2012年12月31日

来年も、楽しもう。

2013年1月12日(土)より上映、『宇宙戦艦ヤマト2199 第四章』。



よかったあv伊東保安部長@関さん、今回もちゃんと声付き登場されるんですねv
つか、このいやんなフレーバーをまぶしたシニカルテイストな高めトーンがたまらんですわわわ///
もちろん、公開早々に観にゆくよん。

なんてのを皮切りに。
2013年もあれこれたくさんヘ(゚∀゚*)ノ節操無く楽しんでまいりますよー♪


と、いうことで。
今年もお世話になりました。
来たる新年もまた、よろしくお願いいたします。
なのですo(〃^▽^〃)o


しかし、よもや大晦日になって届くとは思わなんだよwwww

$碧翠回廊・改-コバルト☆7ドラマCD

これもまたお楽しみ(*^.^*)

posted by 蓮月 at 22:27| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

タダより安いものはない。(あれ?)

小説オジサマ専科の第1弾『Illuminatuin Night 〜光の夜に惑わせて〜』読了。
ネズミの国っぽいwwテーマパークを背景にしたショートストーリー、ありがちといえばありがちな展開(^^;)
なれどドラマCDの雰囲気そのままな感じが楽しめました♪
斎藤ツヨさんメインで、ほどよくあまあまなデート風景&ほんのちょびっとだけオトナなその後を匂わすラストシーン。
いずれくどくなり過ぎない味付けが、個人的にたいへん良い塩梅でございました。
こういう感じなら、他のオジサマ方それぞれメインのお話もいずれぜひ読んでみたいですね。
てゆーか刈谷さんのをはよww

この作品で電子書籍初トライ、だったわけですが。
こういうテイストだからかな、違和感なく、横書き表記でも当たり前のようにすっと読めましたです。
で、せっかくkindleアプリも入れたのだし、他の作品もちょいと探してみようかなと。
したらば。無料で読めるものも、存外たくさんあるじゃあないですか!恥ずかしながら白状しますと、
ワタクシ、いわゆる名作と呼ばれるような日本文学をあまりきちんと読んでいなかったりするもので;;;
ここはひとつ、電子書籍を大いに活用して古典的名著の読破に努めてみようかと思います。
なんつったって、タダより安いものはない、もんね(・∀・) ←間違った日本語


あ、でもその前に。
まだ読んでない本がわんさと手元に積まれてるんだっけ…(^^;)ゞ


posted by 蓮月 at 23:06| Comment(0) | 本・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

シンデレラ×ハロウィン?(違)

あれ、気がつかなかったー。
いつの間にか公式サイトのほうにもキャスト情報あがってたんですな。
ついったー経由で既に情報拝見してはおりましたけど、こうしてサイトでお名前目にすると
またテンションあがるよね♪

ということで。2013年発売、クインロゼの乙女ゲーに関さんご出演っvとか。

PSP『0時の鐘とシンデレラ』
<cast> ※敬称略
レイナルド=ハロウィン / 草尾 毅
スペンサー=ヘンドリック / 中田譲治
アスティン=マーロウ / 関 俊彦
エルマー=イングラム / 緑川 光
ラルフ / 森久保祥太郎
ロイ=ディフェンタール / 岡本信彦
オズウェル=サヴァレ / 津田健次郎
ファティマ=スカーレット / 寺田はるひ
ロザリア=スカーレット / 藤田 咲
オデット=スカーレット / 大久保瑠美

…なんか妙に渋いキャスティングです。もちろん個人的には大変嬉しいvvvですけど。

タイトルからも察せられますが、かの『シンデレラ』がモチーフのシリーズ、
その第3作目、なんですな。
という作品情報は、ついさっき知りましたww
ちなみに1作目のヒロインがシンデレラポジション、
2作目のヒロインはその2番目の義姉(童話とちがって性格悪くはないらしい)。
んで、この3作目『0時の鐘〜』のヒロインが長姉さん、と。なるほど〜。
あ、かぼちゃモチーフなのはハロウィンじゃなくて
カボチャの馬車、だからなのか?と、これもたった今気付きました。←遅

とりあえず、関さんキャラのビジュアルはきっちり美形さん。
  ↓
$碧翠回廊・改-0時の鐘とシンデレラ バナー1

これでグリーンウッドの忍さん風味なクールヴォイスだったらちょお嬉しいんだけどなv
あと、祥ちゃんキャラに慕われている、という設定は関さんファン的に萌えポイントかとww
クインロゼのゲームはこれまでまったくやったことないんで、
どんなテイストの作品になるのかは???ですけれど。
ともあれ、今後の新たな情報公開を楽しみにチェックちぇっくでございます。


あ、どうあれもちろん買いますよん(^-^)


posted by 蓮月 at 22:29| Comment(0) | 声優さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

ほっとなイメージ。

なんなんですかこの寒さちょカンベンしてくださいよぉぉぉ(´□`。)くらいのレベルでした本日。
なので、これ買って帰宅。

$碧翠回廊・改-ほっとなカルピス


ほっとカルピス 焦がし砂糖仕立て。
ほわぁ〜、ふわぁ〜〜〜(〃∇〃)
てゆー感じの味。
べたついた甘さでなくさらっとしてるのがぐっどですなv
"焦がし砂糖"ってネーミングも
クリーム色をベースに暖色系でまとめたパッケージも
ほっこりあったかそうで良いし。
て、イメージ戦略に踊らされすぎだろって感もありますがw
ぱっと見の印象もやっぱり大事だよね、こういう商品はさ。
posted by 蓮月 at 23:59| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

はじめての電子書籍。

先週のこと。
散々悩んだ挙句、結局Kindleじゃなくnexus7を買いました。まあ汎用性重視ってことで。
したらば。
週末のイベントで発表になりました、オジサマ専科の小説が電子書籍で登場!とか。
タブレット手に入れた直後にこの展開、
しつこくガラケー使い続けてる自分的には、あらまなんてタイムリー♪

で、購入してみましたよ。

$碧翠回廊・改-小説・オジサマ専科第1弾 オジサマ専科 Illmination Night 〜光の夜に惑わせて〜

公式サイトではGoogle Playで配信開始、って出てるけど。
…今のところ、Kindleでしか扱ってないよね?(^^ゞ
もちろん、アプリ入れればnexus7でも読めるので無問題ですが。

さて、はじめての電子書籍。
ページをめくるときの手触りとか、新刊本から立ち上るかすかなインクの香りとか。
読み終えて本棚に並べた背表紙を眺める満足感とか。
そんなものが好きなので、電子書籍というものにはこれまであまり食指が動かなかったのだけど。
こういう気軽に読める作品が、低価格で手軽に目にすることができるっていうのは良いですよね♪
提供する側からしても、手間を省きコストを抑えられることで、こうした新たな展開に打って出やすくなるわけだし。

なんてことはさておき、どうあれオジサマ達の新たな物語を楽しめるのは嬉しい限り。
今回の第1弾は斎藤りきやさん(←違)メインのお話だけど、さわりの部分をちらっと読んだ限りでは
じょーじ古川さんやけんゆー松谷さんwもちゃんとご登場するみたい。
…もちろん声は付いてないですけど、そこは便利な脳内補完でww
いずれは刈谷さんのも!と期待ふくらませつつ。
まずはこの第1弾を楽しむことにいたします(*^.^*)
posted by 蓮月 at 23:09| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

今年最後のおたのしみ。

12月25日の夜って
ディスプレイ屋さんが1年で一番忙しい日なんじゃなかろうか、と。
一夜のうちにクリスマスから正月モードに装いを変えたショッピングモールで
ふとそんなことを思ったw本日26日。


てなこととは全然関係なく。
早速手に入れてまいりましたよ♪

 小野不由美『東の海神 西の滄海 十二国記』


新装版『十二国記』もこれで4作目。個人的に大変思い入れ深い、雁国主従の物語。
それにしても、延麒・六太の台詞は自然とかっぺいさんヴォイスで脳内再生wされるし、
更夜の言葉は勝手に石田あーさまヴォイスに変換されて聞こえてくるような気がする。
ドラマCD版からキャスト変更なかったこのお二方、それだけハマり役だったってことなんだろな(*^.^*)

というような話はさておき。

『十二国記』というシリーズの中の、この作品。
現実にはない世界を描くという意味においては、ファンタジーという括りになるのだろうけど。
国を預かるとはどういうことか、施政者とはどうあるべきものなのか。
そのひとつの形が、ここに確かに描かれている。と、思うのですよ。

初出から10年余を経た新装版。
リライトというほどではないにせよ、今回もまた多少なりとも加筆された部分があるのでは?
と、その点でも期待わきわき。
新鮮な気持ちで、じっくりしっかり味わいつつ読みたいです♪


posted by 蓮月 at 23:09| Comment(0) | 本・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

"snow drop"。

オジサマ専科イベントで初めて生でご尊顔拝しました石塚運昇さんが、
渋カッコよくも明らかに場慣れしてません感が可愛いv素敵オジサマだったもので。
久しぶりに聴きたくなりました。季節的にもマッチしてるしね。

 ドラマCD 『最遊記RELOAD "snow drop / 3years ago"』

もう何度も聴いてるんだけど。
久々に聴いたらまたいちだんとやられましたよ…あー、泣かされた。
運昇さん演じる耶雲の、子供たちに向ける想いがせつなくやるせなく。
ラストシーンで三蔵が悟空に返す一言、そこに込められた深さ。
なんでこんな短い一言にこんな深みを載せられるの!と、聴くたび関さんの凄さを思い知るワンシーン。
クリスマスに聴くにはいささか辛すぎたなぁという感はありますが(^^ゞそのくらい聴き応えある1枚、なのです。


ところで。
このCDのフリートークには、珍しくゲストキャストさんも参加されてまして。
演じた耶雲という役どころ、若いしかっこいいしねと照れまくる運昇さんが。やっぱ大変に可愛いかったですわw

posted by 蓮月 at 22:51| Comment(0) | 声優さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

オジサマ万歳。

本日はクリスマスイブ、なんですが。もういいんだ自分のクリスマスは昨日、充分に堪能したさ♪
ということで、行ってまいりましたオジサマ専科イベント。

$碧翠回廊・改-オジサマ専科xmas2012

そりゃあもう、た・の・し・か・っ・た・よぉぉぉ〜ヘ(゚∀゚*)ノ

舞浜アンフィシアターをフル活用ww的に
(初めて行ったけど、見やすくて良いねここ)
幕開け、セリからご登場した1ダースのwオジサマ達を目にしただけでテンションあがったわv
アドリブ満載、中の人ネタもたっぷりw楽しすぎな朗読劇とか。
良いお声が重なる深みにほわぁ〜///なクリスマスソングライブ!とか。
オジサマ専科恒例?になりつつあるのか、ダミーヘッドマイク実演コーナーとか。
トークコーナーはもうちょっとクロストークっぽいのが聴きたかったなーなんて思いつつ、
皆様の語るクリスマスの思い出はそれぞれにロマンティックだったりオモシロかったりw
そうそう、タキシード姿もとりどりにとっても素敵だったなぁv
御出演の皆様、だれもが全力で客席を楽しませようとしておられる!のが伝わってきて。
ほんっとに楽しくってあったかくって、シアワセなクリスマスパーティでしたよ(*^.^*)

それだけに。
刈谷@関さんがおられなかったのが、ファンとしては重ねがさね惜しいというかなんというか。
でもでも、発売決定!しました刈谷さんキャラソンを、ちょこっとだけど聴けたので満足♪
アップテンポで古き良きロック、みたいな感じ?
でもって添えられたトラボルタ風スタイルの刈谷さんイラストに悶えつつ爆笑スミマセンw
つか、このイラスト目にしたとたん速攻で電王29話のクライマックスフォームを連想しちゃって
ほんとすみませんww
でも楽曲の歌詞はネタでないことを祈りたいいやいやどうあれ楽しみだー!握手会もあるしね(°∀°)b

公式サイトも昨日からリニューアルオープン、イベント会場で発表になった新情報も早速に盛り込まれてたようで。
第3シーズンVol.7、Vol.8のキャスト発表にも思いっきりテンションあがりまくり。
なんという素敵キャストそろい踏み。なかでもとりわけ

中尾隆聖さんキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

さらに

てらそままさきさんキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

ですよ!
つーことは、この先もしかしたら
関さん中尾さんてらそまさんが同じイベントのステージに勢揃い!
てなシチュもあり得るわけであわわわ(((( ;°Д°))))
テンションあがりすぎてふるえがきちゃうレベルっすよこれは。

なんてのは、先走りもいいとこな妄想かもだけど(^^)ゞ
ともあれ、この素敵企画ドラマCDシリーズをこれからも全力で応援してまいりたいと思います。
もっちろん、Vol.7〜9もしっかりばっちり会場で予約してきましたよん(・∀・)
posted by 蓮月 at 23:29| Comment(0) | 声優さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

明日のおたのしみ。

もう明日だ!

オジサマ専科イベント Noel Special〜特別なクリスマス〜

井上和彦、大川透
堀内賢雄、小山力也
田中秀幸、小杉十郎太
成田剣、内田夕夜
浜田賢二
東地宏樹、石塚運昇、江原正士

以上、敬称略。にするのもおそれ多いwwくらいに錚々たる御出演の面々!のみならず。
メッセージCDやら複製サイン入りクリスマスカードやら、朗読劇台本やら、来場者特典もてんこ盛り。
でもって。
残念ながらこのイベントには御出演されませんが、刈谷@関俊彦さんのキャラソン発売に伴う

握手会イベント開催とかキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

ですよ。うわあ、関さんの握手会なんて何年ぶり?ひょっとして『妄想代理人』のDVD発売イベント以来では;;;
詳細は明日のイベント会場、物販ブースで公表されるそうなので。目を皿のようにしてチェックしてこなくてはですっ。

ドラマCDシリーズ第3シーズンのキャストも発表になるとのことだし。
朗読劇やトークはもちろんのこと、なんだかもうあれこれほんっとに楽しみすぎる〜(≧▽≦)
といいつつも、個人的には刈谷さんがおられないのが重ねがさね惜しまれるよ…

ともあれ。明日はめいっぱい楽しむぞっとv
当日券も出るらしいですよ〜迷っておられる向きは是非。と、軽くステマってみるww



posted by 蓮月 at 18:57| Comment(0) | 声優さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

最終巻。

いよいよ最終巻、本日届きましたよ。

機動戦士ガンダムSEED HDリマスター Blu-ray BOX 4

思えば。
このHDリマスター版を観たいがために、Blu-rayプレイヤーの購入に踏み切ったんだよなあ(遠い目)。
そんなわけなので、あえてBS11等でのオンエアはスルーして待ってたのよ!
せっかくBlu-ray買うなら、初見で綺麗な映像をがっつり楽しみたいぢゃないですかv
クライマックス、ラウさんのあれやこれやのシーンとかどう変わってるか、いかに洗練されたか。
でもって、また関俊さん参加の新録オーディオコメンタリーもありなのだよねvvv

ココロして、しかと鑑賞しようと思います。うおー、たんのしみだっっヘ(゚∀゚*)ノ


posted by 蓮月 at 23:59| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

『小説 仮面ライダーW』。

ちょっと間があいちゃいましたが、オーズに続きWも読了。

 『小説 仮面ライダーW 〜Zを継ぐ者〜』


これは文句なしにオモシロかった!
翔太郎っぽく表現するならwこの小説版にも確かに"風都の風が吹いている"と思えましたよ。
フィリップくんメインの物語ではあるけれど、「二人で一人」な絆もしっかり描かれてたし。
亜樹子ちゃんや照井アクセルの活躍はもちろん、風都イレギュラーズも登場してくれるし。
ミステリ風味でまさにハードボイルドならぬハーフボイルド?仕立ての物語。
これは、ファンの方からしたら堪えられない仕上がりになってるんじゃないかな♪
できることなら映像化して欲しい!と思えたくらい、『W』の魅力がしっかり詰まった外伝ストーリー。
楽しめましたです(^-^)

しかしなんだ。
こーゆーの読むと、TVシリーズ1話から通して見返したくなっちゃうのが困るんだよね(^^ゞ
とりあえずは、大好きな劇場版を観ることにすっかな。








posted by 蓮月 at 23:55| Comment(0) | 本・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

良い声でクリスマス。

引き続きクリスマス気分♪で、久々にこれ引っ張り出して聴きました。

 ネオロマンスvクリスマス 〜聖夜にラブソングを〜

やはりルヴァ様は良いですわわわ(〃∇〃)
どんなときでも、ルヴァ様ヴォイスを聴いているうちに自然と頬がゆるんでほころんで、
あったかほわぁ///な気持ちになれちゃうのだよね。
ルヴァ様@関俊彦さん他、
サザキ@関智一さん、月森蓮@谷山紀章さん、ジェイド@小野坂昌也さん
という面々が歌うクリスマスソングカヴァー曲『HOLY SNOW』もとっても素敵。
他収録曲もそれぞれとりどり魅力があるし。
良い声にココロ潤わされつつ、ほっこり(*^.^*)
というこの1枚。この季節になると、やっぱり聴きたくなっちゃうのだね。


欲を言えば。これであとルヴァ様のソロ曲も入っていればなぁ…(´□`。)

posted by 蓮月 at 23:16| Comment(0) | 声優さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

クリスマスがやってくる♪

シングルベル歴絶賛更新中wの自分でも。
街の華やぎを見ると、なんとなくココロが浮き立ってくるのですよ。

$碧翠回廊・改-クリスマス2012

うん。良いよね、クリスマス(*^.^*)
ということで、只今Kindle Fireを自分にプレゼントするか悩み中。
欲しいのは山々なんだけどな〜でも贅沢してるよな余裕もないしな〜;;;

posted by 蓮月 at 23:55| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

映像もまたよし。

発売日に入手したのに、どんだけ放置してたんだ自分。 ←こんなんばっか;;;
ということで、これもようやく観ることができました。

 DVD『ロミオ&ジュリエット』


今年5月に上演された、佐藤健・石原さとみ主演の舞台『ロミオ&ジュリエット』を収録したDVD。
だけど、単なる"舞台中継"的なものにとどまらない。
様々に角度を変え、構図を変えて映し出される舞台上の情景。
役者の表情までつぶさに(かつ印象的に)捉えるアップはもちろん、
舞台直上からのアングルという、客席からは絶対に観ることのできない構図もあり。
もちろん。劇場で芝居を観る、"場を共有する"が故の特別な昂揚感とでもいうべきものは
DVDでは味わえない感覚。
だけどそれはそれとして。純粋に映像作品としても、これは実に素晴らしい!
プレビュー公演と中日あたりと、劇場でも2回観劇した自分ですが、
なんだか初めて目にするような心地で見入ってしまいましたです。大・満・足(・∀・)

言うまでもなく、舞台そのものの素晴らしさにも改めて感嘆。
主演のお二方はもちろん、脇を固めるベテラン陣は流石の存在感。
若手の熱演もまた鮮烈。荒々しく野性的なティボルト・賀来賢人さんが強烈な印象だったし、
狂気すれすれ、くらいに刹那的な激しさのマキューシオ・菅田将暉くんには度肝を抜かれましたし。
↑それまで『W』のフィリップ君しか知らなかったから、余計にね

でもって、タイトルロール。これが初の舞台作品だというのに、この貫禄。
何度こう思ったかわからないくらいだけど。
電王(2007)からまだたった5年、なんだよね。…ホントすごいよなあ健くん(しみじみ)。

posted by 蓮月 at 23:52| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

MOVIE大戦アルティメイタム。

ムービー大戦アルティメイタム、観てきた!

$碧翠回廊・改-MOVIE大戦アルティメイタム

ネタバレ避けて、ひとことでまとめるならば。
坂本監督の趣味が炸裂してる映画、でしたwww
いやいやいや、もちろん貶してるわけじゃなくてですね。
アクションに次ぐアクション。
こんなん見たこともない!てくらいにアクティブなカメラアングル。
これでもかってくらいいろんな要素が詰め込まれてて、
1回見たくらいじゃ全部はとうてい把握しきれないよ;;;てな感じ。
オチには正直脱力したけどwwそれはまあさておき。
今年のMOVIE大戦も実にすごかった!堪能いたしましたです(*^.^*)
でもって、今更ながらに改めて。
ウィザードのアクションって、やっぱりほんっと好きだー///
て思いました。む〜ん、なんであんなにいちいちカッコいいかなぁぁぁ。



あ。
映画の前に、ちゃんと選挙にも行ったよ?
もっとも、自分が投票した候補者・政党が政策に大きく影響してくる、
なんてことはまず無いと思うけど;;; ←毎度だいたいそんな感じ
義務であり権利でもある。ならば、どうあれきっちり履行しないとね。


posted by 蓮月 at 21:53| Comment(0) | 特撮ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

オジサマ大展開。

あらためて。
「オジサマ専科」キャラクターソングアルバムVol.2 刈谷敦(CV/関俊彦)
発売決定ばんざーーーい!!!\(^o^)/

待ってましたの公式発表、詳細が明らかになるのはまだちょっと先のようですけど。
もう収録は終わってるんですよね?いったいどんな曲になるのかなぁ(*^.^*)
個人的には関さんヴォーカルでザ・アメリカン・スタンダード!ってな曲
(ビング・クロスビーとかナット・キング・コールみたいな感じね♪)
が聴いてみたいなあと常々思っとるのですが。刈谷さんならそれも無くは…ないか、やっぱり(^^ゞ
ともあれどうあれ、詳細発表待ち。リリースはいつごろになるのか、待ち遠しいなv


もちろん、CV/小山力也さんであるところのビールの斎藤さんww ←イベントネタ
の曲も楽しみだし。
それより先に発表になってた
オジサマ専科 第三シーズン発売決定!!
も、うほほ〜い\(^o^)/な朗報。
つかさ。
この企画初めて目にしたとき、いやさもちろん自分的にはすっっっごいツボすぎオイシすぎ♪
の狂喜乱舞モノだったけど。
一方で、大丈夫なのこれ若いお嬢さん方とかにはまるっきりスルーされちゃうんじゃ…なんて
勝手ながらご心配申し上げちゃってたりもしたんですが。
ホントに余計なお世話だったねwwコラボ企画やらキャラソンやらまで、こんな大展開になろうとは。
このまま更に盛り上がって、イベントもこの先回を重ねていってくれたらいいのにな〜(≧▽≦)
ということで。
まずは今月23日のイベント、刈谷@関さんがおられないのは残念至極だけど。
第三シーズンのキャスト発表もあるとか、一段と楽しみになりましたです。


とか書いてたら。
ドラマCD、vol.1からまたまた聴きたくなっちゃったな(*^.^*)


★CD/ドラマCD/「オジサマ専科」 Vol.1 〜MAKE MY Lady〜私の淑女〜/TR...

¥2,625
楽天

posted by 蓮月 at 19:02| Comment(0) | 声優さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

シリーズ化切望。

昨日発売のコンピレーションアルバム、早速聴きましたよ。

 『Platinum Voice〜届けたい歌がある〜』

『じれったい』(安全地帯)/諏訪部順一
『虹』(福山雅治)/松風雅也 
『セーラー服と機関銃』(薬師丸ひろ子)/内田夕夜
『タイガー&ドラゴン』(CRAZY KEN BAND)/井上和彦
『しあわせについて』(さだまさし)/置鮎龍太郎
『キセキ』(GReeeeN)/野島健児
『レイニーブルー』(徳永英明)/古谷徹
『赤いスイートピー』(松田聖子)/KENN
『少年時代』(井上陽水)/全員参加



R&Bっぽい?アレンジに最初は違和感覚えたものの。いやいや、これありだわ。
諏訪部氏のややかすれた感じにセクシャルなヴォーカルがぴたり馴染む、『じれったい』。

訥々とした歌い方から伸びやかさに広がるサビへの流れが、鮮やか爽やか。
松風さんの『虹』。

…これ、曲の表記は『夢の途中』で良かったんじゃないかなと思うんですが;;;
夕夜さんの独特の空気感をまとったヴォーカルがすごくマッチしてるv『セーラー服と機関銃』。

うぉ、渋カッコいい!原曲知らなかったんだけど、これはシビレました。
和彦さんの『タイガー&ドラゴン』。

やっぱり繊細で奇麗なハイトーンが、この曲調に映えますね(*^.^*)
おっきーさんの『しあわせについて』。

こなれた歌いっぷり、これ上手すぎやん(゚Д゚)と仰天しました
ノジケンさんの『キセキ』。

すごーくナチュラルに聞き流してしまったスミマセン;;;
というくらいにぴったりハマってる、古谷徹さんの『レイニーブルー』。

でもって、更に違和感なさすぎで噴いたwwけんぬさんすごいよー、な
『赤いスイートピー』。

全員で歌う『少年時代』も味わい深く。
うん、実に素敵なコンピレーション・アルバムでございました(・∀・)
声優業界、役者のみならず音楽活動されてる方も、歌の上手さに定評ある方も、
まだまだ沢山おられるのですから。
この1作で終わらせず、第2弾、第3弾と続けてシリーズ化を切望したいところです。
でもって、そのさいにはぜひともせきさ(以下略)



なんてあらぬ期待を膨らませてるすきに。
刈谷さんキャラソンキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
オジサマ専科公式サイト


posted by 蓮月 at 23:21| Comment(0) | 声優さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

絶賛開発中。

楽しみいろいろあるけれど、
あいまあいまに、こちらも地道にコツコツ続けてます。

 SDガンダム GGENERATION 3D

いや、実を言えばゲームシナリオ的にはあんまし進んでなかったりするんだけど;;;
で、何をやっとるかといえば"ユニット開発"。
ご贔屓キャラは原作アニメと同じ機体に乗せてあげたいvがポリシーww
なので、それを目指してひたすらレベル上げ→開発→レベル上げ。
目当ての機体にたどり着くまでが、結構な手間なんだよなあ…まあそれも楽しみのうちってか♪
現時点でプロヴィデンスとレジェンドとレイくん専用ブレイズザクファントムはげっちゅ。
あと残るはデスサイズなんだけど。
リーオー→トーラス→メリクリウス→ウイング→デスサイズ、と。
今ウイングまできてるから、あともうちょっとだー!

ということで、デスサイズが手に入ったら次のステージに進もうと思います。
取り急ぎ他にやりたいゲームも無いしね。



いや、スパロボOG新作は気になってるんだけども。 ←関俊さん新キャラ出演ときいて
…いよいよPS3購入に踏み切るべきかなあ。うーん。




posted by 蓮月 at 23:55| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

Qは急で九?

で、イキオイに乗ってみてきたよ。

$碧翠回廊・改-ヱヴァ・Q

うぉあ。やっぱすげかったわ。


「Q」はもちろん。
"劇場版"になった「巨神兵東京に現る」も凄すぎ。圧倒される。


とりあえず、あともう1回は観に行きたいなあ。
posted by 蓮月 at 23:31| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

第九といえば。

忠臣蔵といえば、年末。
みたいな感じで
第九といえば、年末。
というのが、日本においては定着しつつあるようですが。

自分の中では
第九といえば、エヴァンゲリオン。
なんですよはいすみません。
そんなわけで、TVシリーズ第弐拾四話「最後のシ者」を観る。



突如起動する弐号機に(まさに)シンクロするように響きわたり、
残酷ともいえる展開、その終局に至るまでバックに流れ続ける"歓喜の歌"。
あざといよ。わかってますよ。
でも好きなのよ〜こういうのv
第壱話の発進シーンと、第弐拾四話のこのシーンは、ほんっとシツコク繰り返して観てる。
うん、やっぱエヴァ好きだ。


なんて言いながら。
新劇場版・Q、まだ観にいけてなかったりするわけで;;;
カヲルくんの立ち位置とか、TVシリーズとはどう違ってきてるのか。あるいは違わないのか。
あうあう気になる。とにかくなるべく早く観に行かなくちゃなあ。



余談。
うぃき見てて。
TVシリーズ第弐拾伍話の英語サブタイトルDo you love me?が
R・D・レインに由来してたとか、初めて知ったよー;;; ←遅



久しぶりに読み返したくなったな…ってあれ?どこにしまったっけ(・_・;)


posted by 蓮月 at 23:59| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

勉強しよう。

今日も魔法使い様は素敵でしたなー(〃∇〃)
といいつつ、まだ映画は観に行けてませんが;;;先にこれ買っちゃった。

 
仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム 公式ガイド

ミスター平成ライダー・高岩成二氏のグラビア&インタビューが掲載ということで。
あらためて言うのもなんなんだけど。ううう、かっこいいですなぁぁ(しみじみ)。
グラビアはもちろん、インタビューでもね。
なんといいますか、情熱と余裕と真摯さを兼ね備えてるあたりに漂うプロフェッショナル感!とか。

にしても、知らなかった。
ウィザードのアクション、XMA(エクストリームマーシャルアーツ)の技を取り入れてるところは、
その専門家の方が入ってたんですね。
すみません、インタビュアーの方とまったくおんなじこと思ってました自分;;;

 
こうしたインタビュー等を拝見するにつけ。アクションの世界って実に奥が深いなあと思います。
このあたりの作品も観て、もちっと勉強しよかな。

 



あ、もちろんその前に『MOVIE大戦アルティメイタム』を観に行かないとね三 (/ ^^)/
高岩さんが絶賛!のポワトリンも楽しみー♪
posted by 蓮月 at 23:30| Comment(0) | 特撮ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

英国風サスペンス。

本日はこちらを観てまいりまして。

$碧翠回廊・改-THANATOS Suspence Theater THANATOS


いやあ。
大変素晴らしゅうございました!

こんなダイナミックな朗読劇は初めて。
生演奏と会話劇が絡み合い引き立て合って、しょっぱなっからぐいぐい引き込まれる。
一見シンプルに見えるセットにも巧妙な仕掛けが施されていて。
演劇は総合芸術と云いますが、まさに!と思わされる、そんな舞台でしたです。
今日と明日、2日間3公演しかないなんて、なんか勿体無いような気がしちゃうくらいね。

それにしてもだ。
事件の謎に迫る天才心理学者を演じた平田広明さん、むっちゃ素敵だったなぁぁぁ///

posted by 蓮月 at 23:53| Comment(0) | 観劇・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

年末進行的発売日。

自分の仕事が年末進行前倒しになるのはうわちゃー(((( ;°Д°))))だけど。
東映ビデオさんの年末進行はちょっとウレシイな、とかww

そんな感じで、いつもなら21日だけど今月は7日発売!の2本。しかもフライングで届いたし♪

$碧翠回廊・改-年末進行的到着2012

ゴーバス劇場版コンプリートパックも楽しみだけど。
まずはフォーゼのネットムービー。「スーツアクターを学べ!」から観るよーo(〃^▽^〃)o

posted by 蓮月 at 23:50| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

『小説 仮面ライダーオーズ』。

先月末から刊行スタートしました、"小説 仮面ライダー"シリーズ。
まずは思い入れの深いオーズから読了。

 毛利亘弘 『小説 仮面ライダーオーズ』


オムニバス形式3本立て、といった構成。

「アンクの章」。800年前、グリード誕生と彼らを作りだした最初のオーズをめぐる物語。
TVシリーズにつながる、アンクの"欲望"が生まれた経緯。その想いに、せつなくなりますな(:_;)

逆に「映司の章」は、TVシリーズの後日譚。
真摯であるが故に無茶、無謀。まっすぐ単純なようでいて、その実一筋縄ではいかない。
変わらないアンクとの"絆"も含め、すごく映司らしいな、と思える物語。

その2本にはさまれた、「バースの章」。
…意表を突かれましたわ。まさか仮面ライダーに付喪神的なモチーフを持ちこむとは。
正直、どうなんだこれはwwと思いつつ、いやまあ面白かったといえばオモシロかったかな(^^ゞ

と。テイストもとりどりな、三つの物語。
オーズが好きな方なら、きっと楽しめるのではないかなと。
共通して言えることは。
それぞれに演じた役者さんたちが作り上げたキャラクターの魅力が
ちゃんと生かされてる、ってこと。
オーズ大好き!な自分としては、それが嬉しかったですわ(*^.^*)
あとまあ、総じて感じたことですが。
脚本を書くことと小説を書くことというのは、
多分まるで別モノなんだろうなと思うわけですよ。うん(^^ゞ ←あえて多くは語らず


さて、次は『W』を読むぞー♪
posted by 蓮月 at 23:35| Comment(0) | 本・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

好きなドラマCDの画像を晒してみただけの記事。


$碧翠回廊・改-11 -Twilight Suicide.-

11 -Twilite Suicide.-
<cast>
関 俊彦 / 大塚芳忠
2005.12.24.発売


今や押しも押されぬ…かどうかは知らんけど、まぎれもないメジャーレーベルとなった
IMさん、インディーズ時代の記念すべき第1作。
ある種の不条理劇とでも表せば良いのかな。張り詰めた真剣勝負のようで、それでいて息の合った
絶妙の間合いとテンポで繰り広げられる二人芝居は、何度聴いても鳥肌モノ。
芝居×音楽×効果音。その見事なコラボレートが構築する、モノクロの空気をまとった古い映画のような、
ざらりとした手触りの世界。
聴き手によって好悪の感がかなりはっきりと分かれるタイプの作品だと思うのですが。
ここであえて言いましょう。

ごめん、こういうの大っっっ好きなのよvvv

好きなドラマCD数々あれど、個人的ベストワンはずっと変わらずこの作品です。


と、そこまで盛り上げておいてなんなんだけど。
これ、今となっては正規ルートでは手に入らないのだよね…(/_;)再販を強く希望します。




posted by 蓮月 at 23:52| Comment(0) | 声優さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

魔法の指輪と届いた本。

立ち寄ったコンビニで、
まるで狙ったかのように、レジ脇にひとつだけぽつんとおかれてて。
これは買うっきゃあないぢゃないですか!


$碧翠回廊・改-電王ウィザードリング


というわけで、電王ウィザードリング。
これ、自動改札機にかざすと光るって、ネットでそんな話を見かけたことがあったので、
ご近所の自販機(Edyとか使えるやつね)で試してみたら。

$碧翠回廊・改-電王点灯中w

あ、ホントに光った♪ ←意味もなくウレシイ


なんて盛り上がりつつ帰宅したら、
発売日に入手しそこねた小説版仮面ライダーも届いててさらにテンションあげ↑。

$碧翠回廊・改-小説カブト・W・オーズ

さてどれから読もうかなv



posted by 蓮月 at 23:57| Comment(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

鬼が笑うお楽しみ。

BaricoのアフターストーリーCD、また新作出るんだね(・∀・)

ドラマCD「Barico 水曜日のお砂糖とスパイス」
2013年2月27日発売
<CAST>
マコト:鈴村健一
クラーク:石田彰
ジョシュア:保志総一朗
アルバート:三木眞一郎
ゲイリー:関俊彦
ブラッド:関智一
……and more!

とのことで。更にゲストキャスト追加もありそうな感じですな♪
このシリーズ、正直言うととりたてて面白い!というわけでもないんだけど;;; ←あくまで個人的感想ね
ふわっと、ほわっと。あ、なんかいいなぁ、と思わせる雰囲気があって。
キャストさん方が作り上げた、個々のキャラクターの魅力にも心惹かれるし。
そんなわけで、なんのかんのと結構好きなシリーズだったりするのです。
てゆーかね。
公には誠実な首長であり、私にはやや暴走ぎみな親馬鹿っぷりを発揮する
パパ・ゲイリー@関俊さんが、とおっても可愛いくも素敵vなのですよ///
なので。続報と、そして来年2月の発売日を楽しみに致しております(*^.^*)


来年発売といえば。
81プロデュースとコラボした作品
『声優戦隊ボイストーム7』
のドラマCD付きコミックスが、来年3月13日に発売とか。
掲載誌の公式ツイートによれば、

柿原徹也、宮田幸季、三木眞一郎、櫻井孝宏、加藤英美里、羽多野渉、
赤ア千夏、関俊彦、千葉繁。豪華すぎるキャスト陣でお届けいたします!


だそうでヘ(゚∀゚*)ノ
原作コミック読んだことないのでとりあえず勝手にほざいておくと、
関さんが長官ポジションで千葉繁さんが怪人(ボスキャラ級のやつね)を希望。
で、そんな間違ってないよね多分ww


等々と。鬼が笑うよな先のお楽しみ情報もちらほらと舞い込んできて。
そういやもう年の瀬なんだなあ、と。思わずしみじみした、12月の最初の日。


posted by 蓮月 at 18:55| Comment(0) | 声優さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。