2012年05月21日

日食、キターーーッ!、みたいな。

近頃めっきり、夜11時を過ぎるとどうにも眠くて仕方なくなってしまいます。その分朝は早くて、5時半くらいにはなんとなく目が覚めるように。うーんなんて健康的。単なる老化現象という説もあるけど。
そんなわけなので。
今日も早朝からぽかっと起きて、身支度すっかり整えたのちに、自宅ベランダからのほほんと皆既日食見物(←観察とは言えないレベル)が出来ました。
用意しておいた太陽観察サングラス、ちゃんと活用できて良かった♪

フォーゼ太陽観察サングラス

フィルター部分が四角く切ってあるので見た目的にちょっと怖いけど^^;
"宇宙"がモチーフのフォーゼにぴったりなキャラグッズ。まさに「皆既日食、キターーーーッ!」てなもんですなww
とはいえ、我が地元ではちょうど金環になろうかというタイミングで残念ながら雲が厚くなりまして...(/_;)でもその前後の部分食はしっかり見ることができたので、とりあえず満足。なるほどこれは綺麗なものですね。朝なのに夕方みたいに薄暗くなる風景もなんだか不思議で面白かったな。
せっかく日食キター!な観察用サングラスも買ったことだしね、部分日食でも良いからまた機会があったら見てみたいものです^^
で、夜はものすごぉく久々にバナフリ聴いてみる。ホントだー!クレア・ドゥ・ルネの最終回に出てきた金環食って、今日の事だったんですね。自分は関さんファンになってまだ10年ちょっとなのでそうだったんだ〜程度だけど、これリアルタイムで聴いていた方はさぞかし感慨深いでしょうなあ。
にしても、このどこまで芝居でどこから素なのかわからん感、やはり良いですねバナフリv
本当に、CD1枚でもイベント1回でもいいから復活してくれないものでしょうか...。

posted by 蓮月 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常…? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

忘れがたい。

GWといえばガンダムウイングですよね他になにかありましたっけ?
みたいなお約束的発言をかましてみつつ、例年通りほぼ平常運行のゴールデンウイークも終了。ま、連休があったところで旅行とか出掛けられるわけでもないですしね(←猫の下僕)。
ならばせめて気分だけでも、そうだ京都行こう♪で、コレ。

 ドラマCD『春を抱いていた 8』

CV.関俊彦さんな吉澄氏のガイドで京都観光〜^^
発売当時にも書いたけど、吉澄さんて本当に素敵なキャラですな。飄々としているようでしっかり地に足が付いていて、でも押しつけがましくなく懐の広さおおらかさを感じさせる、そんな人。そういう魅力が、関さんが演じることによって一層際立ってるように思えるんだなぁv
ということで。
昨年暮れ発売の『9』も、吉澄さんが引き続きご登場♪ということでモチロン聴きましたよ。

 ドラマCD『春を抱いていた 9』

こちらでの吉澄氏は、撮影現場でのアクシデントに巻き込まれて入院中、喉も痛めて声が出せない、というシチュエーション。けれどあえて声に出して伝えたい言葉があって、その絞り出すように苦しげな声、にもかかわらずそこには慈しみのこもったあたたかさが確かに感じられて。...というのを、なんでこう的確に表現できちゃうんでしょうねもう!ほんっとーに関さんてすごい。そして吉澄直孝というキャラにますますもって惹き付けられてしまいましたですよ。
サブキャラ、もしくは1度限りのゲストキャラクターであっても忘れがたく印象深い。個人的には『歓楽の都』シリーズのヒューとか『停電少女』第二楽章の桎さんとかがそうなのですが、この『春抱き』の吉澄さんもそんなご贔屓関さんキャラの一人に加わっちゃいましたです。はー、もいっかい聴きなおそうvvv



posted by 蓮月 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

脱力系になごむ。

今更な話題で恐縮ながら。
『しろくまカフェ』、おもしろいなーーーw
キャストだけ見ると、これなんて乙女ゲー?

でも中身はシュール&脱力系。
ファンタジーなタイトルに反して妙にリアルな動物キャラデザ

結論。どうみても深夜アニメのノリ。
つかなんでこんな時間帯にやってんのww

というような流れで、1話からすっかり面白がっちゃいましたさ♪
櫻井たかぴろ氏がシロクマってどうもイメージできなかったんだけど、
実際見てみたら全然違和感ないし。
ペンギンさんもお気に入りです。喋りのトーンがすんごくペンギンぽくてww
(特に語尾を延ばしたときとかね)、神谷さんすげぇぞと。
おっとり地味な小野Dラマさんも可愛いし。
パンダママがなぜ森川氏!?そしてナマケモノがまさかのきーやん!?とか、
でも不思議に声合ってるしww
いよいよイケメン花屋のかわしーさん登場〜☆これからもっと出番増えるかな♪
グリズリーゆうきゃんもまもなく参戦するみたいだし。
こんな豪華キャストなのに...常に漂うただようまったり脱力感、いいなぁこれ^^
重ねてよもやの4クール放送予定!とか。
ちょっとビックリしつつも毎週木曜、楽しみたのしみ。

あ、あとこの作品のパンダくんをみて、
ウザかわいいという言葉の意味するところが初めてわかった気がするわw
posted by 蓮月 at 23:25| Comment(1) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

鮮烈なロミオ。

120501_1840~01.jpg

佐藤健くんが舞台に初挑戦!の
『ロミオ&ジュリエット』
本日観てまいりましたです。

正直に申し上げましょう。
健くんのロミオ、いやいや期待以上に大変魅力的でございましたよー(≧∇≦)
可愛いとも表現したくなる純粋さそして一途さ、あるいは情熱的な激しさ。シェイクスピアならではの台詞回しも謳うようにリズミカルに、それがわざとらしくなくむしろ心地よく響いて。鮮烈にして印象的なロミオでした。いやまったく参りましたね///
対するジュリエットの石原さとみさんは信じがたいほど可憐に可愛らしく。脇を固める面々もまた皆様素晴らしく(とりわけキムラ緑子さんのばあやは流石の一言)。かなり現代風なアレンジを利かせた感もあって、そこは個人的はむしろ幾分ひっかかってしまうような感もなくはなかったのですが。休憩はさんで3時間近い上演時間がそうと感じられなかった程に、濃密な見ごたえある舞台でしたです。

それにしてもまあ。
あの"良ちゃん"がこんな大舞台で…なんて思うと。
誠に僭越ながら、実に感慨深いものがありますなー。しみじみ。
posted by 蓮月 at 23:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 携帯から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。