2013年06月16日

ヤマト2199 第六章。

早速観てまいりました、劇場先行上映。

ヤマト2199第六章.jpg 宇宙戦艦ヤマト2199 第六章

やっぱり今回も実に素晴らしいかったですわわわ。とりわけ、戦闘場面はやはり圧巻の一言に尽きる。
細部までの徹底した描き込みもさることながら、構図というか画面構成というか?見せ方がまた上手いのですな。
もちろんスピード感もハンパないし。
あと艦載機の発進シーンとか、むちゃくちゃかっこええー(°∀°)b


で。個人的にいっとう肝心要な、伊東(元)保安部長@関俊彦さん。
ああ、これで見せ場は終わったかな…と思われた第五章でしたが。
いやいや、第六章にもちゃんと出番ありましたよ。
つか。

むしろこっちのがホントの見せ場かもしんない!

そっか、第五章DVDのオーディオコメンタリーで監督が仰られてたのはこのことだったですか。
ご登場場面、決して多いとはいえませんが
関さんファン的には、第五章よりもポイント高い仕様になっているかとv
両手あげて喜べる展開ではないとはいえ、
なかなかにオイシイところを、監督ありがとうございますうう。
といいう感じでございましたですよ (*^^*)

いよいよ次回の上映が最終章となる新・ヤマト、
関さんご出演(・∀・)というのみならず、自分でも予想以上にツボりましたこの作品。
その終幕がどのように描かれるのか、また一段と楽しみでございます。


それにしても。
話が進むほどに、ますますガミラス側に惹きつけられていってしまう罠www
大塚ドメルさん、カッコよすぎやで…(;△;)



posted by 蓮月 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月02日

サイバーOVA。

話はちょいとさかのぼりまして。
2012-2013の年越しはサイバーフォーミュラ祭!で過ごしてました。



11月21日発売、のサイバーフォーミュラOVAシリーズBD。予約して発売日には届いてたというのに、
例によって未開封放置一か月余。なにやっとんの自分;;;
と、自分で自分にツッコミつつ、まずは11(ダブルワン)からじっくり鑑賞。
最終話、加賀ちゃんが"絶対 勝て!"と書いたボードをかざす場面。
何度観ても、ぐぐっとくるのですよー。すごく大好きなシーンなんだ、ここ(*^^*)
あと、メシ食ってる加賀ちゃんって、ほんっとシアワセそうでいいよねww


続く「ZERO」「SAGA」「SIN」も、また時間とってじっくりがっつり楽しむぞー♪
オーディオコメンタリーも楽しみだし。
…つか、せめて3が日くらい休みだったらなああ(/_;)


posted by 蓮月 at 23:52| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

最終巻。

いよいよ最終巻、本日届きましたよ。

機動戦士ガンダムSEED HDリマスター Blu-ray BOX 4

思えば。
このHDリマスター版を観たいがために、Blu-rayプレイヤーの購入に踏み切ったんだよなあ(遠い目)。
そんなわけなので、あえてBS11等でのオンエアはスルーして待ってたのよ!
せっかくBlu-ray買うなら、初見で綺麗な映像をがっつり楽しみたいぢゃないですかv
クライマックス、ラウさんのあれやこれやのシーンとかどう変わってるか、いかに洗練されたか。
でもって、また関俊さん参加の新録オーディオコメンタリーもありなのだよねvvv

ココロして、しかと鑑賞しようと思います。うおー、たんのしみだっっヘ(゚∀゚*)ノ


posted by 蓮月 at 23:59| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

第九といえば。

忠臣蔵といえば、年末。
みたいな感じで
第九といえば、年末。
というのが、日本においては定着しつつあるようですが。

自分の中では
第九といえば、エヴァンゲリオン。
なんですよはいすみません。
そんなわけで、TVシリーズ第弐拾四話「最後のシ者」を観る。



突如起動する弐号機に(まさに)シンクロするように響きわたり、
残酷ともいえる展開、その終局に至るまでバックに流れ続ける"歓喜の歌"。
あざといよ。わかってますよ。
でも好きなのよ〜こういうのv
第壱話の発進シーンと、第弐拾四話のこのシーンは、ほんっとシツコク繰り返して観てる。
うん、やっぱエヴァ好きだ。


なんて言いながら。
新劇場版・Q、まだ観にいけてなかったりするわけで;;;
カヲルくんの立ち位置とか、TVシリーズとはどう違ってきてるのか。あるいは違わないのか。
あうあう気になる。とにかくなるべく早く観に行かなくちゃなあ。



余談。
うぃき見てて。
TVシリーズ第弐拾伍話の英語サブタイトルDo you love me?が
R・D・レインに由来してたとか、初めて知ったよー;;; ←遅



久しぶりに読み返したくなったな…ってあれ?どこにしまったっけ(・_・;)


posted by 蓮月 at 23:59| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

本当、を伝える力。

昨日も仕事だったので、ナディアのフェイトさん回は録画しといたんですがこわくてまだみられませんあうあう。
なので、こちらの話。
ヤマト2199第二章
宇宙戦艦ヤマト2199・第2章、駆け込みで観てまりました。初日に行かれた方のつぶやきを拝見していたので承知してはいたのですが、伊東保安部長@関さん、またもちら見せ声ナシ登場ワンシーンのみとは(/_;)まあとにかく、10月公開の次なる第三章に期待をつなぎます。
それはそれでおくとして。今回も見どころ多かったです新生ヤマト。ヤマトと言えば波動砲、ヤマトといえばワープ!現在の技術技法ならではの表現でなるほど〜の迫力。登場したと思ったらあっというまにご退場となってしまった比呂さんもといガミラス浮遊大陸の司令おきのどくすぎる。それにしても今更ながら、波動砲って実にむちゃくちゃな兵装だよなー。あれ発射直前のところ狙い撃ちとかされちゃったらどうするんだろうってのは言わないお約束なんだろうかwあーでも艦載機の発進シーンはむっちゃカッコ良かった。あと着弾したときの金属音のリアルっぽさが耳に残りましたな。
そしてなんといっても、いよいよきましたデスラー総統。つか初登場が入浴シーンかい!とつっ込んだのは私だけではないはず(多分)、しかもなにやらイケメンすぎるwwでも山ちゃんヴォイスがカッコいいからいいや。ややシニカルな雰囲気をまとったイケメンキャラ、旧作といちばんイメージが違ってる感じがしましたです。伊武デスラー好きでしたけど、山寺デスラーもまた素敵v
単純な善悪二元論ではなく、ガミラス側の事情心情もちゃんと描かれてたのも良かったし。基地司令を庇って討ち死にの忠義な作戦参謀殿、哀れ(:_;)...と言いつつ、忠義一徹は美談だけれど、こういう人の元に配属されちゃった下っ端兵隊にとっては迷惑千万だよなあ、なんてつい考えちゃうひねくれモノでスンマセン^^ゞ
というかつまりですね。
第一章冒頭での「ゆきかぜ」もしかり、"味方を守るために意気軒昂として死地に赴く"という戦争モノによくあるシチュエーション。物語としてはありだと思うし、あるいは避けられない結末を受け入れるためには少しでも救いのある理由付けがあった方が心情的にまだしもってこともあるかも。だけど。
『ナディア』のフェイトさんのが、やっぱり本当だろうと思うのですよ。というか、関さんが演じたフェイトのあの叫び声に、これが本当だと感じさせる力があるというべきか。
いずれフィクションではあるわけだし、どちらが正しいというものでもないのですけれどね。



posted by 蓮月 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

脱力系になごむ。

今更な話題で恐縮ながら。
『しろくまカフェ』、おもしろいなーーーw
キャストだけ見ると、これなんて乙女ゲー?

でも中身はシュール&脱力系。
ファンタジーなタイトルに反して妙にリアルな動物キャラデザ

結論。どうみても深夜アニメのノリ。
つかなんでこんな時間帯にやってんのww

というような流れで、1話からすっかり面白がっちゃいましたさ♪
櫻井たかぴろ氏がシロクマってどうもイメージできなかったんだけど、
実際見てみたら全然違和感ないし。
ペンギンさんもお気に入りです。喋りのトーンがすんごくペンギンぽくてww
(特に語尾を延ばしたときとかね)、神谷さんすげぇぞと。
おっとり地味な小野Dラマさんも可愛いし。
パンダママがなぜ森川氏!?そしてナマケモノがまさかのきーやん!?とか、
でも不思議に声合ってるしww
いよいよイケメン花屋のかわしーさん登場〜☆これからもっと出番増えるかな♪
グリズリーゆうきゃんもまもなく参戦するみたいだし。
こんな豪華キャストなのに...常に漂うただようまったり脱力感、いいなぁこれ^^
重ねてよもやの4クール放送予定!とか。
ちょっとビックリしつつも毎週木曜、楽しみたのしみ。

あ、あとこの作品のパンダくんをみて、
ウザかわいいという言葉の意味するところが初めてわかった気がするわw
posted by 蓮月 at 23:25| Comment(1) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

リメイクでありリメイクでない。

早速みてまいりました。
『宇宙戦艦ヤマト2199』第一章、イベント上映。

120407_2008~01.jpg

んが。CV・関俊彦さんであるところの伊東保安部長殿は登場せず…(;_:)いや、一瞬ちらっと写りこんだ(ような気がする)ものの、お声はナシでした。どうやら本格的なご登場は早くとも6月上映の第二章まで待たねばならないようですな。あうあう。
その点は残念至極でございましたが、ともあれ作品としてはなかなかに見ごたえあったかと。映像の美しさはもとより、とにかく細部まで手を抜かず徹底的につくり込んでる感がスゴい。
キャラクターの性格付けも、元祖とは微妙に違ってるんですなー。本日公開初日なので詳細は避けますが、個人的にはこちらのほうが好感持てます。まあそもそも自分は元祖ヤマトにさほど思い入れがあるほうではないのでそう思うだけかもなんだけど。おのでぃ古代進も鈴村島大介もなるほど納得のキャスティング、いやカッコよかったっすよv
序盤のヒロイズム強調っぷりにはやや鼻白む感もあったけど、なんといっても「ヤマト」ですからね、これはある意味当然かwそしてやっぱり、なんのかの言ってもあの発進シーンにはテンション上がるわー。
そんな感じで、確かにリメイクでありつつも単なるリメイクではない、と。第一章を観たかぎりでは、そんな印象を受けましたです。
ということで。伊東保安部長@関さんのご登場に期待しつつ、第二章以降の公開もまた楽しみにお待ちいたしておりまするですよ♪

余談ながら。
おのでぃって、元祖ヤマト初放映の時にはまだ生まれてもなかったんだよなーと今になって気づきまして。
…うあ、微妙にショックだわww

posted by 蓮月 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

今週末、ヤマト発進。

『宇宙戦艦ヤマト2199』、今週末からイベント上映開始となりますなー。
それに先駆けて、CS・ファミリー劇場で第1話のみプレミアム先行放送と
やらもあるとか。
初回放送・4月6日(金)21:30〜22:00 ※以降4月中にリピート放送有
↓詳細
http://www.fami-geki.com/detail/index.php?fami_id=01105
で。
CV・関俊彦さんな伊東保安部長は第1・2話から登場してくださるや否や?
というところがまずなんとしても気になるわけで、やはりイベント上映にも
早々に足を運びたいところ。
公式サイトによれば「常に微笑みを絶やさず慇懃に人と接するが、そこには常に
他人を見下している雰囲気も漂う」というキャラだそうで。
慇懃無礼の上から目線つながり、ちゅーことで一色さん(C)ラーゼフォンLOVE
だったワタクシ的にはやはりその系統のトーンを期待しちゃいますよv
新しいキャラクターというのは、それを関さんがどんなトーンでどんな色合いに
創りあげてくださるものか、毎度ホントにわくわくで楽しみなものです*^^*


ところで。元祖ヤマトの頃からひっかかってて、今回2199のキャラデザを目にして
やはり気になっちゃった事がひとつ。
ヤマト乗組員の制服、男性のは旧日本海軍風のいかにも軍服的なかっちりデザイン
なのに、なにゆえ女性のは所属部署を問わずあんな体のライン出まくりのボディスーツ
みたいなのなんでしょかね。つかこれセクハラぢゃんWW

posted by 蓮月 at 00:29| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

刮目してお待ちしますw

『セキレイ〜Pure Engagement〜』、最終回・第十三羽。例によってAT-X視聴ゆえ遅まきながら観ました。
はい〜御中@関さんの愉快な(笑)悪役っぷりを、ひときわ堪能させて戴けましたですよvこのヒト、よく考えるとかーなーり非道極まりないコトやってるんですけど(汗)無邪気に唯我独尊ハイテンションな物言いについつい楽しく丸めこまれてしまうマジック^^;なんと愛すべき敵役。最後の最後まで思いっきりな高笑いもたんまり聴けまして嬉しい限りw
という趣味全開の感想とは別に。いやいや、覚えず思わずちょいと感動しゃいましたですよ。
結ばれた絆の強さ。ゆえに戦い抜く女の強さ、守り通す男のひたむきさ。"絆"という普遍的テーマをベースにしつつもジェンダーなんかブッ飛ばしなこのシチュエーション、好きなんですよー。ついでに結ちゃんの華麗なバトルアクションにカッコいい〜とテンションあげながらもうーんゆっさゆっさ景気よく揺れまくってるなぁwてなところに目が行ってしまう自分のジェンダーこそが崩壊してるかもわからん件。
閑話休題。
どうやらアニメセキレイ第3期の制作は確定で間違いなさそうですな。なんつったって御中氏ご自身が刮目して待ちたまえ!つってましたもんねw
この作品、第1期のときはひたすら御中@関さん目当てで、それ以外はあんまりきちんと見てなかったんですが(スミマセン...)けれどなぜだか第2期PEに入ってから、俄然面白く思えるようになっちゃってまして。原作未読の身には、いずれ劣らず多彩なキャラの魅力が第2期になってより明確に掴めてきたことも一因かも。天然な結ちゃんもちっちゃなくーちゃんも可愛いし、松さんスタイルも性格もナイスだし、そして最近はとりわけ月海さんがお気に入りvおかしーなーツンデレ萌え属性はなかったんだけどなー自分。あと鴉羽さまゾクゾクするくらいカッコ良いっすーろみ姐さん無敵。
と、この期に及んでボルテージ上がってきちゃったので。アニメ第3期も、御中社長の仰る通りに刮目して楽しみにお待ち致しますよ♪

 DVD『セキレイ〜Pure Engagement〜 壱』



posted by 蓮月 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

でるのかな。

前々から新作の噂があるのは知ってましたけど。
来年春に劇場公開決定!で、すでに公式サイトもopenしてたんですな。

TRIGUN THE MOVIE
http://www.trigun-movie.com/index.html

わっほーい♪TVシリーズがすごく好きだったんですよね、『TRIGUN』。
↑恋愛モノよりガンアクションに萌える燃える女
メインキャラクターのCV
ヴァッシュ・ザ・スタンピード / 小野坂昌也さん
ニコラス・D・ウルフウッド / 速水奨さん
メリル・ストライフ / 鶴ひろみさん
ミリィ・トンプソン / 雪野五月さん
もTVシリーズから変わらずとのことで、よっしゃよっしゃ。
どうやら、ストーリーは劇場版オリジナルのものになるみたいですね。まだ他キャストやスタッフ等は公表されてませんが、できればシナリオは黒田洋介氏であることを期待したいところ。
そしてそして、ワタクシ的最大重要ポイント。
…はたして、この劇場版にレガート・ブルーサマーズさんは登場して下さるや否や?
いや、できることならぜひとも登場していただきたい!!
という期待を込めて、情報チェック続けていきますよ。
関俊彦さん演じるレガート、出番はけして多くないんですが。にもかかわらずの圧倒的な存在感とか、淡々とした口調なのにぞっとそるような冷気を漂わせたトーンとか。敵役だけれど強烈に惹きつけられるキャラでした。
…うん、TVシリーズも久々に観なおしてみよっかな♪



posted by 蓮月 at 00:35| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

2009秋アニメ。

もう10月ですよどうしましょうね早すぎるよ。
と、ジタバタしてもしゃーないので。とりあえず秋スタート新作アニメチェック予定のもの自分向け覚え書き。
放送局・スタート日時も自分基準(主に関東エリア地上波&一部CS局)ですスミマセン。
それから以下キャスト表記は敬称略で。

戦う司書 The Book of Bantorra
10月2日(金) 22:00〜 アニマックス、他
<CAST>
ハミュッツ / 朴ろ美  ※「ろ」は「王」に「路」 
マットアラスト / 大川透
ミレポック / 沢城みゆき
ノロティ / 戸松遥
ヴォルケン / 中村悠一
モッカニア / 石田彰

なにはさておき朴さん&大川さんの元祖ハガレンコンビに期待。
あと、三宅健太さんとか入野自由さんや置鮎龍太郎さん、野島兄弟とかもご出演らしいっす。
原作はライトノベルの人気シリーズ。

予備知識はまったくございませんが(汗)世界観が好みっぽいので楽しみ。


テガミバチ
10月3日(土) 22:55〜 テレビ東京系
<CAST>
ラグ・シーイング / 沢城みゆき
ニッチ / 藤村歩
ゴーシュ・スエード / 福山潤
ラルゴ・ロイド / 小西克幸
アリア・リンク / 小清水亜美

ジャンプSQ連載のコミックが原作。

これもまったくもって予備知識ナッシングですが(^^ゞさる筋からのお薦めがありましたもので♪
それと、とりあえずは福山さんキャラがちょっと気になる。


ミラクル☆トレイン 〜大江戸線へようこそ〜 
10月4日(日) 26:00〜 テレビ東京系
<CAST>
六本木 史(ろっぽんぎ ふみ) / KENN
都庁 前(とちょう さき) / 杉田智和
新宿 凛太郎(しんじゅく りんたろう) / 置鮎龍太郎
月島 十六夜(つきしま いざよい) / 小野大輔
汐留 行(しおどめ いく) / 梶裕貴
両国 逸巳(りょうごく いつみ) / 森田成一
車掌 / 藤原啓治
とくがわ / 石田彰
あかり / 酒井香奈子
近年流行りの擬人化モノ、完全にネタとして視聴予定(笑)
という心積もりを、果たしてひっくり返してくれるか否かに期待。
それにしてもなぜ大江戸線。ちなみにワタクシまだ乗ったことないです。


DARKER THAN BLACK -流星の双子(ジェミニ)-
10月9日(金) 25:55〜 TBS ※初回放送のみ 26:10〜
<CAST>
黒 / 木内秀信
蘇芳・パブリチェンコ / 花澤香菜
紫苑・パブリチェンコ / 桑島法子
パブリチェンコ / 堀勝之祐
オーガスト7 / 松風雅也
鎮目弦馬 / 三宅健太
葉月水無 / 斎賀みつき

単純に、シリーズ前作が面白かったんで。でも猫(マオ)@沢木郁也さんはもう出てこないんだね…残念。


青い文学シリーズ
10月10日(土) 25:50〜 日テレ
当代人気漫画家のキャラデザで名作文学をアニメ化、という非常に興味深い企画。取り上げられる作品は『人間失格』『こころ』『蜘蛛の糸』等々、個人的には『桜の森の満開の下』がどうビジュアル化されるのか楽しみ。
シリーズナビゲーターは堺雅人氏とのこと。マッドハウス制作という点でも期待大。集英社文庫との連動企画?ということで、キャラクター原案を手掛ける漫画家諸氏がひたすらジャンプ系作家さんに偏ってるのがご愛嬌(笑)あとは本編ヴォイスキャストがどうなってるのか気になるところ。


空中ブランコ
10月15日(木) 24:45〜 フジテレビ
公式サイトからしてシュール&ポップな雰囲気。実写・実写コラージュ・アニメを複合合体?させた斬新な手法が用いられているということで興味津々。主人公の精神科医・伊良部一郎を演じるのが三ツ矢雄二さん&朴ろ美さんのWキャストというのがまた摩訶不思議というかなんというか。
各話ごとメインゲストキャラのキャスティングも公表になりまして。
第1話『空中ブランコ』/森川智之
第2話『勃ちっ放し』/櫻井孝宏
第3話『恋愛小説家』/三木眞一郎
第4話『ホットコーナー』/浪川大輔
第5話『義父のアレ』/平田広明
第6話『フレンズ』/入野自由
第7話『ハリネズミ』/高橋広樹
第8話『いてもたっても』/岩田光央
第9話『天才子役』/羽多野渉
第10話『オーナー』/置鮎龍太郎
…なんかすごいよこれ。
更に、
"患者(メインゲスト)のキャラクターも各キャストが実際に演じ、その映像をコラージュした実写も登場します。"
とのこと。あああ、こーゆー作品に出演して下さってたらなぁ(嘆息)←あえて主語抜き表現
もっとも。こういう斬新さは上手くハマるかどっぱずしになるか、振り幅が大きいんぢゃないかなって気もしますし^^;ともあれお手並み拝見。


とりあえずは、こんなところ。
それにしてもここしばらく、新作レギュラーキャストで大本命な方のお名前を目にすることがめっきり少なくなりました。まあ、あまりにお忙しすぎるのも大変ですしね、とは思いつつ。やっぱりちょっと寂しいかな…勝手な話ではあるんですが^^ヾ


posted by 蓮月 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

春アニメとか四方山話。

気がついたら5月です。GWです。 ←自分には関係ないですが
…あー。日々は飛ぶように過ぎていくなぁ(汗)
幸いにも平穏無事な毎日、とりたてて変わったコトなど起こりませんですが。強いていうなら、去年に比べると今年は継続して観ているアニメ新番組が比較的多いかも?HDDになら気軽に録画しておけますしね。いやいやまったく便利な世の中になったモンです。

という年寄りくさい感慨はさておき。チェック中のラインナップはこんなカンジで思いつくまま順不同。




続きを読む
posted by 蓮月 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

やっぱり!part.1

「コミックREX」誌上での発表!と、峰倉センセのblogにて拝読しておりましたんで。
多分………だろうな〜と思ってたらやっぱりでした(ん?)。
『BUS GAMER』アニメ化!だそうですわ☆

 峰倉かずや 『BUS GAMER THE PILOT EDITION』

といっても。現時点で公表されてるのは"2008年TVアニメ放送決定"ということだけで、放映日や放送局とかはまだ一切不明なんですけどね。どうやら3話構成の単発スペシャル企画っぽい感じになる…みたい?詳細はおいおい、公式サイトで発表されていくんでしょね♪
メインキャスト3名様(敬称略)
美柴鴇 / 鈴村健一、 斎藤一雄 / 高橋広樹、 中条伸人 / 諏訪部順一
は、ドラマCDから変わらずということなんですが。
アニメオリジナルストーリーというのが、さてどう転ぶかな。シナリオは峰倉センセ監修ということなので、さほど心配はないかもですが。ただ、TV放映作ということでいろいろ制約もあるかと…ハンパにヌルくならないといいんですが。
ともあれ、楽しみなことに変わりはなし。続報に期待☆彡です。


posted by 蓮月 at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

今頃ラピュタ話。

あ、書くの忘れてた…。
先日15日に放送された「天空の城ラピュタ」、リアルタイムは無理でしたが(^^ゞきっちり録画して観ましたさ♪
でも。自分の関さんヴォイスサーチ機能って結構ダメダメかも(-"-)情けない。
序盤のワンシーン(親方と海賊のマッチョさんが対決してるトコ)しか聴き取れなかったです…他にもあったのかなぁ?

さて。「ラピュタ」、通して観たのは初めてだったですが。
うーん、悔しいけどやっぱりすごいねぇ。とても21年も前の作品とは思えないくらい。もの凄く細やかなキャラの動きとか。めちゃめちゃスピード感あるアクションとか。
何より、とりわけ"空飛びモノ"の造形の美しいこと!海賊たちが使う甲虫風?の飛行艇も、軍の空中戦艦・ゴリアテもね。機能美までしっかりと描き込まれた、秀逸なデザイン。好きだなー。
あとね。寡黙で無垢で忠実なデカブツ、ってのにすっごい弱いんで。
あのロボット兵みたいなシロモノを出されると、それだけで泣けますよーもう。あああなんてケナゲで可愛いんだー。


自分、「もののけ姫」以降のジブリ作品は一切観てないんですが。
考えてみれば。「カリオストロ」なんて何度繰り返して観たかわからないくらいだし、「ナウシカ」も「トトロ」も好きだし。
読売系列メディア主導の御輿担ぎに乗っかるのは癪に障るから、てなヒネクレた理由でジブリ作品を忌避し続けるのは下らないことだったかも。
と、少々反省してみたりもしました(^^ゞ…とはいえ、最近の作品におけるキャスティング傾向にはやっぱり納得できないけどね。←一番のひっかかりはソコかい(笑)




posted by 蓮月 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

春アニメ話。遅。

あ〜早いもんですね〜もう4月も半ば過ぎですね〜。
と、しみじみしつつ。
今更ながら、の2007年春スタートアニメ話。

『スパイダーライダーズ 〜よみがえる太陽〜』
はモチロン。
『彩雲国物語』(第2シリーズ)
関俊彦さんご出演作vということになったゆえ、この2作品は問答無用(笑)で必須チェック。

そんでもって、自分的に予想外のヒット!だったのが
『天元突破グレンラガン』
日曜朝という放送枠だし、基本お子様向けかな〜と思いつつも"GAINAX制作"につられて観て見たならば。
なんだよ〜面白いよコレ!なんかメチャクチャなイキオイがあるのがイイっすねぇ♪
声ヲタ視点でいうなら。
啖呵切りまくりの兄ィ!な小西克幸さんヴォイスがカッコいいなぁ、とか。81プロデュース期待の新星☆柿原徹也クンが主人公熱演中!とか。
最もツボったのが小野坂昌也さん、クセもアクもあるカマキャラ万歳。敵キャラ・檜山修之さんの本領発揮な迫力ヴォイスも堪能できるし。今後谷山紀章さんとかも出るらしいし。
つーことで、継続視聴決定。

『エル・カザド』
真下耕一監督 / BEE TRAIN制作、でひとまずチェック。
イキのいい賞金稼ぎのねーちゃん&賞金首の謎めいた天然美少女コンビのアクションロードムービーメキシカン風味、ってな感じ?小出しに思わせぶりに謎をちらつかせる展開にもココロひかれるし。それに、梶浦由記さんの音楽もやっぱ好きだし☆
そういや、胡散臭いイロオトコな三宅健太さんも良いですなv三宅さんというと、これまでマッチョ系低音(ガキ領の大地クンとか蜘蛛乗りアニメのスタッグスさんとか)な印象が強かったものですから、こーゆーのもアリなんだ!って、ちょっと新鮮な気分。サブキャラながら、立木文彦さんの激渋オヤジも素敵です。寡黙な大男とちびっこい嬢ちゃんのコンビというのは結構ツボv
基本王道、でもそれだけで終わらなさそーな感じ。これも継続視聴決定〜♪

その他、
『ロミオ×ジュリエット』とか。
(GONZOクオリティに期待。なぜかオネエ言葉なW・シェイクスピア@井上和彦さんも素敵♪)
『地球へ…』とか。
(まずは無難な滑り出しかと。ソルジャーブルー@杉田智和さん予想以上にハマってます☆)
『DARKER THAN BLACK -黒の契約者-』
(ハードボイルドSF?これぞ深夜アニメ、っつー感じ。緻密な演出&描写がすごいっす。)
てなあたりは一応様子見、かな〜。


以上、個人的覚え書きでしたスミマセン(^^ゞ
他にもちょっと興味引かれるなー、ってのもありますが、とても全部はフォローしきれないしねぇ。今、地上波・BS・CSひっくるめたら、いったい週に何本のアニメが放映されてるんだろ…むむむ(汗)




posted by 蓮月 at 23:55| Comment(3) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

予約受付開始!

既にご存知の方も多いかと思いますが。
待ってました!いよいよ稼動しましたねー。

OVA『最遊記RELOAD -burial-』公式サイト

んで。その第1巻、特典満載vなスペシャルエディションのオフィシャル通販予約受付もいよいよ開始とのことで。
………んー。これってつまり、アニメイトTV通販=オフィシャル申し込み窓口、という風に捉えて良いんでしょうかね?
と。微妙に把握しきれてないにもかかわらず、結局早々に予約いれてしまってたり(^^ゞいやさ、万が一にも限定版SPEDが手に入れられなくなっちゃったりしたら絶対困るっ!とか思うとつい気が急いちゃって…。つまるところ、毎度踊らされまくりなだけなんですが。

まあでもね。なんてったって『最遊記』ですから!
個人的に、関さんfanになるきっかけとなった"原点"な作品でもあり、思い入れは一際なのですよー。

もうこうなりゃいくらでも踊らされよーぢゃありませんか(笑)
とはいえ、シナリオが隅沢克之氏というのはまず安心できるポイントだし。原画にも峰倉センセご本人のチェックが入ってるらしいし。正直なところ、半端にアニメ化されるよりドラマCDを続けてもらったほうが嬉しいよ…なんて思ってたんですが。でもでも、このOVAは楽しみですっ☆彡
来年4月リリースされる第1巻には「埋葬編・三蔵の章」も収録されるとのことで。ドラマCDでもゾクゾクするよな素晴らしい"声のドラマ"を聴かせて戴きましたが、絵がついてOVAはどんな感じになるんでしょう。待ち遠しいですわ〜v



posted by 蓮月 at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

アンジェアニメ第12話。

23、24日開催のネオロマ秋ライヴに行かれた方のblogを拝見して知ったんですが。
次回のネオロマイベントは12月9・10日、アンジェ&ネオアンだそうで!
ネオアンも含めて、ではありますが。アンジェオンリーとは嬉しい限り☆彡
よっしゃ、行きますよ〜(^^)v
………関さんがご出演ならvvvという前提条件付きで、ではありますが。←おい


で、だ。
四の五のさんざん文句をたれてきながら、ちゃんと観続けてます(^^ゞ
『恋する天使アンジェリーク〜心の目覚める時〜』第12話「さすらいの中で」。
…あー。なんか久々に安心して画面を直視できた気がしますよー。相変わらず動きは妙なギクシャク状態ですが(汗)トータルでこのレベルなら、突発的に現れるぎょっとするほど崩れた作画にも余裕をもって対応できますねぇ(笑)
そんでもって。
ルヴァ様が。ルヴァ様@関俊彦さんが。
いやぁぁぁ〜素敵っ揺れるハートこーゆーシーンを待っていたのですよ〜vvv


※ 以下、部分的ネタバレ?注意報を発令します。








続きを読む
posted by 蓮月 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

ハマった。

前にもちょこっと書きましたが。お世話になった某方のお勧めもあって(有難うございますっ☆←私信)、WOWOWでの一挙放送を観ております『銀河英雄伝説』
只今第85話まで観終わりまして、ますますハマってきてます。ほんっとに面白いですわー、この作品。
壮大かつ緻密な展開の面白さもさることながら。とりどりに"いいオトコ"(見た目だけでなく中身重視でね)なキャラがてんこ盛りで。演じるヴォイスキャストも豪華絢爛☆だし、いやぁ目移りしちゃうなぁ♪
その中でもシェーンコップ氏がお気に入りvになりつつある自分…に、意外な一面を発見した気分っす(笑)
さて、これからまた続きを見るかな〜。

しかし、ハマればハマるほど。関さんご出演の外伝「白銀の谷」を観るのが一段と戦々恐々、ってカンジ。WOWOW2では来月下旬あたりの放映になると思うのですが。
…観たいような観たくないような、フクザツな心境ですわ(^^ゞ
↑聞くところによれば、すんごいヤな奴〜!な役回りらしいので…(汗)



posted by 蓮月 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

ねらいすぎ。

よせばいいのに、"新アフレコ"の一言に踊らされて。
DVD全巻購入予定でおります…種運命スペシャルエディション。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション2 それぞれの剣 

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション2 それぞれの剣』


予約購入までしたクセに届いてからもずっと放置状態(汗)で、先ごろようやく観ましたー。
んが。やはり。
レイくん@関俊彦さん、台詞アリの出番は極少。はううー(:_;)
唯一。ディオキアでの議長さん&ミネルバクルー会談の場面、TV版ではギル議長@池秀さんの独壇場だった「ロゴス」の存在が明らかにされるくだり。これが一部レイくんの台詞に置き換えられてたのは、ちょこっと嬉しかったっすv
それから、改めて再認識。
種運命での"いい男"No.1は、やっぱりトダカ一佐ですなっ!←断言


続きを読む
posted by 蓮月 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

アンジェアニメ第2期。

いつも楽しみに拝読させて戴いてる某blogサマで情報知りましたー。
「アンジェリーク」アニメ、第2期の放映が決定しているそうで。
題して『恋する天使アンジェリーク〜かがやきの明日〜』、だとか。

今度は聖獣の宇宙が中心のお話になるみたいですね。
とすると。ルヴァ様@関俊彦さんのご登場は、あんまり期待できないか…。
てか、今放送中の第1期の按配がなんというか***ですし。 あえて明言は避けますが
自分的には、とりたててうわぁ〜楽しみっ!てホドではないかなぁたらーっ(汗)

とかいいつつも、きっちり観るつもりではありますけどね(笑)
ま、その前に。放送中の第1期の作画が、最終回までに持ち直してくれることを祈るのみっす。
せっかくのアンジェ初TVアニメ!せっかくの豪華キャスト共演!!、なんですから。
せめて画面を直視できるくらいのレベルにはしてくださいよ〜。←切実





posted by 蓮月 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。