昨晩、さっそく観てまいりました。

 宇宙戦艦ヤマト2199 第五章 

無駄なくみっちりなシナリオ構成に、徹底してクオリティ高い映像。
今回も大変に面白かった!ですよ。
でもって、第五章にしてようやく。

伊東さん最大の見せ場キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

何を隠そう、大好きなんだ関さんのこういう役どころ。
表現の巧みさ、とでもいうものがね。よりいっそう際立つような気がするから。
ということで。
伊東さんがしゃべってる間じゅうずっとにやにやが止まらんかったとですようへへ(〃∇〃)
来月DVD買ったら、ご登場シーンとことんリピしちゃるぉvvv
関さん久川綾さんに出渕監督という、元・ラーゼフォンチームでのオーディオコメンタリーも楽しみだしね。



で、とりあえず。
…第六章以降のことは、今はあえて考えないでおこう;;;


さて一方、ヴァルヴレイヴ第1話。
こちらは一転して重厚なナレーション、素敵でしたなあああ///
他に、モブキャラでちょくちょくご登場頂けたのもウレシたのし♪
とはいえやっぱり。ナレ/モブだけ、ってことはないですよね?と思いたいので。
00の蒼月昇さん的な立ち位置を、しつこく期待しますにゃ(・ω・)/
ストーリー幕開けは00より種運命っぽかったけどなw