2012年07月31日

帰ってきた三島さん。

卓越しすぎな表現力、というのも時に困りものというかなんというか。シリーズ前々作は関さん演じる三島が強烈にイタくて聴くのが辛くて、なかなかリピできなかったものですが^^ゞ、
あらま、帰ってきたみっくんv(by関さんw)こと三島氏はまるっと別人?くらいな変貌ぶりですよ。しかも出番より多めだし♪
ということで、聴きましたこちら。

ドラマCD 『たおやかな真情』

お、いきなり三島@関さんのモノローグっv
というところから始まりまして。かつての自分を救ってくれた無垢なる存在を押し戴き、全身全霊をかけて守る。今回の三島氏は、そんなひたむきで一途で強い人になってました。壱都にむけて語りかけるときの、壊れやすい宝物をそっと手のひらに包み込む、みたいなトーンとかね、せつなくなるほど柔らかくて優しいのだなこれが///また一方、壱都を守り抜くため理不尽な暴力に晒されながらも抗い続ける、その気迫が台詞のひとつひとつから立ち上ってくる、ような。これまた卓越しすぎな表現力ゆえ、苦しげな呻き声とかもう聴いているだけでも文字通りに痛くて辛くてたまらなくなっちゃうくらいで(>_<)
ゲストキャラ、なれど関さんヴォイスの凄みをあれこれ味わえる一作でございましたですよ。

と、例によって例のごとく関さん(キャラ)のことばっか書いちゃってますが^^ゞ
CD2枚組でトータルタイム2時間半近い大ヴォリューム、緊迫した展開と繊細な心情描写で聴きごたえ充分。全体的に張りつめたヘヴィな成分多めなんでちょっと聴いてるのがしんどい感もあるんだけど^^;それをふっと救ってくれるのが随所でちょこちょこっと登場する村の青年団長なてらそまさん。朗らかおおらか地に足のついた頼もしさ、大変魅力的な人物ですわvvv
個人的には恋愛物というかこのジャンルの作品は少々苦手なのですが(どうにもケツがもぞもぞして落ち着かなくっていけねぇや、みたいなww)。そんな自分でも、主人公カップルの切なくアンバランスな関係性とかそれぞれの心情の揺らぎだとかね、思わず聴き入ってしまいましたです。
どうあれプロの技ってのは凄いですな、やっぱり。


posted by 蓮月 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

スクリーンでイルカせんせv

観てまいりました、劇場版NARUTO 「ROAD TO NINJA」。

ROAD TO NINJA

劇場版9作目にしてイルカせんせが本編に初登場!てことで、思わず公開初日から観に行っちゃいました。
案の定というかなんというか、正直出番は少なっ(/_;)だったけど。でも大きなスクリーンで、ちょっと照れ屋で優しい、いつものイルカ先生が見られて満足。やっぱイルカせんせ好きだーvごくありふれたなんていうことのない一言に、とてつもなく深い想いが込められてる。その一言にね、思わずぐぐっとうるっときちゃいましたですよ///
と、初日からネタバレは流石にどうかと思いますし^^ゞ詳しくは書かないですが。
もちろんイルカ先生ご登場シーンのみならず、良かったですよー。でもって、ちょっとそれ反則ぢゃね?という感じで泣けたしー(:_;)森川ミナトさんもかっこ良かったし、ナルト順子さん超活躍!だったし、いつもの面々がいつもと違うwオモシロさ、なんてのも。
声ヲタ的には途中でオーラスのネタが読めてしまうんだけどwwナルトの心情を掘り下げつつもちろんバトルアクションもハイクオリティ、原作者さんが全面的にかかわったとのことで一段と見ごたえある一作になってたかと。パンフレットに関さんのコメントも事務所仕様写真つきで掲載されてたし♪いろいろ楽しめましたです。
...あ、入場者プレゼントDVDに収録の"MOTION COMIC"なるものには、ヴォイスはついてないのねー。そこは残念ですた^^;←期待しすぎ
posted by 蓮月 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

本当、を伝える力。

昨日も仕事だったので、ナディアのフェイトさん回は録画しといたんですがこわくてまだみられませんあうあう。
なので、こちらの話。
ヤマト2199第二章
宇宙戦艦ヤマト2199・第2章、駆け込みで観てまりました。初日に行かれた方のつぶやきを拝見していたので承知してはいたのですが、伊東保安部長@関さん、またもちら見せ声ナシ登場ワンシーンのみとは(/_;)まあとにかく、10月公開の次なる第三章に期待をつなぎます。
それはそれでおくとして。今回も見どころ多かったです新生ヤマト。ヤマトと言えば波動砲、ヤマトといえばワープ!現在の技術技法ならではの表現でなるほど〜の迫力。登場したと思ったらあっというまにご退場となってしまった比呂さんもといガミラス浮遊大陸の司令おきのどくすぎる。それにしても今更ながら、波動砲って実にむちゃくちゃな兵装だよなー。あれ発射直前のところ狙い撃ちとかされちゃったらどうするんだろうってのは言わないお約束なんだろうかwあーでも艦載機の発進シーンはむっちゃカッコ良かった。あと着弾したときの金属音のリアルっぽさが耳に残りましたな。
そしてなんといっても、いよいよきましたデスラー総統。つか初登場が入浴シーンかい!とつっ込んだのは私だけではないはず(多分)、しかもなにやらイケメンすぎるwwでも山ちゃんヴォイスがカッコいいからいいや。ややシニカルな雰囲気をまとったイケメンキャラ、旧作といちばんイメージが違ってる感じがしましたです。伊武デスラー好きでしたけど、山寺デスラーもまた素敵v
単純な善悪二元論ではなく、ガミラス側の事情心情もちゃんと描かれてたのも良かったし。基地司令を庇って討ち死にの忠義な作戦参謀殿、哀れ(:_;)...と言いつつ、忠義一徹は美談だけれど、こういう人の元に配属されちゃった下っ端兵隊にとっては迷惑千万だよなあ、なんてつい考えちゃうひねくれモノでスンマセン^^ゞ
というかつまりですね。
第一章冒頭での「ゆきかぜ」もしかり、"味方を守るために意気軒昂として死地に赴く"という戦争モノによくあるシチュエーション。物語としてはありだと思うし、あるいは避けられない結末を受け入れるためには少しでも救いのある理由付けがあった方が心情的にまだしもってこともあるかも。だけど。
『ナディア』のフェイトさんのが、やっぱり本当だろうと思うのですよ。というか、関さんが演じたフェイトのあの叫び声に、これが本当だと感じさせる力があるというべきか。
いずれフィクションではあるわけだし、どちらが正しいというものでもないのですけれどね。



posted by 蓮月 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

想いを、のせる。

本日は、七夕。
に合わせて、こんな企画があったんですねー全然知らなかった!

七夕メッセージコンテスト2012
http://tanabata-message.jp/

遠距離恋愛の相手に贈るメッセージを公募、その中から選ばれた優秀作品をプロの声優さんが朗読するという企画。協力:81プロデュース、万歳。
ということで
関 俊彦さん、幸田夏穂さん、米澤 円さん、江口拓也さん、
の4名がこの企画に参加されてるんですね。
選ばれた全16篇のうち、最優秀作品をはじめ5篇を関さんが担当。...ほわぁ、なんて素晴らしい!
ごくありふれた人々が綴った、衒いのない、虚飾もない、まっすぐな言葉。
そこにごく自然に、けれど繊細に、それぞれの"想い"をのせる。たったひとことの「ありがとう」が、こんなにあたたかく情愛に満ちて。たったひとことの「よろしく」に、溢れんばかりの喜びと未来への希望が込められて。
声の芝居、その表現の豊かさ、素晴らしさを改めて実感させられたように思います。個人的には、こういうメッセージに心情投影してうわぁ///ってなふうにはなれないんだけど ←いろいろ歪んでましてね^^; プロの技とはかくあるもの、というのをみっしり堪能できたなあと。
今月半ばからスタートするサービスの告知マーケティング的意味合いのものだったようですが、ともあれ素敵企画に、多謝。


posted by 蓮月 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

よしなに頼まれちゃいましたv

ので。ついつい速攻で予約しちゃったじゃないですかwww


NINTENDO3DS 『PROJECT X ZONE (プロジェクトクロスゾーン)』

本日の更新でCV・関俊彦さんであるところのゲームオリジナルキャラ、"天斎小吾郎"のキャラヴォイスやキャストコメントがUPされると聞き及びまして。いざいざ、さっそく公式サイト覗いてまいりましたよ。
http://pxz.channel.or.jp/index.html  ※音が出ます
表向きは私立探偵、しかしてその実体は忍者の末裔!というなにやらツッコミたいゴコロをくすぐられる設定なwwwこの天斎小吾郎さん。やや低めのオトコマエヴォイス、クール系というより伊達男テイストとでも表したい感じ。関さんなんだからあたりまえっvとはいえ、うあぁやぱしかっこ良いなあぁぁ/// ストーリー上は主人公的立ち位置になるキャラみたいだし、なんかいろいろ期待わきわき。
同じく本日更新されたPVのほうにも、小吾郎さんもちろん顔見せアリ。バトル時のボイスはもちろん、アクションビジュアルもこれまたカッコいいぢゃあないですかvこれだけの動き、にもかかわらず操作は比較的シンプル仕様みたいで、あーよかったこれなら超鈍な自分でもなんとかできそうだわ^^
キャストコメントも思ったよりヴォリュームあって嬉し楽しかったです。確かに、見た目的に懐かしいというかけっこう昭和っぽい感じのキャラですよねー。てか関さんなぜそこで笑ったしwww
関さんCVの主人公キャラに大期待vのみならず。メーカーの枠をこえてのキャラ共闘!というのが売りのゲームだけあって、登場キャラクター=出演声優さんの数もなかなかに豪勢。自分はゲーマーというほどではないので、残念ながら参戦作品ひとっつもプレイしたことないですが^^;声ヲタ的スタンスからでも大いに楽しめそうな予感びしばし。楽しみです♪

と、散々盛り上がったイキオイですっかり忘れてましたけど。
まずは発売日までに3DS本体を手に入れるのが先決だよね、うん^^ゞ


posted by 蓮月 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。