2010年11月29日

わたわたドキドキ。

DC&鈴舟合同公演『愛の結晶くん』、本日2回目観てまいりました☆
2回目だけど。やっぱり面白くって、ぐっときて。分かってるのにおんなじところで笑って、おんなじところで泣けちゃって。
やっぱり良いお芝居は何度観ても良いものなのです。と、実に今更なことを思ってしまったり。
それにしても、役者さんて凄いですよね。とりわけ関さんや中尾さんをはじめDCの皆様方のことは、素(というのとはちょっと違うかもだけど)の時をそれなりに存じ上げてるわけですが。それが舞台の上でそれぞれの役を演じておられる時は、本当にまるで別人に見える。表情、物言い、醸し出される雰囲気までが、その役の人物そのものとしてごく自然に思えちゃう。それが役者というものだと言ってしまえばそれまでなんですが、今回の舞台ではとりわけ強くそんなことを感じてしまいましたです。脚本・演出が堤泰之氏という、DCメンバーさん的にはお初な方(でしたよね?)が手掛けられているから、一層そんな風にある意味新鮮な感を受けてしまったのかな。
ちなみに本日の席はセンターブロック最前列。で、かのシーン、初日に観たときにはえええ〜!?とおたおたして目を泳がせちゃってたもんで^^ゞ今日はしっかり観なくっちゃ!と思ってたのですが。やっぱり近すぎてわたわたアセアセ、しかと観てるようなフリしてついつい微妙に焦点ぼやかしてしまったり。
とかいいつつも。関さんのちょっと眉根を寄せた表情がむちゃくちゃ素敵すぎて、うあもうドキドキ///
…よし。次こそはもっとしっかり冷静に見るぞ! ←絶対無理
とにもかくにも。やっぱりあともう1公演追加して、今度は後方の席から舞台全体を俯瞰するような形で改めて堪能したいかなぁ。東京・大阪共に、千秋楽以外はまだお席に余裕があるみたいですしね♪
http://www.place-net.co.jp/
と、及ばずながらさりげにリンク貼ってみた^^ゞいやホント、絶対観て損はない舞台ですよ、うん。



☆ちょこっとこぼれ話☆
今日は幾分早めに現地に着けたので、時間つぶしにと劇場近くのコーヒーショップに入ったら。
ヤムチャの中の人とブルマの中の人がオラレタ〜!!!
↑あえてドラゴンボールつながりで表記してみる
いやぁビックリした。もちろん、この公演を観に来られた、そのこと自体は特に驚くようなことではないですし、劇場ロビーとかでお見かけする分には、ああ来ておられるんだなと思う程度なんですが。けど予想外のトコロで遭遇すると、なにやら訳も無く緊張しちゃうものですな。モチロンお声かけたりとかそんなことはしない(つか恐れ多くてできない)んですけど、それでもね^^;


posted by 蓮月 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

見ルベシ、ベシッ!!!に納得。

101126_2313~01.jpg

観てまいりました☆
ドラマティック・カンパニー&鈴舟合同公演『愛の結晶くん』、
本日初日。
DCさんも鈴舟さんも大好きなカンパニーで。だからモチロン、今回の合同公演をそれはもうたいへん楽しみにしてたのですが。
…それでもまだ認識が甘かった、かも。
とゆーくらいに。
すんごい面白かった〜〜〜vvv
ですよ。
たくさん笑って。しみじみして、じんとして。
3本立てオムニバス形式での上演、それぞれに魅力溢れてて。故にテンション途切れることもなく。どっぷり浸らせて戴きました♪
見ルベシ、ベシッ!!!by関さん
に、まったくもって仰るとおり!と、納得の舞台でございましたです。
前売りで計5公演分のチケットは既におさえてあるのですが。…もう1回くらい追加で見に行っちゃおうかなあvvv

そうそう、関さんファンには、あるいは衝撃!的なトコロもあるかも?(笑)なので、これからご覧になる方は期待と覚悟?を抱いて楽しみになさって下さいませ(*^^*)
ということで、早くも次の観劇デーが待ち遠しかったりするのですo(^-^)o
posted by 蓮月 at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 携帯から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

PANDORA!

なにげにかーなーり楽しみにしておりました♪本日発売。

 PS2 『PANDORA 君の名前を僕は知る』【限定版】

『星コミ』以来、かな?久々関さんご出演vの新作乙女ゲー。
で、関さん演じるマクシミリアン大将閣下。結局サンプルヴォイスの公開は無いままでしたが。PVでちらりと垣間見えたところでは、落ち着いたやや低めトーンの知性派クールビューティー、といった風情?たいそう素敵でございますですのさー///
のみならず。甘々なばかりではない(と推測される)ストーリーや世界観も個人的にストライクゾーンの予感。さてさて、早速じっくりちまちま始めてまいりましょー♪

...とは思いましたが。明日はこれまた待ち焦がれておりました!のDC&鈴舟合同公演、いよいよ初日。
楽しみわくわくっvvvな気分を抱えて。今日のところは早めに休むことに致しますかな^^



ところで。
あの『Are you Alice?』も、いよいよゲーム化!なんだそうですね。
http://www.otomate.jp/alice/
IMさん作品大好きっ子なワタクシ的には、実に嬉しい限り。『PANDORA』と同じくオトメイトさんからの発売になるそうですが...しかし、Alice?ってどう転んでも乙女ゲーにはならないよね?^^ゞ
ともあれ、こちらもまた大いに楽しみっす☆


posted by 蓮月 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

付録と全サ。

本日発売、いそいそと購入してまいりましたですよ♪

 月刊ASUKA 2011年1月号

付録の「心霊探偵八雲 TVアニメ放送記念!声優座談会DVD」。
八雲役の小野大輔さんをはじめ、藤村歩さん、東地宏樹さん、川島得愛さん、そして関俊彦さんv、という面々でのトーク。ちょっとこれまでにはなかった顔合わせですよねー♪とりわけ、関さんとかわしーさんがDC以外のこういう場でご一緒されてるのって、もしかして某BL系ドラマCDのキャストトーク以来なのでは?とか、古いネタを思い出してしまったり^^ゞ
そんな面々で、最初のうちは微妙なぎくしゃく感があったトークがだんだんと盛り上がってきたーv...と思ったところで"後編に続く"ておいっっっΣ(・口・)
ということで、来月号の付録DVDには座談会後編とかアフレコ風景とかが収録される?らしく。つまりは来月もASUKAを買わねばならないってコトのようですな^^;まあともあれ、今回のが収録タイム15分丸々座談会、そして別途後編もとなれば、思った以上のヴォリュームでキャストトークを楽しめるわけで。これは嬉しい限りでございますですよ♪
...それにしてもだ。この面々の中で一番先輩な方が一番可愛いく見えちゃう///ってのは、いったいどーゆー訳なのかvvv 周りが後輩ばかりだと、積極的にテンションあげあげ↑で頑張っちゃって下さるのもまた魅力。ボケ方がビミョーなところも込みで(笑)


そしてそして。
毎度お馴染み忘れた頃にやってくる、コバルト全サCDも届いてましたー♪

コバルト全サ・2010.jpg

今回は「まほろばの龍神」からのワンシーン、とのことで。...しかし、ミラージュを聴くにはまず心の準備をしとかんとね、うん。
しかる後に、久々の高耶さん&直江氏をしかと堪能しようと思います☆



posted by 蓮月 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

唐揚げよりチーズ、だそうです。

行ってまいりました、『S.S.D.S.2010 魅惑の診察会』。
イトカワプロジェクトでお忙しいらしい(笑)バウム教授の不在は残念でしたが。

教授からのメッセージv

楽しかったです〜あー腹よじれたww
そしてモチロン、カレンダーもきっちりしっかり入手してまいりましたv
撮りおろし写真でなかったのはちょびっと残念だったけど^^;いやでも改めて見てもやっぱり素敵だし///

2011カレンダー教授v

ちなみに
1月:バウム教授@関俊彦さん
2月:ブラディ伯爵@堀内賢雄さん
3月:沢登先生@松本保典さん
4月:シューマイ君@森川智之さん
6月:ケロ☆ユキ@福山潤さん
8月:君島先生@檜山修之さん
9月:日下事務長@千葉進歩さん
11月:弓岡先生@森田成一さん
12月:Dr.HAYAMI@速水奨さん
そして5、7、10月には診察会でのスナップ写真をコラージュてんこ盛り、という構成。
物販コーナーに掲示されてるのを遠目に見たときは...いやぁ素敵だけど濃ゆすぎて実際使うのはちょっとアレかなぁ^^;なんて思ってたのですが。いざ持ち帰って眺めてたらやっぱりうはうはwで、まだ年明けまで1ヶ月以上あるのに早速壁に掛けちゃいましたさ♪

て、肝心の診察会のコトについて全然触れてませんねスイマセン^^ゞともかく、よい意味での変わらなさがほんっと楽しいんだなぁ、S.S.D.S.は(*^^*) ご出演メンバーもちょこっとずつ増えてきて、でもとっちらかっているようでいながら和気藹々vなところとかね、最初の診察会からずっと変わらないなあと。また次の診察会にも、大いなるマンネリズム(ってDr.御自ら言っておられた)を楽しみに参加したいです。
そしてまた日下事務長の根回し力に希望を託したいと思います。つか、同じ秋に開催するんでも、もう少し早い時期にやってくれればね...次回はなにとぞ、教授のスケジュールが空いているときに!ぜひ是非!!






posted by 蓮月 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

袋入り娘。

袋入り娘。.jpg

猫にしては珍しく?ダンボール箱とか袋とかをさほど好まないレイにゃんですが。
クリーニング屋さんのお持ち帰りバッグは程よいサイズとガサガサ感がお気に召したようですw
ちなみに。レイにゃんの前にこの袋に入っていたのは、聖ラ・フォーレ病院ロゴ入り白衣(笑)

ということで、明日はS.S.D.S.中野分院での診察会。教授不在の寂しさは否めませんが、ともあれカレンダーはgetせねばvそしてモチロン診察会も、楽しんで参りますですよo(^-^)o


posted by 蓮月 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

間違わない。

放送開始から1ヶ月以上たってからでなんなんですが。
『心霊探偵八雲』、初回からきっちりチェックしておりますですよー♪
斉藤一心@関俊彦さん、思ったよりもコンスタントに出番があって嬉しい限り。どんなにささくれ立った感情も頑なな心も、穏やかに慰撫され和らげられてしまうような。そんな物静かで穏かな語り口、あたたかく包み込むようなトーン。お坊様で主人公・八雲くんのよき理解者、という役どころをそのまま体現しているかの如く...はぁ、素敵ですわ///
そんな一心さんを見てたら、某OVAのインタビューで某共演者さんが関さんについて仰っておられた言葉をまたしても思い出してしまいました。「出してくるものを間違わない」って。ホントそうだなぁって、改めてつくづく思っちゃいましたですよ。
来月15日に発売になるドラマCDにも一心さんご登場!がようやく判明したそうで(嬉)
http://exanime.exblog.jp/13646852
こちらもまたまた、楽しみです♪


posted by 蓮月 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

サルベージ作戦、完遂。

ということで、PS2 『ラーゼフォン 蒼穹幻想曲』です。
他キャラとの好感度上げ会話はほぼ完全スルー、ひたすらオンリーワンで追いかけてw無事一色さんEDを観ることができました^^
ごくごくありふれた、でも何よりあたたかで大切な幸せを手に入れた一色さん。"ずっと言いたかった"言葉を口にする、その愛おしみかみしめるような響きに思わずほろり。スチル画1枚の短いEDエピソードではありますが、一色さんご贔屓のワタクシ的には、良かったねぇとしみじみじんわり泣けてきちゃう...くらいでしたですよ。
本編進めている間も。他キャラから総スカン状態^^;なのはアニメ版と変わらないものの、時折ふっと心のうちを垣間見せてくれるような会話イベントがあったり。本当は誰より繊細で優しいんだよ、と、事あるごとに樹さんだけが一色さんを取りなすような発言をしてくれるのも嬉しかったですねー。流石はお師匠様、判ってらっしゃるv ←作品が違います 
かくして、一色さん救済作戦、完遂!できて大変満足vでございましたです^^
最大の不安要素^^ゞだったバトルパートも。序盤はかなり苦戦したものの、ラーゼフォンの能力値が上がってくるにつれわりと楽にこなせるようになりましたしね♪ということで調子こいてそのまま2周目突入。次は功刀司令か樹さん狙いかなっv(基準が判りやすいな自分)なんて思ってたら、あれれ何時の間にやらTVシリーズとは全然違う展開になってびっくり。あ、でもむしろこっちのほうがベストエンドっぽい結末になってるような気が...もっとも、一色さん的にはいっそう気の毒な幕引きになってしまっているのが難ですけど^^ゞ
といった具合で。メインストーリーのみならず会話イベントのチョイスを変えると、それに続く通常会話の内容も変わってきたりするし、かなり多彩なバリエーションが観られるみたいで。おかげで周回プレイの既視感もあまりなくって、いやこれは楽しめますな。う○きで調べたところによれば、EDは40種類!もあるらしいので。その全部をとは言わないまでも、引き続きちまちまやり込んでみたい気がしますね。

それにしても。このところゲーマーモードどっぷりでそこから脱却できなくなっちゃってる気がするな...(汗)
まあいいや。このまましばらく、片手にコントローラー片手に猫じゃらし(笑)で秋の夜長を楽しむことに致しますかな^^



posted by 蓮月 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

今日のにゃんこ。的な。

レイにゃん画像(意味なし)。

まったり。

この頃はキャットタワーのてっぺんがお気に入りのようで、構ってもらえない時はここでうとうとしてることが多いです。夏の間はあんまり上がりたがらなかったのに。まだコタツも出してないので、高い場所のほうが比較的あったかくて良いのかなぁ。
この前の日曜は約3週間ぶり(うおお)のお休みだったので、日頃行き届かないところまでお掃除。ベッド下も掃除機かけようと覗き込んだら、鈴入りボール(←レイにゃんのおもちゃ)が6個も出てきた...。新しいの出してあげるたびあっという間に行方不明になるなあと思ってたら、こんなトコロに貯め込んでたのね^^;


ところで、今日新聞でこんな記事を読みまして、ほほぉと感心。

舌の動きは超高速:「猫の飲み方」解明

これまでは、てっきり舌ですくい取るようにして水を飲んでるのだとばかり思ってましたよ。なるほどね〜。
毎日一緒に暮らしてても、わからないコトって結構いろいろあるのですな。


posted by 蓮月 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

一色さんサルベージ作戦。

何時の間にやらゲーマーモードに復帰しております。
んで。『POISON PINK』、デュファストン編からファイナルステージまで到達、ようやくオールミッションコンプリート!でございますよ^^v
うあーなんかすごい達成感(笑)
他にパーティメンバーはなく魔神を使役できるのみ、なデュファストン編。とはいえインターバルには会話イベントもありモノローグもあり、デュフ様だったりデスイマジン(←違います)だったりと幻惑的にうつろう関さんヴォイスをしかと堪能。ファイナルステージで明かされる真のラスボス...にさほどの意外性はなかったけど^^;主人公キャラ勢ぞろいしての大円団と含みをもたせた結末にともあれ満足☆
ちょこっと手をつけただけであとは放置状態結局積みゲーと化しているソフトが山ほどある中(ダメぢゃん...)、ここまで徹底的にやりこんだゲームは久々かも。あ、そだ、攻略ネタでひとつ訂正。魔神辞典は捕獲まで含めた完全コンプでなくても、遭遇して1度戦ってさえいればデュファストン編出現の条件はクリアできるみたいでしたわ♪
万人にお勧めできるタイプのゲームではないかもだけど、個人的には大変に楽しめましたです^^

続けて、なんで今更?的シリーズ(と勝手に命名)第2弾。

PS2 『ラーゼフォン 蒼穹幻想曲」』

もちろんフルヴォイスvの"ロックオン アドベンチャー&バトル"ゲーム。アニメでは「白ヘビ」と渾名され嫌われまくった揚句悲惨な最期を遂げ、またドラマCDではいいようにネタキャラにされ^^;、と散々な扱いをされてました、関さん演じる一色真ですが。実は、個人的にはか〜な〜り好きでしたこの方。というか、関さんの芝居がホント凄かったというか。とりわけアニメ最終章近く、失脚して壊れちゃってからの一色さんには、肌が粟立つくらいの強烈な印象を焼き付けられましたですよ...。
そんな一色さんではありましたが。このゲームでは、進め方次第で調律後の世界で幸せに暮らす彼の後日譚を観ることもできるらしい!?と聞き及びまして。それならばと遅まきながら始めた次第。
エンディングで一色さんエピソードを観るためには、当然アドベンチャーパートで好感度を上げていかなければならないわけで、只今ひたすら彼の追っかけと化しております。プレイヤーキャラ=綾人クンなのでいささか妙な按配になっちゃいますが、まあ細かいことは気にしない(笑)
お陰で早くも、アニメではお目にかかれなかったようなタイプの一色さんイベントをいくつか観ることができました♪とりわけ酔っぱらってクダを巻く一色さんとか!これがなんか妙に可愛いくってですねvvv思わずうひゃうひゃ喜んぢゃいましたですよ。
アドベンチャーパートとバトルパートを繰り返しつつ進んでゆくゲーム構成、アクション系の操作が超絶苦手なワタクシにとってはこのバトルパートがなかなかに高いハードルでして。これまでのところはようようギリギリながらもクリアできておりますが、この先難易度も上がってくるんだろうしなぁ...(-"-)比較的アクションゲームになじみが薄い人でも扱いやすい、シンプルなシステムにはなってると思うのですが。
いやいや、しかしここはひとつ、一色さんの幸せな未来の為に頑張らなくては! ←違
どうあれともあれ、月末25日までにはなんとかエンディングにたどり着けるようにしたいですな。...つまりお次に控えた新作ゲーム『PANDORA』の発売日までには、ってコトね^^ゞ


posted by 蓮月 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

バーチャル・ホストクラブ。

予想外に(?)ハマりましたよ。

  イケメン☆アルバム〜AIR Group Vol.5 Club AIR GRACE編

<CAST> ※敬称略
高貴 / 平川大輔、 蘭 / 井上和彦、 誠 / 関俊彦
九条吉貴 / 黒田崇矢、 濱崎 / 諏訪部順一、
レイ / 前野智昭、 カイト / 岡本信彦、 亮二 / 下和田ヒロキ


実在するホストクラブとコラボしたドラマCDシリーズの第5弾。まさかこのシリーズに関さんがご出演とは!意外な感があって少々驚いていたのですが...いやぁ、やっぱり関さんは何を演じられても素敵だなぁvと認識を新たにしましたですわ*^^*
落ち着いた口調と、穏やかで心地よく響くミドルトーン。一般的なイメージでのいわゆるホストっぽさは殆ど感じられなくて、気配りこまやかな優しいお兄さんといった雰囲気。でも先輩や友人といった身近な親密感とはまた違う、その距離感のさじ加減が実に絶妙!なんだかすんごくツボにきますたww
一方、井上和彦さんが演じておられるのはホストという仕事を目いっぱい楽しんでる☆といったタイプで...いやもう何と申しましょうかあひゃうひゃ※@△*///(←錯乱)あのお声でその台詞醸し出す風情すべてが反則ですよありゃ。降参。
お客に本気で恋しちゃう、"ぴゅあ〜"(と演じたご本人がゆってた)な純情ホストくん@平川さんは、一途なゆえのおたおたっぷりや無邪気にストレートな情熱が大変に可愛いく微笑ましく。幕間に交わされる九条&濱崎の会話はしっとりオトナの魅力たっぷりで(しかしまーお二方ともホントいいお声だー///)。
リアルのお店には特に行ってみたいとは思わんですが。このバーチャル・ホストクラブには大いに楽しませて頂いちゃいましたです♪




posted by 蓮月 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

公式写真カレンダー。

先日友の会メールにてお知らせのありましたS.S.D.S.新グッズ、
正式名称(多分):2011年 聖ラ・フォーレ病院公式写真カレンダー。
Web Radio 第162回にて改めての発表☆で、日下事務長曰く、

Dr.、教授、シューマイヤー先生、君島先生、ブラディ先生、沢登先生、弓岡先生、カエルと私が
貴女を365日、見つめ続けます。

だそうですよ〜^^
作るからには13号医局+αの面々全員がきっとご登場されるはず!と信じてはいましたが。こうして公式発表になってひと安心&わくわく楽しみ気分倍増v当然、白衣着用での写真ですよね〜白衣の関さん!もとい、バウム教授!!のカレンダーなんて嬉しすぎるわホントにww
これまでイベントパンフすら作られたコトなかったのに、何故今になってカレンダーなんて企画が通ったのかいささか謎な感じもありつついやでもそんなコトどーでもいいやうん。今月20日の診察会にて初売りだそうで、今回バウム教授がおられないのは残念だけど、参加するおっきな楽しみが増えちゃいましたww
それまでにまた秋の贅沢診察会のDVDでも観て、気分を一層盛り上げておこうかな♪



posted by 蓮月 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

土佐弁の魅力。

ちょっち出遅れてしまいましたが^^ゞようやく聴くことができましたよ。

ドラマCD「再現!坂本龍馬 最後の夜」
<CAST> ※敬称略
坂本龍馬 / 関俊彦、 中岡慎太郎 / 櫻井孝宏、 坂本乙女 / 木村亜希子、 他


関さん龍馬、堪能。いいですよね土佐弁v大海の如く泰然としたおおらかさと、陽差しのように伸びやかな明るさ、あたたかさ。洗練されすぎずほんのりと土臭さ漂うところもまた魅力。聴いているこちらの心持までゆったりと大らかになれちゃう、みたいな関さん龍馬の語り口、本当に素敵です。途中、謡を聴かせて下さるところなんぞもありまして、短いながらもほわわ〜と聴き惚れてしまいましたですよ///
櫻井氏演じる中岡慎太郎とのやりとりもまた、聴きごたえありました♪いわば"革命"を目指して突き進まんとする中岡の情熱あふれる物言いと、同じように熱さを持ちながらそれに翻弄されることなく、より広い視野から世界を捉えている龍馬と。歴史にifを問うのは詮なきこと、とは言いますが。もしこの二人がここで暗殺されることがなかったなら、維新は、その後の歴史はどう異なっていたか...なんてことも、つい想像を巡らせてしまいますな。
タイトル通り、ドキュメンタリー番組中の再現ドラマ?みたいな感のある構成。あまりに淡々と進んでゆくので幾分盛り上がりに欠けるきらいもあるのですがそれはそれ、必要以上にベタな演出をされるよりかはずっと良いかと。恥かしながら日本史には疎いもので、関さんファンになるまでは(←ん?)坂本龍馬という人物についても詳しくは知らなかったのですが。関さん龍馬の魅力に引かれ、歴史のifやら詳らかでない謎やらにまでもあれこれ一層に興味かきたてられてしまう、そんな1枚でございましたです。

さて、もいっかい通して聴いてみよっかなvvv


posted by 蓮月 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

絶賛毛づくろい中。

101030_0011~01.jpg

そんな、あられもないお姿で...(/_;)



で。全然話は変わりますが。
劇場版忍たま、公式サイトが先月末から始動してたんですね♪
http://wwws.warnerbros.co.jp/anime-nintama/
トップページの土井せんせいがたいへんオトコマエですのっvvv間もなく予告編も公開になるそうで、楽しみでございます。
...それにしても、キャラの数すごいね......。



というような感じで。せめてつい○たー風のつぶやき程度でもこまめにblog更新することにしよう!
と決意した月初めですが。さてどこまで保つかな^^ゞ




posted by 蓮月 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。