2013年05月21日

すべてはここからはじまった、かも。

東映特撮YouTube Official にて、
『仮面ライダー電王』TVシリーズの無料配信がはじまったときいて。
http://www.youtube.com/playlist?list=PLPtUVm4GBlyLG38D2RVDIXoC-hLctfE4X
思わずがっつり観ちゃいましたよ。
DVD持ってるし、これまで何度となく繰り返し観てきてるので
(多分手持ち円盤の中ではダントツの再生回数だと思う)
とりたてて懐かしいという感じはしないのだけど。

おまえの望みを… → ぐしゃ。

にぶほってなったwwwそのモモちゃん初登場シーンから、すべてが始まったといいますか。なにやら感慨深い。
仮面ライダーといえば、アマゾンくらいまでしか観ていなくて。
所詮子供向けでしょと侮っていて、ホントごめんなさいすんませんの平謝り、まさかこんな面白いとは!
と思ったあの(笑)衝撃。何度繰り返して観ても、ちっとも色褪せず、やっぱり本気で面白い。
「スーツアクター」と呼ばれる、すっっっごい人たちの存在を知ることができたのも、電王のおかげだし。
そういや最初に観たときは、プラットフォームとソードフォームの中の人は絶対別人だと信じて疑わなかったんだよね;;;
これ以降スーパーヒーロータイムにどっぷりハマることになった、自分にとってもエポックメイキングな作品。
もちろん、そもそものきっかけになった関さんご出演作、という位置づけにおいても。
初登場?シーンは面白カワイかったしv
ソードフォームになって後の啖呵切るさまがむっちゃ粋にカッコよくて。
もはや今となっては、まぎれもない関さんの代表作!になってるわけですよね…うん、やはり感慨深い。
せっかくだし、もう何度めかわからないけど、またTVシリーズ通して楽しんでみようと思います。
ネット配信だと、タブレットを寝床に持ち込んでのんびり鑑賞、なんてこともできるのがいいね♪


〔ちょっと追記〕
第1話でモモがはじめて良太郎に"契約"を持ちかけるシーン、
上下入れ替わりの砂状態で、頭かきつつ足でも脛をぽりぽりしてる仕草が地味にツボww
もうこの段階で、キャラ造形がほぼ完全に出来あがってたんだなあ…やっぱり凄いっすね。



〔超どーでもいい追記〕
ふと思い出して、本放映当時の記事を読み返してみた。
http://hekisui-kairou.seesaa.net/article/32313765.html
http://hekisui-kairou.seesaa.net/article/32949242.html
うむ。我ながら、ちょおテンション上げてるわwww
って感じで、いささかこっ恥ずかしいねこりゃ;;;



posted by 蓮月 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダー電王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。