2010年09月25日

花帰葬、はじめました。

PSPで『ポポローグ』、ひとまずエンディングまでたどり着きました。ふは〜。
ラスボス戦でうっかり王子様を戦闘不能にしちゃって(汗)けれど間髪置かずにロビンさんが「フェニックス!」で復活させてくれたときには、この関さんヴォイスな弓使いさんを思わず伏し拝みたくなっちゃいましたですよええもうv
ひとまずクリアとはいえ、まだ見てないサブイベントとか未踏破のダンジョンも残ってるし、2周目からはまた違った展開もあるようなのですが、それはまた後日のお楽しみにするとして。

次はこちらですよ♪

 PSP 花帰葬

楽しみにしておりました、フルボイス完全版vともいうべき『花帰葬』。一番のお目当ては言うまでもなく、外伝『花唄』に登場するCV・関俊彦さんであるところの時雨パパなんですが...あ、どうやら本編をひととおり観た後でないと外伝には進めないのね。まあ当然か^^ゞ
この作品、これまではドラマCD2作でしか知らず、本編については非常にウロな知識しかなかったのですが。それだけでも個々のキャラクターや世界観には惹きつけられるものがありましたし(時雨さんはモチロン、あととりわけ黒鷹@井上和彦さんとかも素敵w)、志方あきこ氏によるOP曲もすごい好きだし。"ビジュアルアドベンチャーゲーム"という初体験ジャンル、これからしっかりじっくり味わいながら進めてまいります^^




posted by 蓮月 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

for U = you?

さて、次のお楽しみもちゃんと発売日に届いてました♪

  

待ってましたのイマジン超クライマックスツアーDVD☆
......とはいえ、時間がなくてまだほんのさわり程度しかみれてないですけど^^ゞあーしかしやっぱり楽しいなぁ♪
そういえば、「Climax Jump for U」はこのイベントの時が初お披露目だったんですよね。このクラジャンも、ホント好きだなvテンション上がってなんだかすごくhappyになれて、んで、歌詞にもじっくり耳をかたむけていると、ちょいとぐっとくるものがあったりもして。"for U(=you)"がぎゅぎゅっと詰まってる、みたいに思えて嬉しくなっちゃうのですよ。超CD-BOXに収録されてるフルバージョンはかなりしつこくリピリピしてるんですけど、ショー第1部締めでのライヴ映像を見てるとそんな感がまたひとしお。
さて引き続きトークコーナーも堪能しまっす。関さんがご出演だった4日の分はモチロン、観に行けなかった3日&5日の模様も、どんなだったのかなーとすごい楽しみ^^




posted by 蓮月 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダー電王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

なんのかんので楽しかった♪

「ネオロマンス・イベント 10 YEAR'S LOVE」、
20日夜公演も楽しんでまいりました☆
池田カティス様を迎えて、おそらくはネオロマ史上他に類を見ないであろうくらいに平均年齢の高い(笑)アンジェチームの生ドラマ、夜の部はオスカー様が守護聖となって間もない頃のお話。当時18歳のオスカー様、若いっ!てゆーか賢雄さんスゴイ!!常よりもやや高めのトーンで、ホントに初々しくって可愛いくらい///なオスカー様、いや貴重なものを聴かせて戴きました♪
若き守護聖さんを、おおらかに優しく導き諭す池田カティス様と。そんなカティス様にまっすぐに全幅の信頼を寄せる速水ジュリアス様。本人いたって大真面目、ゆえににじみ出るおかしみがなんとも素敵な田中クラヴィス様と。こう、問わず語りの温かさが漂う、みたいな。そういうのがね、アンジェの好きなところなんだなぁ。豪華メンバーによる生ドラマ、短いながら夜の部もしっかり堪能させて頂きました。ホントに贅沢な体験ですなこれって。
それとラスト、エンディングに登場された池田カティス様。ご挨拶の終わりに、最後に一言、と、客席に向けそれまでの口調からふっとトーンを変えて。
「いい女になれよ。」 ←めっちゃいい声
てそれはもうカティス様というよりむしろ通常の3倍のスピードな赤い方っぽいんでわとかうぎゃーーー(錯乱)
………これ聴けただけでも見に行った甲斐があったとおもいましたわ、ええ。

て、池田カティス様とアンジェチームのことばっか書いちゃいましたけど^^;もちろんイベント通してしっかり楽しんでまいりましたですよ。
今回はとりわけトーク&ライヴに重点を置いた構成になってたので、昼夜公演通してみると、ショートver.ながらお一人で2曲3曲とご披露くださる場合もあり。実はこっそりネオアンのキャラソンには好きな曲もたくさんあるので、初めて生で聴けた曲も多くて嬉しかったですよ。...できることなら関ルヴァ様にもご出演頂きたかったなぁ、なんてついつい思っちゃったりもしてね
スタイリッシュに素敵すぎる速水ジュリアス様の『5分間のhistory』とか。
堀内オスカー様と久々にファイヤー!叫んだぜとか『愛としか呼べない』が素晴しかったなぁとか。
平川ベルナールさんの『君色フィルム』、顔のわきでシャッター切るような仕草をする振り付けが可愛いかったvとか。先日某webラジオにての関さんの"は*わ"発言に大きく頷いてしまったことはとりあえず脇に置いとこう^^;
個人的に生で拝見するのはお初!でしたマティアス大典さん、やっぱ生で歌っても上手いんだ☆『漆黒のLament』が聴けて嬉しかったです。いつか『憐涙の終止符』もライヴで聴いてみたいなー。
勝平さんのあけっぴろげな笑顔に和み。常に変わらずカッコよくもお茶目vな和彦さんにトキメキ。内田夕夜さんのハイキックにおおっvと盛り上がり(←全身全霊でサービス精神の塊、みたいな方だなぁて思う)。置鮎さんやっぱホントに良いお声だー思わずはぅわぁ///と溜め息。すべては到底書ききれませんけど、本当に皆様それぞれに素敵ですよねvvv
20日夜は横浜千秋楽ということで、アンコール後に10周年おめでとうセレモニーもありまして。DVDに収録されるそうなんで、詳細は書きませんが...うん、なんだかちょいと感激しちゃったさ///ぶっちゃけ、夜公演のチケットは手違いで取っちゃったモノだったんですが(GC先行のシステムを勘違いしてた)むしろ参加できて良かったと思えましたです♪
次なるイベント、『スターライトクリスマス 2010』の公式サイトも早々にオープンしたようで。
http://www.gamecity.ne.jp/media/event/2010/xmas/
あいにく日程的にこちらはどうあれスルー確定ですけど^^;...次はまた、できれば関ルヴァ様もご出演のステージを拝見したいものです^^


posted by 蓮月 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 声優さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

カティス様降臨!

100920_1738~01.jpg

只今聖地に来ております♪
『ネオロマンス 10Years Love』
関ルヴァ様のご出演がないので、常ならばスルーしてしまうトコロなのですが。
特別ゲストにカティス@池田秀一氏!
に釣られて思わず観に来ちゃいましたf^_^;生カティス様に拝謁できる機会なんて、そうそうあるとは思えないですものなw
とりあえず先程昼公演終了。生ドラマの途中からカティス様サプライズ的に登場!した途端に客席からものっそい黄色い歓声…正直ちょいとびっくりしましたわ(°□°;)
アイボリーのスーツ姿で素敵に渋く、またドラマの中では速水ジュリアス様・堀内オスカー様・田中クラヴィス様という面々と共に、飾らず快活でさり気ない気配りが優しい、まさにカティス様というところを聴かせて下さいましたv
その後のトークコーナーとエンディングにもご登場、トータル的にはちょこっとのご出演でしたが。まさか聖地で生カティス様を拝せる日がこようとは…いや感慨深し。これから夜公演も楽しんで参ります♪


あとそれから情報だけ。今日で公演3日目なので既にご存じの向きも多いかとは思いますが、次のネオフェスは12月4-5日"スターライトクリスマス"、だそうです。…つまりまたしても関ルヴァ様の出演は有り得ない日程なワケですね。む〜ん。
それとネオロマシリーズ新作は、遥か5だとのこと。新キャスト大量導入ですが、これまでのメインキャストもサブキャラ?でご出演される模様。
………遥かもコルダも良いんですけどね。元祖アンジェの新作は、もう望めないのかなぁ(ρ_;)
posted by 蓮月 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

白鎧亜!

100911_2234~01.jpg


観てまいりました!
JAE Super Entertinment Live 『白鎧亜』。
明日も公演があるので、あまり多くは語れませんが。
あの人たち絶対人間ぢゃねぇーーー!!!
なんて思っちゃうくらいに凄かったです。次々繰り出される多彩なアクション、目の前で繰り広げられるその迫力ときたら!
映像やライティングワークとのコラボがまた効果的で、ホントめちゃくちゃカッコ良いし魅せられるし。
そんなカッコいい方々なのに…第2部トークコーナーでのぐたぐたなお茶目っぷりはいったい何事(笑)
『白鎧亜』に息をのみ、トークコーナーで爆笑し。大いに楽しんで参りました。それにしても竹内さんてあんな愉快な方だったのね^^;
今日はひたすら圧倒させられ驚かされてたばかりでしたので。明日また改めてじっくり堪能してまいりたいと思います。高岩さんのご出演見送りは残念でしたけど、複数回おさえておいてやっぱりヨカッタっと♪


posted by 蓮月 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

珍しきかな幸運?

今秋のDC・鈴舟合同公演『愛の結晶くん』、チケット先行予約の申し込み結果を知らせるメールが届きまして。
なんと。希望日全部取れたー!!
いずれ劣らぬ人気のカンパニーがタッグを組んだ合同公演、ゆえに今年は激戦必至だろうと思い込んでいましたもので。
......意外すぎて、最初目を通したときは喜ぶ前に呆けてしまいました。
が、ようやくじわじわとウレシサがこみ上げてまいりましたよ。よっしゃーやったぁ☆
DCさんは言うまでもなく。鈴舟さんも旗揚げ公演からかかさず観に行ってる大好きなカンパニーさんなので、今年はまた例年とは一味違ったニュアンスでも楽しみで仕方ないですよ。ちらりと聞き及んだところによれば、"ひとつの舞台でオムニバス3本立て"とのこと。脚本・演出共に堤泰之氏だそうなので、ひょっとして『雷電』風な構成になるのかな?
なんてあれこれ勝手な想像をめぐらせつつ。どうあれともあれ、大いに楽しみでございます♪


posted by 蓮月 at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

浮気なゲームdays。

出掛ける目的も時間的余裕もさしてなかった(/_;)インドアな夏の日々に何をしてたかその1。
まあフリータイムの殆どはレイにゃんに振り回されて終わってるんですが^^;その間隙をついて各種ゲームにいそしんでおりました。
そのうちのひとつが『ポポローグ』。
関さんご出演作vと知っていながら、これまでなんとなく手を出し損ねたままできちゃってたんですよね。
もともとPSプラットフォームで1998年発売のソフトなんですが。これPSPでダウンロード購入して遊べるんだ!ということをつい最近知りまして(←遅)、ならばと始めてみた次第。
で、CV・関俊彦さんなロビンさん。"主人公ピエトロ王子とパーティを組む傭兵"というキャラ設定だけは把握してたので、てっきり渋カッコいい低音ヴォイスだとばかり思ってたんですが。
....ぜんぜん違ったわー^^ゞ
かなり高めのトーンで、どっちかっていうとドジっ子属性なお調子者系?(笑)もっとも、このゲームの場合「傭兵」はストーリー本筋に全くかかわってこないし、10年以上も前のソフトということでヴォイスも戦闘時にしか付かないんですけどね。攻撃くらうと「イテッ」ていうのとか、魔法やら必殺技やらの技名叫ぶハイトーンとか、なんか可愛いくって良いですvvv
他にもゲーム中に登場する傭兵さんは十数名、だけどそのうち2人までしかパーティに入れられないので、主人公+ロビンに加えて前半はダイソン@立木文彦さん(渋さ満載)で、後半からはボリス@子安武人さん(王道2枚目トーン)を鉄板メンバーにして延々やっております。趣味炸裂のパーティ編成、使い勝手とか戦力バランスとかはさらっと無視(笑)
ゲームそのものとしては、物語性よりもダンジョン攻略に重点を置いた構成で、さして難しくはないんですが延々と続くダンジョンにいささか飽きがきちゃう時もあるのがね、やや難点。
で、飽きてくるとUMDに切り替えて『ラ・ピュセル ラグナロック』の"魔王プリエ編"をやったり、あるいはDSに持ち替えてガンバライドでカード集めに励んでみたり。やんちゃ可愛い系ロビンさん−カッコいい系お兄さんなクロワさん−電王ソードフォームでオトコマエなモモちゃん、と、トライアングルで関さんヴォイスを堪能できてなかなかにシアワセ♪このパターンでしばらくは楽しめそうですわ。
とはいうものの。今月下旬に『花帰葬』が発売になるまでに、せめてどれかひとつくらいはクリアしておかないとイカンかな...^^;


posted by 蓮月 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。