2012年09月21日

変幻自在。

『阿呆浪士』、本日が大阪公演初日だったですねー。
うーん。こういうときだけは切実にドラ*もんにお願い〜したい。どこでもドアがあったら、大阪の劇場だって毎日通えるのになあああ。
...なんてそれこそ阿呆なことを考えててもしゃあないので。
時間がなくて長らく放置してたコレ、聴くことにしました。

 ドラマCD『恋する暴君6』

磯貝@関俊彦さん、まずまず出番もあってよかったー♪
とがった尻尾が生えてそうww的な、楽しそーな何かたくらんでそーなニュアンスたっぷり含ませた言い回しが、それだけで面白可笑しくってもう。この陰にこもらないあけっぴろげな腹黒さ具合がすごく好きv
原作知らないしドラマCDも『3』とこの『6』(つまり磯貝@関さんの登場する巻;)だけしか聴いていので、ストーリー的には?なところもなくはなかったですけど^^ゞでもでもこの磯貝さんをまた聴けただけで、個人的には大いに満足vでございました。この先もまた登場してくれないかな☆


それにしてもまあ。
そもそも比べるのもどうかとは思いますが^^;魚屋八っつあんと磯貝氏では、いうまでもなく、まるっきりとんでもなくカラーが違うキャラクターなわけで。でもそれぞれに、実にしっかと手ごたえある存在感をもっていて。
実体のないキャラクターであっても。声色とかテンポとかトーンとか含ませたニュアンスとか、で、実に多彩なキャラクターを表現し、演じわけてしまわれる。
まったくもって今更なんですけど。やっぱり、本当に凄いなあと。
ただただ感嘆するばかり、なのです。



posted by 蓮月 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 関俊彦さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/293571399

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。