2013年06月16日

ヤマト2199 第六章。

早速観てまいりました、劇場先行上映。

ヤマト2199第六章.jpg 宇宙戦艦ヤマト2199 第六章

やっぱり今回も実に素晴らしいかったですわわわ。とりわけ、戦闘場面はやはり圧巻の一言に尽きる。
細部までの徹底した描き込みもさることながら、構図というか画面構成というか?見せ方がまた上手いのですな。
もちろんスピード感もハンパないし。
あと艦載機の発進シーンとか、むちゃくちゃかっこええー(°∀°)b


で。個人的にいっとう肝心要な、伊東(元)保安部長@関俊彦さん。
ああ、これで見せ場は終わったかな…と思われた第五章でしたが。
いやいや、第六章にもちゃんと出番ありましたよ。
つか。

むしろこっちのがホントの見せ場かもしんない!

そっか、第五章DVDのオーディオコメンタリーで監督が仰られてたのはこのことだったですか。
ご登場場面、決して多いとはいえませんが
関さんファン的には、第五章よりもポイント高い仕様になっているかとv
両手あげて喜べる展開ではないとはいえ、
なかなかにオイシイところを、監督ありがとうございますうう。
といいう感じでございましたですよ (*^^*)

いよいよ次回の上映が最終章となる新・ヤマト、
関さんご出演(・∀・)というのみならず、自分でも予想以上にツボりましたこの作品。
その終幕がどのように描かれるのか、また一段と楽しみでございます。


それにしても。
話が進むほどに、ますますガミラス側に惹きつけられていってしまう罠www
大塚ドメルさん、カッコよすぎやで…(;△;)





posted by 蓮月 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。