子供の時分には洋画とか海外ドラマとか、あるいはスヌーピーの漫画とか、そんなところでしか目にすることはなかったものですが。 ←恒例年バレ発言

とにもかくにも、ハロウィンです。
ハロウィンの季節となれば、やはりこれを観なくては♪

 ホーカス ポーカス


…てゆーか、このネタ前にもblogに書いたような気がする(汗)まあでも、いわば年中行事の1種と捉えていただければ(^^ゞ
アメリカの田舎町で、ハロウィンの晩に蘇った3人の魔女たちが引き起こす大騒動を描いたコミカル・ホラー・ファンタジー…ですが、ワタクシ的に何が一番楽しみで繰り返し観てるかといえばそれはもちろん。
可愛い黒にゃんこが関俊彦さんヴォイスで喋ってくれるvvv
という、とんでもなくツボな日本語吹替版ゆえのことでございますわ♪
魔女の呪いで黒猫にされ、300年もの時を生き続けてきた少年・サッカリー。復活した魔女たちを倒すべく黒猫の姿で現代っ子の主人公クン達を導き手助けする、その勇敢さとまっすぐな意志の強さを感じさせる関さんの少年ヴォイスがね、とっても凛々しくてカッコよくって///でも見た目は可愛い黒にゃんこーーー!なわけで。ん〜たまらん。
そんでもって、別れと再会が交錯するラストシーンは何度見てもついうるうる感動してしまいます〜。少年の姿に戻ったサッカリー@関さんの、"二人の妹"それぞれに話しかけるその口調の柔らかに優しいことときたら!!
とはいえ、基本的にはコメディタッチの冒険ファンタジーといったほうが良い作品。なにより気軽に楽しく観られるのがイイですね♪

ちなみに、今年はレイちゃんと一緒のDVD鑑賞。といっても、彼女はさしてモニタの映像には興味を示さないんですが。ただスピーカーから猫の鳴き声が聴こえてきたときだけ、ぴくっとしてあたりをきょろきょろ見回すのが面白かったです。やっぱり同族の声にはちゃんと反応するみたいですな(^^)


posted by 蓮月 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

ホントにでた。

確かに、先日(10/22付)こう書きましたけど。ホントに出ちゃいましたよ。

モモタロス抱き枕カバー

………とりあえず、東映さんの暴走英断に敬意を表して購入決定(笑)
これまでは基本ポリシー?として、ヴォイス付モノを除きグッズ系にはなるたけ手を出さないようにしてたんですがね(てか、そうしないとお金がいくらあっても足らないし・汗)。
でも。『電王』という作品と、ひいては『モモタロス』については、どうにもこうにも別格って気になっちゃってるんですわ(^^ゞ
こうなりゃトコトンまで、いくぜいくぜいくぜぇーーー!!! ←壊れた


あと。
昨日の放映を見て、コレは絶対出るな!と思った753Tシャツがやっぱりの商品化でついつい爆笑^^;
posted by 蓮月 at 23:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 仮面ライダー電王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

「神父と悪魔〜煉獄の大悪魔〜」

発売日から半月以上寝かせてしまった(^^ゞドラマCD、お次はコチラ♪


 ドラマCD 「神父と悪魔〜煉獄の大悪魔〜」

<CAST> ※ 敬称略
ヴェドリック・ヴェスター / 宮野真守
アンシャール・アンドゥリィル・アレグリオス 男ver. / 関俊彦
アンシャール・アンドゥリィル・アレグリオス 女ver. / 小清水亜美
オフィエル / 平川大輔
デニス / 石田彰
サーシャ / 速水奨
机の男 / 千葉進歩
宵の明星 / 森川智之



お気に入りvのシリーズ「神父と悪魔」、ドラマCDもこれで早くも第4弾。今回も大満足☆のオモシロさでした。



続きを読む
posted by 蓮月 at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

とりあえず笑っちゃいました。

『電王』っていうのは、いろんな意味で規格外なライダー作品だったんだなぁ。というコトは、今更言うまでもないかとは思うんですが。
………東映さんも、いろんな意味でふっきれてしまったのかもしれない。

と。
ヒーローネット通販オリジナルの、この新商品を目にしてしみじみ思いましたことよ。

ウラタロス抱き枕カバー

やっぱこーゆー商品はウラちゃんモチーフでなきゃ♪なんですな。
インパクトありすぎで、とりあえず爆笑…しつつも。
コレのモモちゃんver.があったら絶対買っちゃうよ!
と思ってしまう自分も、つまるところ同病相哀れんだほうが良い立場なわけでございますわね(^^ゞ


posted by 蓮月 at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 仮面ライダー電王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

「JADE」。

先日土曜日は久々に何も予定の入ってないお休みで。午前中は急遽お出かけと相成ったものの、午後にはノンビリ部屋の中を片付けたり掃除機かけたりできました♪…昼間の光の下でみたら、そこら中レイちゃんの毛だらけですごいコトになってましたわ(汗)
で、先月末に発売になってたドラマCDsも、今頃ようやく落ち着いて聴くことができましたです。


 ドラマCD 「JADE」

<CAST> ※ 敬称略
フランツ / 保志総一朗、 翡翠 / 水島大宙、 エリーゼ / 高橋美佳子、
アルフォンス / 遊佐浩二、 瑠璃 / 斎賀みつき、 紅 / 渡辺明乃、
ブロイル / 関俊彦、 他

ということで、まずはコレ。原作は未読なんですが、意外と(なんていったら失礼だけど・汗)面白かったです。少年と美しい人形との交流を描く…なんてシチュエーションにもかかわらず無駄にお耽美には走らず、ある意味ストレートな友情物語になってるトコが個人的に◎。
そしてこちらは予想通り(笑)関さん演じるブロイルは…


※ 以下ちょろっとネタバレにつき一応隠します。




続きを読む
posted by 蓮月 at 23:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

可愛くクールv

またまた某ファンサイト様のおかげで見逃さずに済みました〜大感謝☆彡
本日放送(テレビ東京)の『ケロロ軍曹』第234話、後半の「ケロロ ハウトゥー本で侵略 であります」に。
ウレレ@関俊彦さん、今再びのご登場っ♪
といっても、ウレレ・著な"侵略ハウツー本"の立体映像?としてのご登場でしたが。でも結構たくさん喋ってくれて嬉しかったですv
ウレレくんの喋り方って、ちょっと他にない独特な感じですよね。高めのトーンで、そう、可愛くクールvとでも申しましょうか。ん〜なんだかやっぱりすごく好き☆☆☆
それと、前半のエピソードでも。ウレレくんは関係なかったけど、冒頭でケロロくんが見てたドキュメンタリー番組?のナレーションも関さんでしたよねvちょこっとだけでしたが、コチラでも関さんヴォイスが聴けて得した気分♪
にしても、ウレレくんも思えばこれで3度目のご登場。こうなったらもう、この先準レギュラーくらいになってくれたら更にウレシイんだけどな〜って無理?(^^ゞ

ところで、ちょっくら余談ぽい話ですが。ウレレくん設計の「侵略最終兵器」が…まんまイデ*ンでめっさ笑いました。ケロロくんもちゃんとコ*モ風スタイルで赤いアフロになってるしね(爆)
こーんな懐かしネタまでガンガン出してきてくれるトコも好きだなぁ、この番組。

posted by 蓮月 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

最高に楽しかった話。

あああ、またしてもずるずると更新サボってしまひました…(滝汗)
電王尽くしの週末を経て。まだなんだかぼぉっとしておりつつ、遊びたおした週末のツケを払っている日々でございます(^^ゞ

イマジンクライマックス!

つーコトで行ってまいりました、12日(日)に開催されました電王最後?の大イベント
「さらばイマジン!日本全国クライマックスだぜ〜!!」。
………もうもうもう。
あれこれてんこ盛りですっっっごいめっちゃめちゃ楽しかったーーー!
て、芸のない表現しかできなくてお恥ずかしい限りですが(汗)あの場にいられたのはこの上ない幸せだったとしみじみ思います。改めまして大感謝です!<私信
既にDVD化も決定しておりますし、いろんなblog様で素晴らしいレポを上げてくださってるので詳細はそちらを見ていただくとして(って丸投げかい)。

・タイトル通りのイマジン祭り!…というか、むしろスーツアクターさん祭り!!というべきか?トークに素面芝居に生アクション!めったに見られぬものをたっぷり拝見させて戴けて大感激vvv
進行役も合わせて大活躍☆のおぐらさん。どっしりキンちゃんベテランの貫禄!な次郎さん。かなりいっぱいいっぱいだったような…(笑)でも決めるトコはきっちり決めてくださいましたv永徳さん。芝居っ気も茶目っ気もたっぷり♪ノリノリな永瀬さん。客席からのコールにも逐一応えちゃう律義なお人柄も素敵な伊藤さん。立ち姿だけでもがっつり絵になる!横山さんに、めちゃくちゃ緊張しまくりな初々しさが可愛いかったv金田Jr.。
高岩さん&横山さんの立ち回りアクションはすっごい迫力でございましたし。そしてそして。なんつっても、リアルタイムフォームチェンジ!!!by高岩さん。アギトからキバにいたるまで、演じられた歴代ライダーのポーズを次々と決めてくださいまして、これがもうカッコいいのなんの!最後には究極のクライマックスフォーム・生!!!とんでもなくスゴくて貴重なものを見せていただきました〜〜〜…ご本人はそりゃもうめちゃめちゃ大変そうでしたけど(汗)
・関さんをはじめヴォイスキャストの皆様方が思ったより登場されなかったのはちょっと残念でしたが。でもね、皆様ホントに楽しそうで☆フィナーレのクラジャンliveでモモちゃんと肩を並べて満面の笑顔vな関さんとか、拝見してるだけでウレシクなっちゃいましたv
それと、これは書いておかなくちゃ!公式読本のインタビューでもちょっと触れられてましたが、11月に発売になる『イマジンあにめ2』。1BOX12話ダブりなし、という構成になったのは関さんからの強い要望があったからなのだそうで。改めて誠実なお人柄が垣間見えたようなv1篇だけ先行公開された、関さん脚本によるリュウタくんメインのストーリーは可愛くほのぼの〜でとっても素敵なお話でした。
・個人的に初・生コハナ@松元環季ちゃん。ちっちゃい〜可愛い〜〜vvvでもコハナな時はちゃんと上から目線(笑)←by高岩さん
ちっちゃくてもちゃんと役者さんなんですよね。すごいなぁ。
・よもやのサプライズゲスト!良ちゃん@佐藤健さん途中参加。たぶんムチャクチャお忙しいと思われるのに、スケジュール調整して駆けつけてくださったその心意気が嬉しいっすvそして久々に再会…と思われるイマジン声優さん方に褒め倒されてました(^^)当初からその若さにもかかわらず随分としっかりした方だなぁとは思ってましたけど、あっという間にある種の貫禄というか、関さん曰く"オーラ"まで身に付けちゃっておられますもんね。…つくづくタダモノぢゃないです。
・モモ&キン&リュウ、そして(声だけ)デネブさんのイマジン寸劇コーナー。姿の見えなかったウラちゃんは…ロッドフォーム(もちろん遊佐さんヴォイス付)で各地の劇場に登場してたんだそうですね!てらそまさんin長岡からのリアルタイム電話もだけど、なるほど生中継イベントならではの仕掛けってそーゆーコトだったんだ〜と、納得でした。

他にも、メイキングがすんごい面白かったー!とか。これゼッタイDVDに入れて欲しいっ☆
コーナー合い間ごとにあった、イマジン独り語りも面白かったりじんわりだったりそれぞれに素晴らしかったです!とか。         
キャストトークのバックで第1話のラッシュフィルムなんて貴重なものを観られたりとか。
書きれないくらい盛りだくさんで、かついろいろぶっちゃけ感のあるイベントでしたが(笑)…裏を返せばそれは、しっかり『電王』という作品をわかっていて、なにより『電王』を愛してやまないファンのための、最高のイベントだったなぁとも思えるわけで。
うん、上手くまとまらなくなっちゃったけど。(一応?)最後の最後まで、最高に楽しくってわくわくなひとときを過ごさせてもらえてホントのホントにありがとうございました大感謝〜!ってな気持ちでいっぱいでございますですよ。

というようなことで。
レポにもなってない個人的なツブヤキどまりで失礼しました〜でもなんか書いておかないと先に進めないような気になっちゃいましてね(^^ゞ
イベントは終わっちゃったけど、『さらば〜』の上映はまだまだ続いてるわけですし。さて次はいつ観にいこうかなっ♪
…既に3回観てるにもかかわらず、手元には未だ前売り券が2枚残ってるとはこれいかに(笑)

posted by 蓮月 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(1) | 仮面ライダー電王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

わくわくっvそしてある発見。

明日はいよいよ。
電王最後?のスペシャルイベント、
「さらばイマジン!日本全国クライマックスだぜ〜!!」
開催でございますね♪
案の定、自力でのチケット入手はなりませんでしたが(>_<)またしても有難いご厚意を賜りまして。
なんと、人見で観られることになりましたーーー!ホントにホントに大感謝です!!!<私信
そしてそして。
先ほど東映公式を覗いてまいりましたトコロ。今回のこのイベント、各地の劇場へも衛星生中継というトンデモ企画を踏まえて、なにやらいろいろ大仕掛けが用意されてるらしいのですよ。
ますますもってわくわく倍増!た〜の〜し〜み〜だ〜〜☆

そんな按配で。
TVシリーズ本編放送終了から半年以上もたって、世間的?にもまだまだクライマックスなこの盛り上がりっぷり!
そして個人的にも予想をはるかに超えてハマりまくってしまった、『仮面ライダー電王』。
さて、話は全然違いますが。
特撮つながり?で今年の春からスタートした『ケータイ捜査官7』も、なにげにずっと見てます。あんまり出てこないけど、丁寧語キャラなサードがお気に入りv
ちなみにこんなヴォイスキャストだったりするわけで。
フォンブレイバー7:河本邦弘さん
フォンブレイバー3:川島得愛さん
フォンブレイバー01:坪井智浩さん
…なんでしょうこの81プロデュース絶賛協賛中!みたいなキャスティングは(笑)
さらに。
地上波本放映は既に終了しちゃった作品の話でなんなんですけど。
アニメ『夏目友人帳』も見てました。
原作は未読なんですが、毎回うるうる感動〜(;_;)しておりましたです。そんでもって、にゃんこ先生最高v

さて、この3作品に共通することがひとつ。それは何かといいますと。
ヒトと、ヒトならざるものとの友誼譚。
イマジンであれケータイであれアヤカシであれ(笑)彼らとヒトと、異なる者同士が結ぶ絆の物語ってトコロがね。
…そっか〜ソレだったんだ!と、自分で自分の新たなツボポイントを発見した気分になったので思わずここで発表してみました。
はい、くだらなくってスミマセン(^^ゞ


更に関係ないオマケ。
あんにゅい?
あんにゅいレイちゃんv …つか、眠いだけ?(笑)

posted by 蓮月 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

いろいろぐだぐだの現況。

というか。推定年齢4ヶ月になりました、レイちゃんの近況。

画面の中を動きまわるカーソルに興味津々、
伸び上がってモニタにぺとぺと足あとつけまくり(^^ゞ
ガン見。
とか。
よっこいせと登ってきてまで、
なぜわざわざキーボードの上で毛づくろいをせにゃならんのか(-"-)
寛ぎすぎ。
とか。

で。抱っこして床に下ろすと怒って…というより構ってよ〜というニュアンスで、腕に飛びついてきてがぶがぶ噛みつき攻撃(かーなーり痛い)。
にゃんことの同居生活初心者なワタクシとしては、どうしたらよいものやら途方にくれるばかりでございます。
まあ、とかなんとか言いながらも。つまるところは可愛いくてしょうがないわけで(笑)膝の上で寝こけちゃったりしてくれると、起こすのがかわいそうでとりあえず自分がそのままフリーズしちゃう、くらいに可愛いvvv
聞くところによると、成長して大人ネコになっちゃえばそんなにじゃれ付いたり構って〜攻撃をしてくることも無くなるらしい。
ならば、子猫のうちくらいはね、できるだけちゃんと相手して遊んであげたいなぁと思うぢゃないですか。とはいえ昼間は殆ど留守にしてるし、ここしばらくは休日も出掛けてばっかなんで、ちょっと後ろめたいような気分もアリでして^^;

てな状況下にあって、blog更新もなかなかにままなりませぬ。というか、先月末に届いたドラマCDsとかも全然聴けてないし〜(汗)
でも折角ここまで続けてきたblogですからね、ここで放り出しちゃうのもちょっとなぁ…という気がするし。
短時間なら、レイちゃんもおもちゃのネズミさんやらボールやらで勝手に一人で遊んでてくれるんで。しばらくの間は簡易ver.(て何?)で、可能な限りこまめにかつちまちまと更新していければいいなぁと思います☆
…つまり、『さら電』初日舞台挨拶のレポはスルーでスミマセンという話でした。←コラ

posted by 蓮月 at 23:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

泣けるでぇ!なFINAL。

あああ、またとんでもなく間が空いてしまいますた(滝汗)なんかもういろいろぐだぐだでしてスミマセン。←意味不明
無駄にナイ脳みそ絞ってこねくりまわした長文書こうとするからイカンのね。てか、当面はそーゆーのもう無理っす(-"-)
という理由は後回しにしまして、とりあえず遅すぎ…ながらこの話題。


仮面ライダー電王 / いーじゃん!いーじゃん!スゲーじゃん!?


聴きましたです。きっと多分これで本当に最後…(涙)の電王音楽CD。

ポップなノリの良さは変わらず。なのに、ああオーラス大円団だなぁと感じさせるwords&アレンジが心憎いっす、
Climax Jump the Final / AAA DEN−O form
ワイルドな歌い回しもびぃんと響く低音もカッコよくってオトコマエすぎで、クラっときちゃう///ホドで。あーやっぱりモモちゃん大好きだー!!!←どさくさで告白
Climax Jump Sword form モモタロス CV.関俊彦さん
軽妙洒脱に、かつほんのりエロく(笑)一筋縄でいかないひねりの利かせかたがね、ん〜ウラちゃんだなぁvって感じかも、
Climax Jump Rod form / ウラタロス CV.遊佐浩二さん
潔すぎるほどストレートにド演歌!漢だぜキンちゃん!!いやもう実に気持ち良さそうに歌っておられますねぇ。てゆーか必要以上に上手すぎです(笑)
Climax Jump Ax form / キンタロス CV.てらそままさきさん
可愛いくカッコよく。"これがラスト"の寂しさもHIPHOPのリズムで軽やかにかわしてく、みたいに。すみずみまでリュウタくんらしさ満載♪
Climax Jump Gun form / リュウタロス CV.鈴村健一さん

そして、どの曲にも共通して言えることは。最後を飾るにふさわしい、TVシリーズの「時間」を経てきたからこその彼らの曲になってるなぁと。特にCメロのトコなんてもうね!一言でいうなら、まさに泣けるでぇ!ってなモンで。ホントしみじみ感無量。
PVもまたまたカッコよかったですし☆…一部ある意味強烈すぎて笑っちゃったものもなくはなかったですけど(^^ゞあと忘れちゃいけない、メイキング?映像のバックに流れる
Climax Jump Piano form。綺麗で繊細な響きにまたもしみじみじんわり、でした。
歌っておられるヴォイスキャストの皆様方がスゴイのは勿論。フォームチェンジを重ねてなお、毎度毎度こうそれぞれのキャラ"らしい"楽曲を聴かせてくださる作詞家さん&アレンジャーさんにも脱帽!ですね。
どこまでもファンの期待を裏切らない電王ワールド。この最後のCDもまた、最っ高でした〜☆☆☆

posted by 蓮月 at 22:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 仮面ライダー電王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。