2011年02月15日

楽しみに、ココロシテ。

先週末、愛と気合と根性でw19日のOVA最遊記外伝上映会チケ、無事確保することができました☆
いや楽しみです。なんといっても三蔵一行、もとい今回は金蝉童子さま御一行というべきか、CVの4名様が一堂に会するイベントは実に久しぶりですものなv
そして本日15日付で峰倉センセのblogも久々更新、そちらでも当然今回のイベントについてふれられてました。つか"お約束のグダグダトークコーナー"てww
そんな?トークや生ドラマのみならず、初披露となるOVA第1巻を大スクリーンで観られる!こともモチロンむっちゃ楽しみ。OP/EDの絵コンテは峰倉センセご自身が手掛けられたとのことですし、諸々合わせて期待は膨らむばかりでございます♪
期待といえば、外伝ドラマCDの最終巻・第5巻も今月発売のZERO-SUMから誌上通販の受付が開始されるんだとか。うぁ〜早く聴きたい!けど聴くのが怖い、ような。あの美しくかつ凄絶な物語が、もはやキャラクターと一体不可分となってるキャスト陣の芝居を通して一層鮮烈に描き出されていることと思うと...くうぅ、どきどき。て、よく考えたらOVAてそれにアニメまで付いちゃってるわけなんぢゃん!と意味不明に今更すぎるコトに思い当っていっそうドキドキ。
....とにかく。土曜日はココロシテ上映会に臨まねば!と思わず拳をぐっと握った次第でございますですよ。




それにしてもさ。
どのような状況も苦難をも、笑い飛ばし踏み越え、より前へ、より大きくと。その剛さに心底敬服、ただもう頭が下がるばかりでございます。
爪の垢でも煎じて戴いたつもりになって、自分ももうちょっとは頑張らないとな。



posted by 蓮月 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

新作ゲーム。

2-3月、立て続けに関さんご出演vのPSPソフトが発売になるわけですが。
なかなか時間が取れない上、まだ手をつけてないPS2ソフトもいくつかあるし...なので当面のところはいずれも見送り予定だったのですが。
突如降ってわいた状況を鑑み、これは買っちゃいました^^ゞ

 テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3

ちなみにファンタシースターポータブル2インフィニティは体験版をDLしてやってみたところ、ワタシにとってはいささか難易度が高く手に負えそうもないと思われたのでひとまず戦線離脱。アルフォート・タイラー氏のオトコマエヴォイスには大いに心惹かれるのですけどね...(;_;)
一方、ディシディア新作のほうは発売前から敵前逃亡確定^^;光の戦士様がものっそ素敵なだけにひじょーに無念ではありますが、ジタバタしてるうちに方向見失って10分かそこらでもう船酔いみたいに気持ち悪くなっちゃう、というていたらくではどうにもなりませんですことよ。←ダメダメ 

ということで、レディアント マイソロジー3。
ほんのさわりだけやってみましたが、うん、このくらいならなんとかなりそう♪というか、オートバトルでも進められるし。ぶっちゃけテイルズシリーズはデスティニー&デスティニー2しかやったことないんで^^ゞシリーズ他作品のキャラについてはさっぱりなんですけど、それなりちゃんと楽しめます。あと本作オリキャラ・「コンシェルジュ」のロックスさんの声がシンケンブルーてwwなんか妙にしっくり嵌ってますな。
さてさて、どんだけ進めたら(個人的に)肝心要のロニお兄ちゃんが登場してくれるのでしょかv自由にパーティ編成できるのか?とかまだ把握してないことも多いですけど、可能ならロニさん的には憧れの"英雄"スタンさんと一緒に戦えたら嬉しいだろなvvvとか、趣味炸裂視点でロニさん&ウッドロウ王なんて並びがみたいなぁ///とか。いろいろ楽しみ☆じっくり進めてまいりますですよ。

posted by 蓮月 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

こんなトコにも。

110203_2236~01.jpg

スライド書棚の奥に鎮座ましましたレイにゃんの図。こんなトコにも入れちゃうんだww

一緒に暮らし始めて2年半。だけどまだまだ予想のななめ上をいく行動にびっくりさせられることもしばしば。
…オモシロ可愛いなあ。もうホントにvvv
posted by 蓮月 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

1月の新刊でした。(←過去形)

ちょっと今日からもう2月って早すぎるでしょー(汗)
...とじたばたしつつ、後追い的に先月の話。楽しみにしていた新刊が続々出てたのですよ♪


 篠田真由美『燔祭の丘』(講談社ノベルズ)

16年の長きにわたり書き綴られてきた"建築探偵"シリーズ、いよいよ最終巻。ハマりはじめた当初はイキオイあまって移築された帝国ホテル玄関を観るために明治村まで行っちゃった、なんてのもはや懐かしい思い出。
シリーズ通して最大の謎であった桜井京介氏の過去が、この最終巻でいよいよつまびらかにされる...らしいんだけど、読みたいような読んぢゃうのが惜しいような気がして^^;実はまだ手をつけておらず。まず先にシリーズ前作『黒影の館』を読み返すことにしようかな。


一方、こちらは待望のリライト版!シリーズ第2作。

 小野不由美『ゴーストハント2 人形の檻』(幽books)

絶版になって久しく、たまにヤ*オクとかで見かけてもありえねぇ;;;な値がついてた(文庫本1冊5,000円て何だよそれ的な)悪霊シリーズ。『屍鬼』に圧倒され、『十二国記』シリーズでどツボに嵌り、小野主上の作品片っ端から全部読みたい!と思ったときにはすでにホワイトハート版が入手超絶困難になってました。という経緯があったもので、今回のリライト版刊行はホントに嬉しい限り。一気に読んじゃいました。
余談ですが。『屍鬼』を手にとるきっかけになったのが京極夏彦氏の『どすこい(仮)』だった、なんてことはあまり大きな声ではいえないかも知れない^^;


最後にこちら。

 虚淵玄『ブラック・ラグーン(2) 罪深き魔術師の哀歌』(ガガガ文庫)

小説版ブラック・ラグーン第2弾。サブタイトルから呼び起こされるイメージを大きく裏切って(というのはモチロン作者の意図するところであったと思いますが)かーなーり笑えたー。今回もバイオレンスと粋とお下品(笑)満載、小説版のオリキャラ以外はアニメ版CVで脳内再生しつつ読むのもまた楽し。原作コミックに思い入れ深いファンの方からするといろいろ反論もあるかもですが、自分はこの小説版かなり気に入っております♪


と、そんな感じの読書記録?でした。微妙に統一感のないラインナップなのは気にしない方向でひとつ。



posted by 蓮月 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。